全国女子ラグビーフットボール交流大会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

全国女子ラグビーフットボール交流大会(ぜんこくじょしラグビーフットボールこうりゅうたいかい)は、日本ラグビーフットボール協会日本女子ラグビーフットボール連盟)が主催していた女子ラグビー大会である。全国の女子ラグビーチームが集う。最多優勝は、日本体育大学(5回)。

歴史[編集]

第1回は12チームが参加して1988年11月3日駒澤オリンピック公園補助競技場にて開かれた。第2回は1989年11月23日に埼玉ローデムパークラグビー場で、第3回は1990年11月4日に同じく埼玉ローデムパークラグビー場で開催。

第4回以降は毎年11月23日江戸川区陸上競技場に固定。2013年26回目(26年)の女子ラグビーの伝統の大会。

第9回はアメリカからもチームを招待するなど海外のチームとも交流[1]

第25回(2012年)は東・西の予選を勝ち抜いたクラブ代表チームの日本一決定戦として実施された[2]。優勝チームは名古屋レディース(関西・西日本代表) 準優勝は日本体育大学女子ラグビーチーム(関東代表・東日本代表)

2013年度優勝は日本体育大学ラグビーチームが昨年の雪辱を果たした。準優勝は名古屋レディース。

2014年からは全国女子ラグビーフットボール選手権大会に変更される[1]。なお、回数は引き継がれない[3]

概要[編集]

過去、この大会はいわゆる交流目的(親睦)の大会であり、各チーム1試合対戦を行うのみで、いわゆるトーナメント戦ではなかったが、ラグビーがリオデジャネイロオリンピックの種目に正式採用されたことにより底辺拡大・強化の為に男子のラグビーの日本選手権大会に値する大会に位置付けられた。

また、高校生によるチームは高校生同士で試合が組まれる。

近年は小中学生のエキシビションも組まれている。

脚注[編集]

  1. ^ a b 女子ラグビー交流大会名称変更のお知らせ 日本ラグビーフットボール協会 2014年8月6日
  2. ^ 「第25回 女子ラグビー交流大会」開催のお知らせ 日本ラグビーフットボール協会 2012年11月19日
  3. ^ 「第1回全国女子ラグビーフットボール選手権大会」開催のお知らせ 日本ラグビーフットボール協会 2014年11月20日

関連項目[編集]

男子の公式戦[編集]

女子の公式戦[編集]

参考[編集]