全員が練り歩いた

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動: 案内検索
全員が練り歩いた
On s'est tous défilé
監督 ジャン=リュック・ゴダール
脚本 ジャン=リュック・ゴダール
出演者 ジャン=リュック・ゴダール (声)
マリテ・ジルボー
フランソワ・ジルボー
音楽 アルテュール・オネゲル
ソニー・ロリンズ
レナード・コーエン
ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルト
バーブラ・ストライサンド
撮影 カロリーヌ・シャンプティエ
編集 ジャン=リュック・ゴダール[1]
製作会社 マリテ+フランソワ・ジルボー・デザイン[1]
公開 フランスの旗 1987年
上映時間 13分
製作国 フランスの旗 フランス
言語 フランス語
テンプレートを表示

全員が練り歩いた』(ぜんいんがねりあるいた、仏語 On s'est tous défilé)は、1987年(昭和62年)に製作された、ジャン=リュック・ゴダール監督によるフランスの短篇映画である。

目次

概要

1987年(昭和62年)、パリのファッションデザイナーチームマリテ+フランソワ・ジルボーとのコラボレーションで製作された。スローモーションとリワインド、モンタージュで示される、モデルの身体の映像と、ゴダールによりナレーションで構成される。

最後のほうに、姓のみのクレジットがされる。

オネゲル Honegger
ロリンズ Rollins
コーエン Cohen
モーツァルト Mozart
ストライサンド Streisand
ゴダール Godard
シャンプティエ Champetier
ミュジー Musy

同年から、翌1988年(昭和63年)にかけて、ゴダールはジルボー夫妻から、20秒 - 30秒程度の17本のクリップシリーズ『CLOSED』を請けて、製作した。1990年(平成2年)には、20秒 - 30秒程度の5本のクリップシリーズ『Métamorphojean』を請けて、製作した。

2006年(平成18年)のポンピドゥー・センターでのゴダール展に際しての大回顧上映では、マリテ+フランソワ・ジルボーがリマスタリングしたベータカムで上映された。

スタッフ・キャスト

関連事項

  1. ^ a b Jean-Luc Godard: Documents, éditeur : Centre Georges Pompidou, Paris, 2006., p.433