全国高等学校野球選手権青森大会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動

全国高等学校野球選手権青森大会(ぜんこくこうとうがっこうやきゅうせんしゅけんあおもりたいかい)は、青森県で開催されている全国高等学校野球選手権大会(夏の甲子園)の地方大会。

使用球場[編集]

優勝校[編集]

1県1代表以前[編集]

年度(大会) 代表校 備考
1926年(第12回大会 八戸中 東北大会優勝校が代表
1927年(第13回大会 青森師範
1928年(第14回大会 八戸中
1930年(第16回大会 八戸中
1938年(第24回大会 青森師範 奥羽大会優勝校が代表
1939年(第25回大会 青森中
1948年(第30回大会 青森
1951年(第33回大会 青森
1958年(第40回大会 東奥義塾 記念大会のため1県1代表
1960年(第42回大会 青森 北奥羽大会優勝校が代表
1962年(第44回大会 青森一
1963年(第45回大会 東奥義塾 記念大会のため1県1代表
1965年(第47回大会 八戸 北奥羽大会優勝校が代表
1967年(第49回大会 東奥義塾
1968年(第50回大会 三沢 記念大会のため1県1代表
1969年(第51回大会 三沢 北奥羽大会優勝校が代表
1970年(第52回大会 五所川原農林
1973年(第55回大会 青森商 記念大会のため1県1代表

1県1代表後[編集]

年度(大会) 校数 優勝校 決勝スコア 準優勝校 備考
1978年(第60回大会 青森北 4 - 3 八戸西
1979年(第61回大会 弘前実 4 - 2 八戸西
1980年(第62回大会 弘前工 1 - 0 青森山田
1981年(第63回大会 東奥義塾 2 - 1 八戸
1982年(第64回大会 木造 4 - 1 青森山田
1983年(第65回大会 八戸工大一 6 - 4 八戸
1984年(第66回大会 弘前実 4 - 2 弘前工
1985年(第67回大会 八戸 3 - 0 三沢商
1986年(第68回大会 三沢商 4 - 1 青森山田
1987年(第69回大会 八戸工大一 3 - 2 青森商
1988年(第70回大会 弘前工 6 - 1 八戸
1989年(第71回大会 弘前工 11 - 1 青森商
1990年(第72回大会 八戸工大一 12 - 2 東奥義塾
1991年(第73回大会 弘前実 7 - 1 八戸工
1992年(第74回大会 弘前実 11 - 6 五所川原工
1993年(第75回大会 青森山田 9 - 3 東奥義塾
1994年(第76回大会 八戸 7 - 6 光星学院 延長10回
1995年(第77回大会 青森山田 4 - 2 光星学院 延長10回
1996年(第78回大会 弘前実 6 - 4 光星学院
1997年(第79回大会 光星学院 11 - 0 青森山田
1998年(第80回大会 八戸工大一 3 - 2 光星学院
1999年(第81回大会 青森山田 5 - 3 光星学院
2000年(第82回大会 光星学院 7 - 1 弘前実
2001年(第83回大会 光星学院 3 - 1 青森
2002年(第84回大会 青森山田 9 - 2 光星学院
2003年(第85回大会 光星学院 9 - 4 青森山田
2004年(第86回大会 青森山田 12 - 0 青森北
2005年(第87回大会 青森山田 8 - 1 光星学院
2006年(第88回大会 青森山田 5 - 4 光星学院
2007年(第89回大会 青森山田 9 - 2 八戸工大一
2008年(第90回大会 青森山田 4 - 0 光星学院
2009年(第91回大会 青森山田 4 - 3 大湊
2010年(第92回大会 73 八戸工大一 3 - 0 光星学院
2011年(第93回大会 73 光星学院 9 - 1 野辺地西
2012年(第94回大会 72 光星学院 5 - 3 弘前学院聖愛
2013年(第95回大会 67 弘前学院聖愛 4 - 3 弘前
2014年(第96回大会 68 八戸学院光星 8 - 6 青森
2015年(第97回大会 68 三沢商 2x - 1 八戸学院光星 延長12回
2016年(第98回大会 65 八戸学院光星 11 - 0 大湊
2017年(第99回大会 63 青森山田 5 - 3 八戸学院光星
2018年(第100回大会 59 八戸学院光星 6 - 4 弘前学院聖愛
2019年(第101回大会 57 八戸学院光星 12 - 4 弘前学院聖愛
2020年(第102回大会 -- (中止) 独自大会
  • 校数は連合チームを1校とする

選手権大会成績[編集]

令和2年度夏季青森県高校野球大会[編集]

2020年夏に開催予定だった第102回全国高等学校野球選手権大会新型コロナウイルス感染症の流行により、本大会と全ての地方大会が中止となった事に伴う青森県独自の代替大会として、「令和2年度夏季青森県高校野球大会」(青森県高等学校野球連盟が主催し、日本高等学校野球連盟と朝日新聞社、県や県高校体育連盟などが後援)が7月14日から7月28日まで参加55チームで開催された。大会はノーシードのトーナメント方式で、開会式は密集を避けるため行わず、閉会式は簡易に行う。原則として球場での観戦は、保護者とベンチ入りしなかった部員のみで、部員以外の生徒や一般客は入場できなかった。優勝校は、東北6県の各代替大会で優勝した代表校による独自の東北大会に出場する。

準決勝 決勝
           
7月26日    
 八戸学院光星 6
 弘前東 4  
  7月28日
 八戸学院光星 5
   青森山田 8
7月26日:7回コールド  
 青森山田 9
 弘前実 0  

その他[編集]

  • かつて青森代表は昭和時代、夏の甲子園大会において初戦敗退するケースが非常に多く、特に1970年・第52回大会 - 1988年・第70回大会は「初戦13連敗」の不名誉な記録が続いた。これは同じ東北地区の秋田県勢山形県勢と並ぶワーストタイ記録である。
  • 平成時代に入ると、1989年・第71回大会で弘前工が石川沖縄)との対戦(2回戦・初戦)で5-1と勝利。これは1969年・第51回大会の三沢以来20年ぶりとなる夏の甲子園大会での初戦突破となった(3回戦は仙台育英宮城)に1-2と惜敗)。
  • 1990年代後半以降の青森代表は光星学院・青森山田などの台頭により、夏の甲子園大会での上位進出が目立っている。2011年・第93回大会では、光星学院(当時)が42年ぶりとなる青森県勢の決勝戦進出を果たしたが、決勝では日大三西東京)に0-11と大敗し準優勝に終わった。
  • 2012年・第94回大会でも、光星学院(当時)が昨年同様2年連続の夏の甲子園大会決勝戦へ進出(なお光星学院は2012年春の選抜大会でも決勝戦進出・準優勝を果たし、3季連続の甲子園大会決勝戦進出となる)。同年の選抜大会決勝で敗れた大阪桐蔭との再戦となったが、0-3と惜しくも敗れ、夏の甲子園では2年連続(選抜大会も含めると3季連続)の準優勝に終わった。

放送体制[編集]

テレビ[編集]

  • 民放では1991年の第73回大会までは当時テレビ朝日系列だった青森放送で中継放送していたが、翌1992年の第74回大会以降からは前年10月に開局したテレビ朝日系列の青森朝日放送が中継放送している。以来、青森県営野球場→青森市営野球場と八戸市長根運動公園野球場の2元中継により全試合を中継されてきた。しかし近年の視聴率低下や制作費削減のあおりを受け、開会式と準々決勝(2009年までは3回戦、2010年は4回戦、2012年は当初は準々決勝からだったが、雨による日程変更のため4回戦)から決勝戦までの中継に縮小され、さらには八戸からの中継もやめ、青森市営球場のみの実況中継となっていった。2017年からは青森市営球場の開会式を除き、新たにメイン会場となったはるか夢球場の準々決勝以降の試合及び閉会式を中継している。また実況アナウンサーは、中継開始年から2000年ごろまでは、自局アナウンサーに加えて、外部のフリーアナウンサーも関わっていたが、それ以降からはすべて、自局のアナウンサー(対馬孝之下田武史藤岡勇貴など各アナウンサー)が行っている。
  • NHK青森放送局では総合テレビ(一部時間帯では教育テレビへ切り替えの場合有り)にて決勝(2013年は決勝のみ、2018年まで準決勝から)を中継している。

ラジオ[編集]

  • NHK青森放送局ではラジオ第1放送(一部時間帯ではFM放送へ切り替えの場合有り)にて準々決勝から(2012年までは3回戦から、2013年は決勝のみ)、青森市営野球場より中継している。青森放送でも2009年まで準決勝と決勝を放送していた。

脚注[編集]

  1. ^ メイン会場であっても開会式は青森市営球場で行われ、準々決勝以上の試合については当球場で行われる。

関連項目[編集]