入院

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

入院

入院(にゅういん)とは、 院と名のつくところにはいること。特に、病気やけがの治療などのために一定の期間、病院に入ること[1]。 反対に施設から出ることは退院という。

入院(多くの場合、病院のための表現と区別するために「じゅいん」と読んで)、僧侶住職となって寺(寺院)に入ること[2]

なお、以下の場合は一般には「入院」とは言わず他の表現を用いる。

  • 少年院の場合は一般に「入所」と言う。
  • 修道院の場合は一般に「入る」や(修道院ではなく修道会名を挙げ)「○○修道会に入会する」あるいは「○○○修道院で修練者[3]としての生活を開始し、1年後に修道士となった」などと言う。
  • 大学院の場合は一般に「○○大学院に入学した」や「大学院に進学した」などと言う。[4] 大学院の過程を終えることは履歴書など正式な書類では「卒業」とは書かず「修了」と書く。

脚注[編集]

  1. ^ goo辞書
  2. ^ goo辞書
  3. ^ 修道士の養成段階。
  4. ^ (かつては言わなかったのだが)最近、大学院生が友人・知人などとのくだけた会話の中で冗談で「入院」と言うことがあるようになったが、これはあくまで仲間内などで使う(自虐的な)冗談や「おふざけ」のための表現である。応募先や就職先に提出する正式な履歴書や経歴書にはあくまで「○○○○大学 大学院 入学」などと書かれている。


関連項目[編集]