全国高等学校ボクシング選抜大会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
全国高等学校ボクシング選抜大会
兼JOCジュニアオリンピックカップ
開始年 1990
主催 日本ボクシング連盟
加盟国 日本の旗 日本
公式サイト 高体連ボクシング専門部
備考 第22回(2011年)は東日本大震災のため、第31回は新型肺炎大流行懸念でそれぞれ中止
テンプレートを表示

全国高等学校ボクシング選抜大会兼JOCジュニアオリンピックカップ(ぜんこくこうとうがっこうボクシングせんばつたいかいけんジェイー・オー・シー・ジュニアオリンピックカップ)は、日本ボクシング連盟(JABF)及び全国高等学校体育連盟が主催し、毎年3月に開催される高校ボクシングの大会である。

概略[編集]

1990年に第1回開催。開催地は持ち回り。全国高等学校選抜大会の一つではあるが、JOCジュニアオリンピックカップも兼ねて行われ、各階級優勝者の中から大会MVPに相当するJOC杯を授与する(第18回(2007年)から第29回(2018年)まで最優秀選手賞は別に決められていたが、第30回(2019年)からは優秀選手賞に改称)。

全国高等学校総合体育大会(インターハイ)・国民体育大会と並ぶ高校ボクシングの頂点を決める大会であり、これらをすべて制覇すると高校三冠。2年なら高校六冠と呼ばれる(高校選抜は3月のため、最大で高校八冠まで)。

大会は個人戦のみ行われるため、ボクシング部のない高校からもJABF加盟ボクシングジムの練習生であれば個人として参加可能である。

なお、ピン級は第23回(2012年)より、ミドル級は第26回(2015年)よりそれぞれ実施。

ジュニアは通常1ラウンド2分となるが、この大会に限りシニアと同じ1ラウンド3分で実施される。

第24回(2013年)からは女子も併せて開催される予定であり、調整が行われていたが[1]、当年度は見送られ、第25回(2014年)からの開催となる[2]。なお、女子については第25回に限りトーナメントではなくワンマッチとして行われた[3]。第26回(2015年)男子の最優秀選手賞に相当する会長賞が設けられ(第29回まで)、第27回(2016年)よりJOC杯は男女それぞれに授与される。

開催記録[編集]

年月日 会場 備考
1 1990年 大阪市
2 1991年 水沢市
3 1992年 那須町
4 1993年 鹿児島市
5 1994年 羽村市
6 1995年 津久見市
7 1996年 札幌市
8 1997年 松山市
9 1998年 水沢市
10 1999年 広島市
11 2000年 多治見市
12 2001年 新庄市体育館
13 2002年 福井県営体育館
14 2003年 大利根文化体育館
15 2004年 宇都宮市体育館
16 2005年 茨城県立スポーツセンター
17 2006年 ウェルサンピア京都
18 2007年 グリーンピア岩沼体育館
19 2008年 熊本県立総合体育館
20 2009年 栃木県体育館分館
21 2010年 群馬県総合スポーツセンター
22 2011年 (中止)
23 2012年 茨城県立スポーツセンター
24 2013年 緑が丘スポーツ公園体育館 [4]
25 2014年 芦屋大学 女子部門新設。これよりUJ大会と併催(第26回除く)[3]
26 2015年 岡山武道館 女子もトーナメント戦に
27 2016年 会津若松市河東総合体育館
28 2017年 岐阜工業高校
29 2018年 宮崎市総合体育館
30 2019年 ALSOKぐんま総合スポーツセンター
31 2020年 (中止)

主な選抜優勝者[編集]

オリンピック・世界選手権入賞者、及びプロボクシングタイトル(WBA・WBC・IBF・WBO・OPBF・WBO-AP・JBC)獲得者。

脚注[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]