全国高等学校総合体育大会サッカー競技大会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
全国高等学校総合体育大会
サッカー競技大会
開始年 1966
主催 全国高等学校体育連盟
日本サッカー協会
参加チーム数 男子 55
女子 16
加盟国 日本の旗 日本
前回優勝 男子 山梨学院(1回目)
女子 常盤木学園(1回目)
最多優勝 男子 市立船橋(9回)
女子 日ノ本学園(5回)
サイト JFA公式サイト
テンプレートを表示

全国高等学校総合体育大会サッカー競技大会(ぜんこくこうとうがっこうそうごうたいいくたいかいサッカーきょうぎたいかい)は、日本の高校サッカー大会。通称、インターハイ

概要[編集]

運営[編集]

※2016年度

男子[編集]

この大会は、全国高等学校サッカー選手権大会高円宮杯U-18サッカーリーグ(かつては、国民体育大会サッカー競技だった)と並ぶ高校サッカー3大全国大会のひとつである。

まず、各都道府県大会を勝ち抜いた各校と、北海道・東京都・大阪府・神奈川県・埼玉県・千葉県・愛知県と開催都道府県は2校ずつの合計55校が出場する。(ただし、重複の場合は、3校が出場。)

試合時間は35分ハーフの70分で行い、同点の場合はPK戦を行う(決勝戦のみ、同点の場合は10分ハーフの20分で延長戦を行う。それでも決着が付かない場合はPK戦を行う)。

女子[編集]

2012年度より女子でも実施されることになった[1]藤枝順心(2016年度優勝)と日ノ本学園(両校優勝を含め開始から4連覇)が開始から連続出場を続けている。

参加枠は、加盟登録数の多い地域(関東3、東北・東海・近畿・九州から2ずつ[2])、その他の地域(北海道・北信越・中国・四国)と開催県から1ずつ、計16チームとなっている。ただし、開催地代表と地域代表が同一県の場合、その県からもう1チーム出場できる。試合形式は男子と同じ。

結果[編集]

男子[編集]

年度 優勝校 結果 準優勝校 開催地 大会名 備考
1 1966年 藤枝東 静岡 1 - 0 浦和市立 埼玉 青森県 鳥取県代表(境港工)が学校の経済的理由により不参加
2 1967年 浦和市立 埼玉 2 - 0 刈谷 愛知 福井県 この大会から前年度優勝校が推薦出場
3 1968年 秋田商 秋田 3 - 2 習志野 千葉 広島県 沖縄県の高校が不参加
4 1969年 浦和南 埼玉 4 - 2 清水市商 静岡 栃木県
5 1970年 浜名 静岡 1 - 0 浦和南 埼玉 和歌山県
6 1971年 藤枝東 静岡 3 - 0 広島工 広島 徳島県
7 1972年 清水東 静岡 2 - 1 秋田商 秋田 山形県
8 1973年 児玉 埼玉 2 - 1 北陽 大阪 三重県
9 1974年 浜名 静岡 2 - 1 児玉 埼玉 佐賀県
10 1975年 韮崎 山梨 1 - 0 児玉 埼玉 山梨県
11 1976年 帝京 東京 3 - 0 古河第一 茨城 新潟県
12 1977年 島原商 長崎 3 - 0 佐賀商 佐賀 岡山県
13 1978年 北陽 大阪 3 - 1 八千代 千葉 福島県 この大会から前年度優勝校の推薦出場が廃止
14 1979年 水戸商 茨城 1 - 0 大分工 大分 滋賀県
15 1980年 清水東 静岡 2 - 1 今市 栃木 愛媛県 55総体
16 1981年 清水東 静岡 3 - 1 室蘭大谷 北海道 神奈川県 準決勝と決勝がナイトゲームで行われた
17 1982年 帝京 東京 3 - 0 京都商 京都 鹿児島県
18 1983年 四日市中央工 三重 1 - 0 水戸商 茨城 愛知県
19 1984年 四日市中央工 三重 3 - 1 広島工 広島 秋田県
20 1985年 九州学院 熊本 4 - 1 室蘭大谷 北海道 石川県
21 1986年 国見 長崎 3 - 2 中京 愛知 山口県
22 1987年 市立船橋 千葉 2 - 1 国見 長崎 北海道 '87北海道総体
23 1988年 市立船橋 千葉 5 - 0 古河第一 茨城 兵庫県 '88兵庫総体
24 1989年 清水市商 静岡 6 - 2 大宮東 埼玉 高知県 '89高知総体
25 1990年 清水市商 静岡 2 - 1 南宇和 愛媛 宮城県 '90宮城総体
26 1991年 清水東 静岡 2 - 1 東海大第一 静岡 静岡県 '91静岡総体 史上初の同県同士の決勝。しかも地元開催。
27 1992年 徳島市立 徳島 1 - 0 市立船橋 千葉 宮崎県 '92宮崎総体 台風のため、決勝の試合開始遅れる。徳島市立が四国勢初優勝
28 1993年 国見 長崎 2 - 1 鹿児島実 鹿児島 栃木県 '93栃木総体
29 1994年 清水市商 静岡 1 - 0 帝京 東京 富山県 '94富山総体
30 1995年 習志野 千葉 4 - 0 西武台 埼玉 鳥取県 '95鳥取総体
31 1996年 清水市商 静岡 3 - 1 帝京 東京 山梨県 '96山梨総体
32 1997年 東福岡 福岡 4 - 3 帝京 東京 京都府 '97京都総体
33 1998年 市立船橋 千葉 2 - 1 岐阜工 岐阜 香川県 四国'98総体
34 1999年 八千代
広島皆実
千葉
広島
3 - 3 aet 岩手県 '99岩手総体 両校優勝
35 2000年 国見 長崎 2 - 1 国学院久我山 東京 岐阜県 2000年岐阜総体
36 2001年 市立船橋 千葉 3 - 0 藤枝東 静岡 熊本県 ひのくに新世紀総体
37 2002年 帝京 東京 2 - 1 国見 長崎 茨城県 2002年茨城総体
38 2003年 国見 長崎 1 - 0 aet
(Vゴール)
帝京 東京 長崎県 長崎ゆめ総体
39 2004年 国見 長崎 2 - 1 市立船橋 千葉 島根県 中国04総体
40 2005年 青森山田 青森 4 - 1 那覇西 沖縄 千葉県 2005千葉きらめき総体
41 2006年 広島観音 広島 2 - 0 初芝橋本 和歌山 大阪府 06総体THE近畿
42 2007年 市立船橋 千葉 4 - 1 星稜 石川 佐賀県 2007青春・佐賀総体
43 2008年 市立船橋
流通経済大柏
千葉
千葉
----- 埼玉県 彩夏到来08埼玉総体 雷雨の為、決勝戦が中止となり、両校優勝
44 2009年 前橋育英 群馬 2 - 0 米子北 鳥取 奈良県 2009近畿まほろば総体
45 2010年 市立船橋 千葉 4 - 1 滝川第二 兵庫 沖縄県 美ら島沖縄総体2010
46 2011年 桐蔭学園 神奈川 2 - 1 静岡学園 静岡 秋田県 2011熱戦再来北東北総体
47 2012年 三浦学苑 神奈川 2 - 1 武南 埼玉 長野県 2012北信越かがやき総体
48 2013年 市立船橋 千葉 4 - 2 流通経済大柏 千葉 福岡県 2013未来をつなぐ北部九州総体
49 2014年 東福岡 福岡 4 - 1 aet 大津 熊本 山梨県 煌(きら)めく青春 南関東総体2014
50 2015年 東福岡 福岡 1 - 1 aet
(PK 6 - 5)
市立船橋 千葉 兵庫県 2015君が創る近畿総体
51 2016年 市立船橋 千葉 1 - 0 流通経済大柏 千葉 広島県 2016情熱疾走 中国総体
52 2017年 流通経済大柏 千葉 1 - 0 日大藤沢 神奈川 宮城県 はばたけ世界へ 南東北総体 2017
53 2018年 山梨学院 山梨 2 - 1 aet 桐光学園 神奈川 三重県 2018 彩る感動 東海総体

女子[編集]

年度 優勝校 結果 準優勝校 開催地 大会名 備考
1 2012年 日ノ本学園 兵庫 1 - 0 常盤木学園 宮城 長野県 2012 北信越かがやき総体
2 2013年 日ノ本学園 兵庫
---
---
---
佐賀県 2013 未来をつなぐ北部九州総体 大会初日が雷雨のため順延された影響により、
決勝戦は行なわずに準決勝で勝利した2校が優勝
村田女子 東京
3 2014年 日ノ本学園 兵庫 7 - 0 京都精華女子 京都 東京都 煌(きら)めく青春 南関東総体2014
4 2015年 日ノ本学園 兵庫 0 - 0 aet
(PK 5 - 4)
大商学園 大阪 兵庫県 2015 君が創る 近畿総体
5 2016年 藤枝順心 静岡 1 - 0 作陽 岡山 広島県 2016 情熱疾走 中国総体
6 2017年 日ノ本学園 兵庫 1 - 0 藤枝順心 静岡 宮城県 はばたけ世界へ 南東北総体 2017
7 2018年 常盤木学園 宮城 3 - 0 日ノ本学園 兵庫 静岡県 2018 彩る感動 東海総体

得点王[編集]

選手(学年) ゴール数 出場試合数 チーム 成績 進路
1 道上彩花(3年)
6 4 常盤木学園 準優勝 INAC神戸レオネッサ
川原奈央(3年) 日ノ本学園 優勝 早稲田大学
2 田中江梨奈(3年) 7 3 大商学園 ベスト4 日本体育大学
3 園田瑞貴(3年) 4 4 京都精華女子 準優勝 武蔵丘短期大学
4 原優香(3年) 6 4 日ノ本学園 優勝 姫路獨協大学
5 目原莉奈(3年) 3 3 日ノ本学園 ベスト4 日本体育大学
古庄和奏(3年) 新潟医療福祉大学
源間葉月(3年) 十文字高校 十文字学園女子大学
6 並木千夏(3年) 3 3 藤枝順心 準優勝 早稲田大学
小原蘭菜(1年) (在学中)
今田紗良(3年) 4 帝京平成大学
千葉玲海菜(3年) 筑波大学
7 久永望生(3年) 5 4 常盤木学園 準優勝 (在学中)

脚注[編集]

  1. ^ 2012年度国内競技会(女子)大会概要
  2. ^ 2013年度から関東-1、九州+1となった。

関連項目[編集]