全国健康福祉祭

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

全国健康福祉祭(ぜんこくけんこうふくしさい)は、60歳以上を中心とするスポーツと文化の祭典である。愛称はねんりんピック厚生労働省、開催都道府県および政令指定都市長寿社会開発センタースポーツ庁の共催で開催されている。

概要[編集]

1988年昭和63年)に、厚生省50周年記念事業の一環として、兵庫県神戸市が地元主催者となり、第1回ひょうご大会が開催された。以来、毎年各都道府県持ち回りで開催されている。全国障害者スポーツ大会同様、大会会長は都道府県知事が務め、副会長に政令市長が務めている(政令市のある道府県のみ)。

1991年岩手大会以降、大会テーマソングは白鳥英美子の「明日へとつづく道」。

開催される主な行事[編集]

総合開会式[編集]

常陸宮正仁親王および正仁親王妃華子を迎え、ウェルカムアトラクション、選手団入場行進、炬火点火、常陸宮のおことば、○○宣言(○○の中に開催地が入る)、メインアトラクションが行われる。

国民体育大会と同様炬火リレーも行われている。(ただし、第12回福井大会(サンドーム福井で開会式)と第13回大阪大会(大阪ドーム)は炬火の代わりにモニュメントの点灯式が行われた。)

交流大会[編集]

スポーツ・文化のふれあいを図るため、交流大会として行われる。

スポーツ交流大会[編集]

ふれあいスポーツ交流大会[編集]

文化交流大会[編集]

文化行事[編集]

総合閉会式[編集]

次回開催地への大会旗引継、アトラクションが行われ、4日間の大会に幕を閉じる。

開催地一覧[編集]

表のタイトル
開催地
1 1988年 兵庫県神戸市
2 1989年 大分県
3 1990年 滋賀県
4 1991年 岩手県
5 1992年 山梨県
6 1993年 京都府京都市
7 1994年 香川県
8 1995年 島根県
9 1996年 宮崎県
10 1997年 山形県
11 1998年 愛知県名古屋市
12 1999年 福井県
13 2000年 大阪府大阪市
14 2001年 広島県広島市
15 2002年 福島県
16 2003年 徳島県
17 2004年 群馬県
18 2005年 福岡県福岡市北九州市
19 2006年 静岡県静岡市
20 2007年 茨城県
21 2008年 鹿児島県
22 2009年 北海道札幌市
23 2010年 石川県
24 2011年 熊本県
25 2012年 宮城県仙台市
26 2013年 高知県[1]
27 2014年 栃木県[1]
28 2015年 山口県[1]
29 2016年 長崎県[1]
30 2017年 秋田県[2]
31 2018年 富山県[2]
32 2019年 和歌山県[3]
33 2020年 岐阜県
34 2021年 神奈川県横浜市川崎市相模原市[3]
35 2022年 愛媛県[3]
36 2023年 鳥取県

その他[編集]

  • 本イベントの協賛イベントとして、全国ゴールデンシニアバスケットボール大会が開催される。
  • 高齢者層対象の全国健康福祉祭とは逆に、35歳以下の地域青年を対象とした全国青年大会というスポーツ・文化の祭典もある。
  • 同様の目的で高齢者スポーツ大会が全国各地の自治体で行われている。

脚注[編集]