全国中学校水泳競技大会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動

全国中学校水泳競技大会(ぜんこくちゅうがっこうすいえいきょうぎたいかい)は、毎年8月に開催される、中学生を対象とした水泳競技の全国大会。日本中学校体育連盟および日本水泳連盟の主催で行われる全国中学校体育大会の一部門。

概要[編集]

1961年昭和36年)に浜松市の元城プールで第1回大会が実施された。

2001年平成13年)21世紀幕開けの第41回は、屋外プールの米子市営東山水泳場で開催された。鳥取県開催は、第24回大会に次いでの2回目の実施となった。

2008年新潟県長岡市で開催された第48回全国中学校水泳競技大会要項に於いて、長岡市実行委員会事務局はその目的を”この大会は、中学校教育の一環として、中学校生徒に広く水泳競技実践の機会を与え、技能の向上とアマチュアスポーツ精神の高揚をはかり、心身ともに健康な中学校生徒を育成するとともに、中学校生徒相互の親睦をはかるものである。”としている[1]

競技は競泳飛込競技に分かれ、その中で更に男女別各種目が実施される。どちらも別の日に3日間の行程で行われる。いずれも男女別の学校対抗で実施。総合優勝校には日本水泳連盟から優勝旗(競泳)と優勝杯(飛込)、日本中学校体育連盟よりトロフィーが授与される。優勝旗と杯は持ち回り。また、競泳競技は制限記録が設けられており、本大会の予選会(短水路不可)にて突破したものに限り出場できる。なお制限記録は、日本水泳連盟ホームページにて公開されている。

2020年令和2年)の大会は、8月17日 - 19日に、愛知県日本ガイシアリーナで開催が予定されていたが、新型コロナウイルス感染拡大防止のため中止となった。

競技種目[編集]

歴代開催地[編集]

年度 開催地 会場 備考
1 1961 静岡 浜松
2 1962 東京 明治神宮水泳場
3 1963 愛知 振甫
4 1964 埼玉 川口市立プール
5 1965 奈良 天理プール
6 1966 愛知 豊橋市民プール
7 1967 山口 恩田公園プール
8 1968 東京 代々木オリンピックプール
9 1969 大阪 大阪プール
10 1970 東京 明治神宮水泳場
11 1971 石川 金沢市営プール
12 1972 佐賀 県総合運動場水泳場
13 1973 茨城 水戸市民プール
14 1974 愛媛 松山市堀之内市営プール
15 1975
16 1976 千葉 千葉県総合運動場プール
17 1977
18 1978 大阪 扇町プール
19 1979 島根 島根県立水泳プール 中学生選抜から中学校選抜へと名称変更
20 1980
21 1981
22 1982
23 1983 新潟 長岡市悠久山水泳競技場
24 1984 鳥取 米子市営東山水泳場
25 1985
26 1986
27 1987 愛知 レインボープール
28 1988
29 1989 岡山 倉敷
30 1990
31 1991
32 1992 新潟 長岡市悠久山水泳競技場
33 1993
34 1994 北海道 野幌
35 1995 東京 辰巳国際水泳場
36 1996 静岡 静岡県立水泳場
37 1997 香川 香川県立総合プール
38 1998 宮城 宮城県総合運動公園総合プール
39 1999 長野 アクアウィング
40 2000 熊本 アクアドームくまもと
41 2001 鳥取 米子市営東山水泳場
42 2002 大阪 なみはやドーム [2]
43 2003 北海道 北海道立野幌総合運動公園
44 2004 神奈川 横浜国際プール [3]
45 2005 三重 鈴鹿スポーツガーデン水泳場
46 2006 高知 高知市東部総合運動場くろしおアリーナ
47 2007 岩手 盛岡市立総合プール
48 2008 新潟 ダイエープロビスフェニックスプール
49 2009 福岡 福岡県立総合プール
50 2010 広島 広島ビッグウェーブ
51 2011 大阪 なみはやドーム
52 2012 栃木 栃木県立温水プール館
53 2013 静岡 静岡県立水泳場 [4]
54 2014 高知 高知市東部総合運動場くろしおアリーナ [5]
55 2015 秋田 秋田県立総合プール [6]
56 2016 新潟 ダイエープロビスフェニックスプール [7]
57 2017 鹿児島 鴨池公園水泳プール [8]
58 2018 岡山 児島地区公園水泳場
59 2019 滋賀 京都アクアリーナ
61 2021 千葉 千葉県国際総合水泳場
62 2022 宮城 セントラルスポーツ宮城G21プール

大会記録[編集]

男子自由形
  • 50m 23.56 熊澤将大(2016)
  • 100m 51.49 須田悠介(2016)
  • 200m 1:51.32 加藤晃成(2018)
  • 400m 3:55.46 小堀勇氣(2008)
  • 1500m 15:33.90 菖池竜輝(2015)
男子背泳ぎ
  • 100m 56.72 竹原秀一(2019)
  • 200m 2:00.54 竹原秀一(2019)
男子平泳ぎ
男子バタフライ
  • 100m 54.87 井上海(2017)
  • 200m 2:01.78 居相良介(2013)
男子個人メドレー
男子フリーリレー
  • 400m 3:38.17 田中雄貴、中嶌理貴、武井律己、北川凜生(日大豊山)(2018)
男子メドレーリレー
  • 400m 3:56.53 長野巧、花車優、綾崇稀、村上雅弥(附属坂出)(2014)
女子自由形
  • 50m 25.48 大内紗雪(2016)
  • 100m 55.63 池江璃花子(2016)
  • 200m 1:59.25 池江璃花子(2015)
  • 400m 4:10.56 竹澤瑠珂(2021)(中学記録
  • 800m 8:35.45 溝口愛(2000)(中学記録
女子背泳ぎ
  • 100m 1:01.09 酒井夏海(2016)
  • 200m 2:10.24 神村万里恵(2009)
女子平泳ぎ
女子バタフライ
女子個人メドレー
女子フリーリレー
  • 400m 3:56.10 秋原埜安、川井玲乃、松橋麗華、長尾佳音(武蔵野)(2018)
女子メドレーリレー
  • 400m 4:13.32 伊藤美星、青木玲緒樹、西彩乃、畠中朋香(武蔵野)(2009)

脚注[編集]

[脚注の使い方]

参考文献[編集]