全国高等学校野球選手権大会 (愛知県勢)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

全国高等学校野球選手権大会における愛知県勢の成績について記す。

大会結果[編集]

全国中等学校優勝野球大会 (東海代表)[編集]

年度 (大会) 代表校 成績 試合結果
1916年 (第2回大会) 愛知四中 (初出場) 初戦敗退 1回戦 ● 2 - 6 慶應普通部
1917年 (第3回大会) 愛知一中 (初出場) 優勝 (初優勝)[1] 1回戦 ● 3 - 4 長野師範
敗者復活1回戦 ○ 1 - 0 和歌山中
敗者復活2回戦 ○ 2 - 1 明星商
準決勝 ○ 3 - 2 杵築中
決勝 ○ 1 - 0 関西学院中 (延長14回)
1918年 (第4回大会) 愛知一中 (2年連続2回目) (米騒動による大会中止)
1919年 (第5回大会) 愛知一中 (3年連続3回目) 初戦敗退 1回戦 ● 3 - 4 鳥取中
1920年 (第6回大会) 愛知一中 (4年連続4回目) 2回戦 1回戦 ○ 1 - 0 竜ヶ崎中
2回戦 ● 3 - 5 関西学院中
1921年 (第7回大会) 明倫中 (初出場) 初戦敗退 2回戦 ● 4 - 5 松山商
1922年 (第8回大会) 名古屋商 (初出場) 初戦敗退 1回戦 ● 3 - 11 北海中
1923年 (第9回大会) 愛知一中 (3年ぶり5回目) 初戦敗退 2回戦 ● 4 - 6 早稲田実 (延長11回)
1924年 (第10回大会) 愛知一中 (2年連続6回目) 初戦敗退 2回戦 ● 3 - 4 大連中
1925年 (第11回大会) 愛知一中 (3年連続7回目) 初戦敗退 2回戦 ● 2 - 3 静岡中
1926年 (第12回大会) 愛知商 (初出場) 初戦敗退 1回戦 ● 4 - 6 和歌山中
1927年 (第13回大会) 愛知商 (2年連続2回目) ベスト4 1回戦 ○ 8 - 6 佐賀中
2回戦 ○ 12 - 4 札幌一中
準々決勝 ○ 8x - 7 早稲田実 (延長12回)
準決勝 ● 0 - 1 高松商
1928年 (第14回大会) 愛知商 (3年連続3回目) ベスト8 2回戦 ○ 7 - 1 関東中
準々決勝 ● 0 - 5 松本商
1929年 (第15回大会) 愛知一中 (4年ぶり8回目) 初戦敗退 1回戦 ● 2 - 7 敦賀商
1930年 (第16回大会) 愛知商 (2年ぶり4回目) 初戦敗退 2回戦 ● 4 - 5 静岡中
1931年 (第17回大会) 中京商 (初出場) 優勝 (初優勝) 1回戦 ○ 4x - 3 早稲田実
2回戦 ○ 19 - 1 秋田中
準々決勝 ○ 5 - 3 広陵中
準決勝 ○ 3 - 1 松山商
決勝 ○ 4 - 0 嘉義農林
1932年 (第18回大会) 中京商 (2年連続2回目) 優勝 (2年連続2回目)[2] 2回戦 ○ 5 - 0 高崎商
準々決勝 ○ 7 - 2 長野商
準決勝 ○ 4 - 0 熊本工
決勝 ○ 4x - 3 松山商 (延長11回)
1933年 (第19回大会) 中京商 (3年連続3回目) 優勝 (3年連続3回目)[3] 1回戦 ○ 11 - 0 善隣商[4]
2回戦 ○ 3 - 2 浪華商
準々決勝 ○ 2 - 0 大正中
準決勝 ○ 1x - 0 明石中 (延長25回)[5]
決勝 ○ 2 - 1 平安中
1934年 (第20回大会) 享栄商 (初出場) 2回戦 1回戦 ○ 11 - 2 島田商
2回戦 ● 0 - 1 市岡中
1935年 (第21回大会) 愛知商 (5年ぶり5回目) ベスト4 2回戦 ○ 13 - 0 新義州商
準々決勝 ○ 5 - 2 秋田商
準決勝 ● 0 - 4 松山商
1937年 (第23回大会) 中京商 (4年ぶり4回目) 優勝 (4年ぶり4回目) 1回戦 ○ 12 - 1 龍山中
2回戦 ○ 2x - 1 慶応商工 (延長11回)
準々決勝 ○ 9 - 0 長野商
準決勝 ○ 3 - 1 海草中
決勝 ○ 3 - 1 熊本工
1939年 (第25回大会) 東邦商 (初出場) 初戦敗退 1回戦 ● 1 - 2 長野商 (延長12回)
1940年 (第26回大会) 東邦商 (2年連続2回目) ベスト8 1回戦 ○ 4 - 3 福岡工 (延長11回)
2回戦 ○ 3 - 1 松江商 (延長10回)
準々決勝 ● 0 - 4 市岡中
1946年 (第28回大会) 愛知商 (11年ぶり6回目) 2回戦 1回戦 ○ 2 - 0 沼津中
2回戦 ● 2 - 6 下関商 (延長11回)

全国高等学校野球選手権大会 (愛知代表)[編集]

年度 (大会) 代表校 成績 試合結果
1948年 (第30回大会) 享栄商 (14年ぶり2回目) ベスト8 1回戦 ○ 2x - 1 浅野
2回戦 ○ 11 - 0 鹿島一
準々決勝 ● 0 - 5 西京商
1949年 (第31回大会) 瑞陵 (3年ぶり7回目) 初戦敗退 1回戦 ● 0 - 9 芦屋
1950年 (第32回大会) 瑞陵 (2年連続8回目) 初戦敗退 1回戦 ● 2 - 8 小倉
1951年 (第33回大会) 豊橋商 (初出場) 初戦敗退 2回戦 ● 2 - 3 都島工
1952年 (第34回大会) 愛知 (初出場) 2回戦 1回戦 ○ 2 - 1 三池 (延長11回)
2回戦 ● 3 - 7 函館西
1953年 (第35回大会) 中京商 (16年ぶり5回目) ベスト4 1回戦 ○ 6 - 3 下関東
2回戦 ○ 4 - 1 慶応
準々決勝 ○ 2 - 0 宇都宮工
準決勝 ● 0 - 6 土佐
1954年 (第36回大会) 中京商 (2年連続6回目) 優勝 (17年ぶり5回目) 1回戦 ○ 3 - 0 水戸一
2回戦 ○ 7 - 6 松商学園
準々決勝 ○ 14 - 1 三原
準決勝 ○ 4 - 2 新宮
決勝 ○ 3 - 0 静岡商 
1955年 (第37回大会) 中京商 (3年連続7回目) ベスト4 2回戦 ○ 5 - 0 熊本
準々決勝 ○ 6 - 0 新宮
準決勝 ● 1 - 6 四日市
1956年 (第38回大会) 中京商 (4年連続8回目) ベスト8 2回戦 ○ 5 - 0 千葉商
準々決勝 ● 0 - 3 米子東
1957年 (第39回大会) 津島商工 (初出場) 初戦敗退 1回戦 ● 0 - 7 岐阜商[6]
1958年 (第40回大会) 中京商 (2年ぶり9回目) 初戦敗退 2回戦 ● 0 - 5 済々黌
1959年 (第41回大会) 中京商 (2年連続10回目) 初戦敗退 1回戦 ● 0 - 4 高鍋
1960年 (第42回大会) 享栄商 (12年ぶり3回目) 初戦敗退 1回戦 ● 2 - 4 徳島商
1961年 (第43回大会) 中京商 (2年ぶり11回目) ベスト8 1回戦 ○ 5 - 0 鹿児島実
2回戦 ○ 8 - 7 高知商
準々決勝 ● 0 - 14 浪商
1962年 (第44回大会) 中京商 (2年連続12回目) ベスト4 1回戦 ○ 2 - 0 習志野
2回戦 ○ 4 - 0 滝川
準々決勝 ○ 11 - 2 鹿児島商
準決勝 ● 0 - 2 作新学院
1963年 (第45回大会) 中京商 (3年連続13回目) 3回戦敗退 1回戦 ○ 4 - 3 津久見
2回戦 ○ 8 - 1 大宮
3回戦 ● 2 - 3 横浜
1964年 (第46回大会) 大府 (初出場) 2回戦 1回戦 ○ 6 - 4 明星
2回戦 ● 0 - 2 熊谷商工
1965年 (第47回大会) 東邦 (25年ぶり3回目) ベスト8 1回戦 ○ 13 - 1 氷見
2回戦 ○ 4 - 0 武相
準々決勝 ● 0 - 6 高鍋
1966年 (第48回大会) 中京商 (3年ぶり14回目) 優勝 (12年ぶり6回目)[7] 1回戦 ○ 2 - 0 秋田
2回戦 ○ 5 - 4 岡山東商
準々決勝 ○ 4 - 2 桐生
準決勝 ○ 2 - 1 報徳学園
決勝 ○ 3 - 1 松山商
1967年 (第49回大会) 中京 (2年連続15回目) ベスト4 1回戦 ○ 9 - 0 明星
2回戦 ○ 3x - 2 倉敷工
準々決勝 ○ 2 - 1 土佐
準決勝 ● 2 - 3 習志野
1968年 (第50回大会) 享栄 (8年ぶり4回目) 初戦敗退 1回戦 ● 1 - 5 倉敷工
1969年 (第51回大会) 東邦 (4年ぶり4回目) 初戦敗退 1回戦 ● 4 - 6 富山北部
1970年 (第52回大会) 東邦 (2年連続5回目) ベスト8 1回戦 ○ 7x - 6 高崎商 (延長13回)
2回戦 ○ 6 - 1 江津工
準々決勝 ● 0 - 2 岐阜短大付
1971年 (第53回大会) 東邦 (3年連続6回目) 初戦敗退 1回戦 ● 0 - 2 桐蔭学園
1972年 (第54回大会) 中京 (4年ぶり16回目) ベスト8 1回戦 ○ 3 - 0 東海大相模
2回戦 ○ 4 - 0 足利工
準々決勝 ● 2 - 4 高知商
1973年 (第55回大会) 東邦 (2年ぶり7回目) 初戦敗退 2回戦 ● 3 - 5 高知商
1974年 (第56回大会) 名古屋電工 (初出場) 初戦敗退 2回戦 ● 1 - 2 盈進
1975年 (第57回大会) 国府 (初出場) 初戦敗退 1回戦 ● 0 - 1 柳井商
1976年 (第58回大会) 中京 (4年ぶり17回目) ベスト8 1回戦 ○ 1 - 0 学法石川
2回戦 ○ 7 - 1 柳ヶ浦
3回戦 ○ 12 - 1 高田商
準々決勝 ● 3 - 9 PL学園
1977年 (第59回大会) 東邦 (4年ぶり8回目) 準優勝 2回戦 ○ 6 - 2 高松商
3回戦 ○ 8 - 0 黒沢尻工
準々決勝 ○ 4 - 0 熊本工
準決勝 ○ 5 - 3 大鉄
決勝 ● 1 - 4x 東洋大姫路 (延長10回)[8]
1978年 (第60回大会) 中京 (2年ぶり18回目) ベスト4 2回戦 ○ 6 - 1 佐世保工
3回戦 ○ 5 - 4 箕島
準々決勝 ○ 5 - 2 天理
準決勝 ● 4 - 5x PL学園 (延長12回)
1979年 (第61回大会) 中京 (2年連続19回目) 3回戦 1回戦 ○ 13 - 4 境
2回戦 ○ 2x - 1 県岐阜商 (延長10回)
3回戦 ● 2 - 5 池田
1980年 (第62回大会) 大府 (16年ぶり2回目) 2回戦 1回戦 ○ 7 - 2 浜田
2回戦 ● 2 - 4 熊本工
1981年 (第63回大会) 名古屋電気 (7年ぶり2回目) ベスト4 2回戦 ○ 4 - 0 長崎西[9]
3回戦 ○ 2x - 1 北陽 (延長12回)[10]
準々決勝 ○ 3 - 0 志度商
準決勝 ● 1 - 3 報徳学園
1982年 (第64回大会) 中京 (3年ぶり20回目) ベスト4 1回戦 ○ 2 - 1 関西
2回戦 ○ 3 - 0 佐世保工
3回戦 ○ 5 - 0 益田
準々決勝 ○ 5 - 1 津久見
準決勝 ● 0 - 1 広島商
1983年 (第65回大会) 中京 (2年連続21回目) ベスト8 1回戦 ○ 11 - 1 北陸
2回戦 ○ 8 - 3 岡山南
3回戦 ○ 1 - 0 宇都宮南
準々決勝 ● 1 - 3 池田
1984年 (第66回大会) 享栄 (16年ぶり5回目) 初戦敗退 1回戦 ● 1 - 14 PL学園
1985年 (第67回大会) 東邦 (8年ぶり9回目) 初戦敗退 1回戦 ● 8 - 18 徳島商
1986年 (第68回大会) 享栄 (2年ぶり6回目) 3回戦 1回戦 ○ 8 - 0 唐津西
2回戦 ○ 2 - 1 東海大甲府
3回戦 ● 1 - 2 高知商
1987年 (第69回大会) 中京 (4年ぶり22回目) ベスト8 1回戦 ○ 11 - 1 伊香
2回戦 ○ 2x - 1 池田 (延長10回)
3回戦 ○ 4 - 1 鹿児島商工
準々決勝 ● 4 - 7 常総学院
1988年 (第70回大会) 愛工大名電 (7年ぶり3回目) 3回戦 2回戦 ○ 3 - 2 高知商
3回戦 ● 1 - 4 沖縄水産
1989年 (第71回大会) 東邦 (4年ぶり10回目) 初戦敗退 1回戦 ● 1 - 2 倉敷商
1990年 (第72回大会) 愛工大名電 (2年ぶり4回目) 初戦敗退 1回戦 ● 1 - 6 天理
1991年 (第73回大会) 東邦 (2年ぶり11回目) 初戦敗退 1回戦 ● 0 - 2 宇部商
1992年 (第74回大会) 東邦 (2年連続12回目) ベスト4 2回戦 ○ 7 - 4 倉敷商
3回戦 ○ 1x - 0 県岐阜商
準々決勝 ○ 5 - 4 天理 (延長11回)
準決勝 ● 0 - 4 西日本短大付
1993年 (第75回大会) 享栄 (7年ぶり7回目) 初戦敗退 1回戦 ● 1 - 2 郡山
1994年 (第76回大会) 愛知 (42年ぶり2回目) 3回戦 1回戦 ○ 3 - 0 済々黌
2回戦 ○ 4 - 0 大垣商
3回戦 ● 3 - 5 佐久
1995年 (第77回大会) 享栄 (2年ぶり8回目) 2回戦 1回戦 ○ 9 - 1 日田
2回戦 ● 0 - 4 柳川
1996年 (第78回大会) 愛産大三河 (初出場) 初戦敗退 1回戦 ● 2 - 3 高陽東
1997年 (第79回大会) 豊田大谷 (初出場) 2回戦 1回戦 ○ 6 - 4 長崎南山
2回戦 ● 2 - 4 甲府工
1998年 (第80回大会) 豊田大谷 (東愛知、2年連続2回目) ベスト4 1回戦 ○ 6 - 4 東福岡
2回戦 ○ 3x - 2 宇部商 (延長15回)
3回戦 ○ 7 - 6 智弁和歌山
準々決勝 ○ 4x - 3 浜田 (延長10回)
準決勝 ● 1 - 6 京都成章
愛工大名電 (西愛知・8年ぶり5回目) 初戦敗退 1回戦 ● 2 - 7 日南学園
1999年 (第81回大会) 東邦 (7年ぶり13回目) 初戦敗退 1回戦 ● 5 - 6x 滝川二
2000年 (第82回大会) 中京大中京 (13年ぶり23回目) 2回戦 1回戦 ○ 12 - 0 郡山
2回戦 ● 6 - 7 智弁和歌山
2001年 (第83回大会) 弥富 (初出場) 初戦敗退 1回戦 ● 2 - 9 九産大九州
2002年 (第84回大会) 東邦 (3年ぶり14回目) 2回戦 1回戦 ○ 5 - 3 大阪桐蔭
2回戦 ● 1 - 4 智弁和歌山
2003年 (第85回大会) 愛工大名電 (5年ぶり6回目) 初戦敗退 1回戦 ● 1 - 2 鳥栖商
2004年 (第86回大会) 中京大中京 (4年ぶり24回目) ベスト8 1回戦 ○ 6 - 3 明豊
2回戦 ○ 6 - 4 浦和学院
3回戦 ○ 7 - 3 東海大翔洋
準々決勝 ● 1 - 2x 済美
2005年 (第87回大会) 愛工大名電 (2年ぶり7回目) 初戦敗退 1回戦 ● 2 - 4 清峰 (延長13回)
2006年 (第88回大会) 愛工大名電 (2年連続8回目) 初戦敗退 1回戦 ● 4 - 6 福知山成美
2007年 (第89回大会) 愛工大名電 (3年連続9回目) 初戦敗退 1回戦 ● 1 - 3 創価
2008年 (第90回大会) 大府 (東愛知・28年ぶり3回目) 初戦敗退 1回戦 ● 1 - 5 高岡商
東邦 (西愛知・6年ぶり15回目) 3回戦 1回戦 ○ 15 - 10 北海
2回戦 ○ 5 - 4 清峰
3回戦 ● 5 - 7 大阪桐蔭
2009年 (第91回大会) 中京大中京 (5年ぶり25回目) 優勝 (43年ぶり7回目) 1回戦 ○ 5 - 1 龍谷大平安
2回戦 ○ 5x - 4 関西学院[11]
3回戦 ○ 15 - 5 長野日大
準々決勝 ○ 6 - 2 都城商
準決勝 ○ 11 - 1 花巻東
決勝 ○ 10 - 9 日本文理
2010年 (第92回大会) 中京大中京 (2年連続26回目) 2回戦 1回戦 ○ 2 - 1 南陽工
2回戦 ● 6 - 21 早稲田実
2011年 (第93回大会) 至学館 (初出場) 初戦敗退 1回戦 ● 1 - 8 東大阪大柏原
2012年 (第94回大会) 愛工大名電 (5年ぶり10回目) 初戦敗退 1回戦 ● 4 - 6 浦添商
2013年 (第95回大会) 愛工大名電 (2年連続11回目) 初戦敗退 1回戦 ● 3 - 4 聖光学院
2014年 (第96回大会) 東邦 (6年ぶり16回目) 2回戦 1回戦 ○ 11 - 3 日南学園
2回戦 ● 2 - 3 日本文理
2015年 (第97回大会) 中京大中京 (5年ぶり27回目) 3回戦 1回戦 ○ 4 - 1 岐阜城北
2回戦 ○ 7 - 3 鹿児島実
3回戦 ● 0 - 1x 関東一[12]
2016年 (第98回大会) 東邦 (2年ぶり17回目) 3回戦 1回戦 ○ 19 - 9 北陸
2回戦 ○ 10x - 9 八戸学院光星
3回戦 ● 2 - 5 聖光学院
2017年 (第99回大会) 中京大中京 (2年ぶり28回目) 初戦敗退 1回戦 ● 6 - 10 広陵
2018年 (第100回大会) 愛産大三河 (東愛知・22年ぶり2回目) 初戦敗退 1回戦 ● 0 - 7 横浜
愛工大名電 (西愛知・5年ぶり12回目) 3回戦 2回戦 ○ 10 - 0 白山
3回戦 ● 2 - 7 報徳学園
2019年 (第101回大会) (初出場) 初戦敗退 1回戦 ● 0 - 9 八戸学院光星
2020年 (第102回大会) (新型コロナウイルス感染症流行による大会中止)

学校別成績[編集]

校名 出場 勝敗 直近出場 最高成績
中京大中京 (中京商・中京) 28回 78勝21敗 2017年 優勝7回
東邦 (東邦商) 17回 19勝17敗 2016年 準優勝
愛工大名電 (名古屋電工・名古屋電気) 12回 5勝12敗 2018年 ベスト4
愛知商 (瑞陵) 8回 7勝8敗 1950年 ベスト4
享栄 (享栄商) 8回 6勝8敗 1995年 ベスト8
旭丘 (愛知一中) 8回 5勝7敗 1929年 優勝1回
大府 3回 2勝3敗 2008年 2回戦
豊田大谷 2回 5勝2敗 1998年 ベスト4
愛知 2回 3勝2敗 1994年 3回戦
愛産大三河 2回 0勝2敗 2018年 初戦敗退
時習館 (愛知四中) 1回 0勝1敗 1916年 初戦敗退
明和 (明倫中) 1回 0勝1敗 1921年 初戦敗退
名古屋商 1回 0勝1敗 1922年 初戦敗退
豊橋商 1回 0勝1敗 1951年 初戦敗退
津島北 (津島商工) 1回 0勝1敗 1957年 初戦敗退
国府 1回 0勝1敗 1975年 初戦敗退
愛知黎明 (弥富) 1回 0勝1敗 2001年 初戦敗退
至学館 1回 0勝1敗 2011年 初戦敗退
1回 0勝1敗 2019年 初戦敗退

通算成績[編集]

勝利 敗戦 引分 勝率 優勝 準優勝 ベスト4
130 91 0 .588 8 1 11

脚注[編集]

  1. ^ 唯一の敗者復活優勝
  2. ^ 史上3校目の夏連覇
  3. ^ 史上初の夏3連覇
  4. ^ 中京商の吉田正男無安打無得点試合
  5. ^ 選手権史上最長試合 (4時間55分)
  6. ^ 岐阜商の清沢忠彦無安打無得点試合
  7. ^ 史上2校目の春夏連覇
  8. ^ 東洋大姫路の安井浩二がサヨナラ本塁打 (決勝戦でのサヨナラ本塁打は選手権史上初)
  9. ^ 名古屋電気の工藤公康無安打無得点試合
  10. ^ 名古屋電気の中村稔サヨナラ本塁打
  11. ^ 中京大中京の河合完治がサヨナラ本塁打
  12. ^ 関東一の長嶋亮磨がサヨナラ本塁打

関連項目[編集]