全国バスコレクション

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
バスコレクション > 全国バスコレクション

全国バスコレクション(略称 全国バスコレ)は、株式会社トミーテックが販売する、バスコレクションシリーズで、鉄道模型の情景用アクセサリー向け大型バスの縮尺1/150の模型である。

概要[編集]

2013年から発売した、バスコレクションシリーズで、都道府県のバスを製品化している。

見た目は、今までの箱に入ったものから、トミカや京商1/150バスシリーズにあるような、ブリスターパック形状のものに変更となっている。ただし、パックへの出し入れを考え、裏側の台紙は、接着式ではなく、ザ・人間と同じ、プラスチック素材で紙をおさえるかたちをとっている。また、各製品にバス停パーツとバス停シール・行先シールが付属する。ただしバス停パーツは第6弾から、行先貼り替えシールは第7弾から付属しないことが発表されている 。 公式サイトでは「全国のバスをモデル化せよ ジオコレ10年目の挑戦」と銘打ってるが、第5弾までに東京と大阪の事業者が早くも2つ出ている。

JB045以降は弾数の表示はホームページから表示されていない。また、JB051以降はわたしの街バスコレクションが発売により本製品は再生産しない予定となっており、一部製品は再生産し車種[1]や行き先表示や車番[2]を変更し発売している。

車種は第8弾までが三菱ふそう・エアロスター、第9弾以降は三菱ふそう・エアロスター、いすゞ・エルガ、日野ブルーリボンII、それ以降2代目エルガ、ブルーリボンとなっている。 以下、特記のないモデルはノンステップバスである。

製品一覧[編集]

第1弾[編集]

2013年3月・4月発売。

当初、JB001〜JB004のすべてが3月発売予定であったが、JB004のみ4月発売に延期となった。

第2弾[編集]

2013年6月発売。

第3弾[編集]

2013年8月発売。

第4弾[編集]

2013年11月発売。

第5弾[編集]

2014年2月発売。

第6弾[編集]

2014年5月発売。

※ この製品よりバス停パーツが付属しなくなった。

第7弾[編集]

2014年7月発売。

※ この製品より方向幕(LED表示)貼り替えシールが付属しなくなった。

第8弾[編集]

2014年8月発売。

第9弾[編集]

2014年9月発売。

第10弾[編集]

2015年3月発売。

第11弾[編集]

2015年4月発売。

  • JB023 西武バス PKG-LV234L2(ノンステップ) がプロトタイプ
  • JB024 遠州鉄道 PKG-LV234Q2(ワンステップ) がプロトタイプ

第12弾[編集]

2015年6月発売。

  • JB025 相鉄バス QKG-MP37FK がプロトタイプ
  • JB026 広島電鉄 PDG-KV234N2(ワンステップ) がプロトタイプ

第13弾[編集]

2015年10月発売。

※ 奈良交通は、第13弾のJB028と同一製品の事業者限定品で、方向幕(LED表示)違いのバージョンを 数量限定で発売していた。(現在では完売済み)

第14弾[編集]

2015年12月発売。

第15弾[編集]

2016年4月発売。

第16弾[編集]

2016年7月発売。

  • JB033 沿岸バス(ワンステップ) PKG-KV234Q3 がプロトタイプ
  • JB034 三重交通 LKG-LV234N3 がプロトタイプ

第17弾[編集]

2016年8月発売。

第18弾[編集]

2016年10月発売。

2016年11月発売。

第19弾[編集]

2017年1月発売。

この後横浜市交通局限定* JB041A が発売され、行先表示が 21系統 市電保存館 から 102系統 滝頭 に変更された。いずれも車番は同じ。

第20弾[編集]

2017年3月発売。

2017年4月発売。

2017年6月発売。

2017年8月発売。

2018年1月発売。

  • JB051 川崎市交通局 QQG-LV234L3 がプロトタイプ。
  • JB052 昭和バス QRG-LV290Q1 がプロトタイプ
  • JB037-2 国際興業バス QDG-LV290N1 がプロトタイプ。

JB037-2 国際興業バスは、2016年10月に発売された、JB037 国際興業バスの行先表示と車番違いである。

2018年2月発売。

JB041-2 横浜市交通局は、2017年1月に発売された、JB041 横浜市交通局の行先表示と車番違いである。この後横浜市交通局限定* JB041A-2 が発売され、行先表示が 44系統 横浜駅西口 から 204系統 浅間町車庫 に変更された。いずれも車番は同じ。

2018年4月発売。

JB055 仙台市交通局は、所属営業所を特定しない仕様をモデル化として製品化され、所属営業所のシンボルマーク無しで発売されている。

2018年6月発売。

2018年7月発売。

2018年8月発売。

2018年11月発売。

  • JB063 船橋新京成バス QKG-MP38FK がプロトタイプ。
  • JB064 南国交通 QRG-KV290Q1 がプロトタイプ。
  • JB30-2 長崎県営バス QDG-LV290N1 がプロトタイプ。
  • JB034-2 三重交通 QKG-LV290N1 がプロトタイプ。

JB030-2 長崎県営バスは、2015年12月に発売された、JB030 長崎県営バスの車種と行先表示と車番違いである。JB034-2 三重交通は、2016年7月に発売された、JB034 三重交通の車種と行先表示、車番違いである。また、バスコレシリーズとして初の車種変更の発売となる。

2018年12月発売。

2019年4月発売。

  • JB024-2 遠州鉄道 QDG-LV290N1 がプロトタイプ。

2015年4月に発売された、JB024 遠州鉄道の車種と行先表示、車番違いである。

全国バスコレクション80[編集]

2014年7月から、全国バスコレクション80を発売しており、1/80スケールのHOゲージである。

脚注[編集]

  1. ^ 2018年11月発売のJB030-2 長崎県営バスとJB034-2 三重交通
  2. ^ 2018年8月発売のJB037-2 国際興業バス