全ロシア鉄道研究所環状実験線

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
VNIIZhT test range.JPG

全ロシア鉄道研究所環状実験線は、全ロシア鉄道研究所 (ロシア語略称 : ВНИИЖТ、ラテン文字転記 : VNIIZhT) の南ブトボ支部にある施設の一部であり、モスクワの南部のシェルビンカに位置している。電化された実験用の環状の鉄道線路のほか、鉄道車両の実験棟も有している。この実験線は1932年に許可された。
環状の線路には、延長6.0kmの第1線と、延長5.7kmの第2、第3線とがある。第1線は平坦線で、半径956mの円曲線を有する。第2線と第3線は最大12‰の勾配と、複心曲線、跨線橋を有している。架空電車線には、交流25kVまたは直流3kVを供給することができる。第1線の最高速度は140km/hである。

参考[編集]

座標: 北緯55度31分16秒 東経37度33分00秒 / 北緯55.521076度 東経37.549939度 / 55.521076; 37.549939 (VNIIZhT環状実験線)