全国高等学校サッカー選手権大会静岡県大会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

全国高等学校サッカー選手権大会静岡県大会(ぜんこくこうとうがっこうサッカーせんしゅけんたいかい しずおかけんたいかい)は、全国高等学校サッカー選手権大会静岡県予選大会である。

概要[編集]

試合方式[編集]

  • 一次トーナメント 参加校が16ブロックに分かれトーナメント方式で試合を行い、決勝リーグに進出する16校を決定する。第1シード〜第4シード各4校、合計16校は各ブロックに1校ずつ入る(9月〜10月)。
  • 決勝トーナメント 一次トーナメントに勝ち残った16校がトーナメント方式で試合を行い、優勝した1校が全国大会に出場となる(11月)。

過去の代表校[編集]

  • 第1回〜第8回は静岡県からの出場校はなし
  • 第9回〜第17回は東海地域大会
  • 第18回〜第22回は山神静大会
  • 第26回〜第30回は中部地域大会
  • 第31回〜第32回は甲信静大会
  • 第33回〜第34回は東海地域大会
  • 第35回以降は静岡県大会となる。
  • 第45回〜第49回は予選を行わず、全国高校総体国体の成績などを基に選考会により出場校を決定していた。
年度 代表校 出場回数 (当時) 地方大会決勝 全国大会成績
中部地域大会
1950 第29回大会 静岡城内 初出場 ベスト8
東海地域大会
1955 第34回大会 藤枝東 初出場 4-0 刈谷 2回戦敗退
静岡県大会
1956 第35回大会 藤枝東 2年連続2回目 6-1 静岡工 ベスト4
1957 第36回大会 藤枝東 3年連続3回目 2-1 静岡工 ベスト8
1958 第37回大会 藤枝東 4年連続4回目 2-0 清水東 ベスト8
1959 第38回大会 藤枝東 5年連続5回目 3-0 清水市商 ベスト8
1960 第39回大会 藤枝東 6年連続6回目 2次リーグ1位 ベスト4
1961 第40回大会 藤枝東 7年連続7回目 3-0 清水工 初戦敗退
1962 第41回大会 藤枝東 8年連続8回目 3-0 藤枝北 優勝
1963 第42回大会 藤枝東 9年連続9回目 3-2 清水東 優勝
1964 第43回大会 藤枝東 10年連続10回目 1-0 藤枝北 ベスト8
1965 第44回大会 藤枝北 初出場 1-0 清水東 2回戦敗退
1966 第45回大会 藤枝東 2年ぶり11回目 高校総体優勝校として出場 優勝
1968 第47回大会 藤枝東 2年ぶり12回目 東海地区推薦 ベスト8
1969 第48回大会 清水市商 初出場 高校総体準優勝校 ベスト8
藤枝東 2年連続13回目 国体3位校 ベスト8
1970 第49回大会 藤枝東 3年連続14回目 東海地域選考会推薦 優勝
浜名 初出場 高校総体優勝校 準優勝
1971 第50回大会 清水市商 2年ぶり2回目 決勝リーグ1位 ベスト4
1972 第51回大会 藤枝東 2年ぶり15回目 2(延長)1 自動車工 準優勝
1973 第52回大会 藤枝東 2年連続16回目 2-0 浜名 準優勝
1974 第53回大会 清水東 初出場 2-1 静岡工 準優勝
1975 第54回大会 静岡工 初出場 2-1 浜名 準優勝
1976 第55回大会 静岡学園 初出場 2-1 東海大一 準優勝
1977 第56回大会 浜名 7年ぶり2回目 2-0 藤枝東 初戦敗退
1978 第57回大会 静岡学園 2年ぶり2回目 2-1 清水市商 2回戦敗退
1979 第58回大会 藤枝東 6年ぶり17回目 1-0 清水東 初戦敗退
1980 第59回大会 清水東 6年ぶり2回目 2-0 浜名 準優勝
1981 第60回大会 清水市商 10年ぶり3回目 1-0 静岡工 ベスト4
1982 第61回大会 清水東 2年ぶり3回目 3-2 東海大一 優勝
1983 第62回大会 清水東 2年連続4回目 6-1 静岡学園 準優勝
1984 第63回大会 藤枝東 5年ぶり18回目 3-1 東海大一 ベスト4
1985 第64回大会 清水市商 4年ぶり4回目 2(2PK1)2 東海大一 優勝
1986 第65回大会 東海大一 初出場 1-0 清水東 優勝
1987 第66回大会 東海大一 2年連続2回目 2-0 清水市商 準優勝
1988 第67回大会 清水市商 3年ぶり5回目 2-1 清水東 優勝
1989 第68回大会 清水東 6年ぶり5回目 1-0 東海大一 3回戦敗退
1990 第69回大会 清水市商 2年ぶり6回目 推薦出場 3回戦敗退
清水東 2年連続6回目 0(4PK3)0 東海大一 2回戦敗退
1991 第70回大会 清水市商 2年連続7回目 1-0 浜名 3回戦敗退
1992 第71回大会 静岡学園 14年ぶり3回目 2-0 東海大一 ベスト8
1993 第72回大会 清水市商 2年ぶり8回目 2-0 清水東 優勝
1994 第73回大会 清水市商 2年連続9回目 2-1 静岡学園 初戦敗退
1995 第74回大会 静岡学園 4年ぶり4回目 2-0 清水東 優勝
1996 第75回大会 静岡学園 2年連続5回目 4-3 藤枝東 ベスト4
1997 第76回大会 藤枝東 13年ぶり19回目 3-2 静岡学園 ベスト4
1998 第77回大会 清水市商 4年ぶり10回目 1-0 静岡学園 3回戦敗退
1999 第78回大会 静岡学園 3年ぶり6回目 2-1 藤枝東 ベスト8
2000 第79回大会 清水市商 2年ぶり11回目 4-1 静岡学園 3回戦敗退
2001 第80回大会 静岡学園 2年ぶり7回目 0(4PK3)0 清水東 3回戦敗退
2002 第81回大会 静岡学園 2年連続8回目 2-1 藤枝東 初戦敗退
2003 第82回大会 藤枝東 6年ぶり20回目 1-0 清水東 初戦敗退
2004 第83回大会 藤枝東 2年連続21回目 1-0 常葉橘 3回戦敗退
2005 第84回大会 常葉橘 初出場 1-0 浜名 初戦敗退
2006 第85回大会 静岡学園 4年ぶり9回目 2-1 藤枝東 ベスト8
2007 第86回大会 藤枝東 3年ぶり22回目 4-1 藤枝明誠 準優勝
2008 第87回大会 藤枝東 2年連続23回目 2-0 常葉橘 3回戦敗退
2009 第88回大会 藤枝明誠 初出場 2-0 市清水商 ベスト8
2010 第89回大会 静岡学園 4年ぶり10回目 3-1 市清水商 3回戦敗退
2011 第90回大会 清水商 11年ぶり12回目 3-0 静岡学園 3回戦敗退
2012 第91回大会 常葉橘 7年ぶり2回目 0(4PK3)0 藤枝明誠 初戦敗退
2013 第92回大会 藤枝東 5年ぶり24回目 1-0 清水桜が丘 初戦敗退
2014 第93回大会 静岡学園 4年ぶり11回目 1-0 藤枝東 ベスト8
2015 第94回大会 藤枝東 2年ぶり25回目 1-0 清水桜が丘 初戦敗退
2016 第95回大会 藤枝明誠 7年ぶり2回目 3-2 浜松開誠館 初戦敗退
2017 第96回大会 清水桜が丘 初出場 1(4PK3)1 静岡学園 初戦敗退

注)※印は決勝戦が引き分けとなったため相手校も優勝となった

代表校の全国大会における主な戦績[編集]

  • 優勝 10回 (藤枝東 4回、清水市商 3回、清水東、東海大一、静岡学園 各1回)
  • 準優勝 10回

中継放送[編集]

  • テレビ 静岡第一テレビ(第76回大会-)で準々決勝と準決勝(各1試合)、決勝戦を生中継(以前は静岡放送が第50回大会から第75回大会まで放送していた[1]。なお、第62回から第75回大会までは県大会が静岡放送、全国大会が静岡第一テレビの放送となっていた[1][2])。CS日テレG+でも12月に決勝戦を録画放送。
  • ラジオ SBSラジオで決勝戦を生中継

出典元[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 静岡放送50年史編纂委員会/編 『静岡放送50年史』 静岡放送、2002年、166頁。 
  2. ^ 静岡第一テレビ社史編纂室 編纂 『静岡第一テレビ十年史』 静岡第一テレビ、1991年、204頁。 

関連項目[編集]

  • KICK OFF 静岡第一テレビサッカーポータルサイト