全国教育振興会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
全国教育振興会
種類 株式会社
略称 全教振
本社所在地 171-0021
東京都豊島区西池袋5丁目17-11
設立 1988
業種 サービス業
事業内容 通信教育
代表者 松田洋一
特記事項:2008年倒産
テンプレートを表示

全国教育振興会(ぜんこくきょういくしんこうかい)は、通信制予備校を運営していた会社。2008年平成20年)に倒産した。

沿革[編集]

1988年に、大検予備校である朝日高等学院の運営会社として設立された。のち事業を拡大し、東京法科アカデミー、東京商科アカデミー、日本メディカルスクール、日本ペットビジネスアカデミーなど7つの通信制予備校を運営した。マスメディアへも積極的に広告を流し、2006年6月期には34億6400万円、2007年6月期には31億円を売り上げた。しかし他社との競争が激化し、受講生の確保を図るため大手よりも講座料を低く設定したものの利益につながらず、2008年6月期の売り上げは19億円まで落ち込んだ。6月には創業者社長の大輪達也および6名の役員全員が辞職し、松田洋一が社長に就任、監査役1名と共に再建に臨んだ。しかし10月には取引先への支払いが不能になり事業を停止し、約10億円の負債を抱え11月に倒産した[1][2]

特定商取引法違反[編集]

2008年12月19日、特定商取引法の違反行為(不実告知、勧誘目的等不明示、再勧誘、書面不備、虚偽記載指示)のため、経済産業省から業務停止命令(3ヶ月)の行政処分を受けた[3]。 経済産業省の発表によると、勧誘担当者はそれまで開講していた資格は「名称が変更になり、今はメンタルケアセラピストという資格である」と説明した後、「メンタルケアセラピスト講座は、本当にすばらしい講座です。(中略)講座は厚生労働大臣指定の教育訓練講座で、この資格は国家資格と似たような資格で、臨床心理士と同等の資格です」などと告げたとされる[4]。 この時点で全国教育振興会は既に倒産しており、受講生らへの補償の見通しは立っていないとのことである[5]

関連項目[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 小川 慎一(東京新聞社会部記者) (2008年11月19日). “全国教育振興会破たんか 通信教育の予備校運営事業停止、負債10億円”. 2010年11月8日閲覧。
  2. ^ (株)全国教育振興会 - 倒産速報”. 東京商工リサーチ (2008年11月27日). 2010年11月8日閲覧。
  3. ^ 経済産業省 (2008年). “特定商取引法違反事業者に対する行政処分について”. 2010年4月27日閲覧。
  4. ^ 経済産業省 (2008年). “特定商取引法違反の電話勧誘販売業者に対する業務停止命令(3か月)について (PDF)”. 2010年4月27日閲覧。
  5. ^ All About (2009年). “通信教育の「全教振」特定商取引違反で処分”. 2010年4月27日閲覧。