全日本チェス選手権

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

全日本チェス選手権(ぜんにほん-せんしゅけん)は、日本チェスの棋戦である。

概要[編集]

日本のチェスのチャンピオンを決定する棋戦である。ゴールデンウィークに開催される[1]。主催は2018年(第51回)まで日本チェス協会だったが、同協会の解散に伴い、2019年(第52回)からNational Chess Society of Japanが主催を引き継いでいる。

競技方式[編集]

第12回まではチャンピオンへの挑戦制度(6局制)であった。第13回からスイス式13ラウンドまたは14ラウンドとなる。2009年からは11ラウンド、2019年は10ラウンド。スイス式になって以降、日本チェス協会主催の時代には選手権で1位から4位のプレーヤーがチェス・オリンピアードの選手たる資格を得ていた[1]

歴代日本チャンピオン[編集]

  • 第1回 1968年 宮坂幸雄
  • 第2回 1969年 宮坂幸雄
  • 第3回 1970年 宮坂幸雄
  • 第4回 1971年 宮坂幸雄
  • 第5回 1972年 権田源太郎
  • 第6回 1973年 権田源太郎
  • 第7回 1974年 浜田健嗣
  • 第8回 1975年 権田源太郎
  • 第9回 1976年 権田源太郎
  • 第10回 1977年 権田源太郎
  • 第11回 1978年 権田源太郎
  • 第12回 1979年 権田源太郎
  • 第13回 1980年 小田講文
  • 第14回 1981年 小田講文
  • 第15回 1982年 西村裕之
  • 第16回 1983年 西村裕之
  • 第17回 1984年 西村裕之
  • 第18回 1985年 権田源太郎、ポール黒田
  • 第19回 1986年 ジャック・ピノー
  • 第20回 1987年 鈴木知道
  • 第21回 1988年 ローレン・シュミット
  • 第22回 1989年 権田源太郎
  • 第23回 1990年 ホセリト・スンガ
  • 第24回 1991年 マッツ・アンダーソン
  • 第25回 1992年 ドミンゴ・ラモス
  • 第26回 1993年 ジャック・ピノー (Jacques Pineau)
  • 第27回 1994年 西村裕之
  • 第28回 1995年 ドミンゴ・ラモス、松尾朋彦
  • 第29回 1996年 権田源太郎
  • 第30回 1997年 権田源太郎
  • 第31回 1998年 渡辺暁
  • 第32回 1999年 渡辺暁
  • 第33回 2000年 渡辺暁
  • 第34回 2001年 権田源太郎
  • 第35回 2002年 サイモン・ビビー (Simon Bibby)
  • 第36回 2003年 塩見亮、酒井清隆
  • 第37回 2004年 酒井清隆
  • 第38回 2005年 小島慎也
  • 第39回 2006年 小島慎也、馬場雅裕
  • 第40回 2007年 上杉晋作、小島慎也
  • 第41回 2008年 小島慎也
  • 第42回 2009年 サム・コリンズ (Sam Collins)
  • 第43回 2010年 南條遼介、小島慎也
  • 第44回 2011年 中村龍二、馬場雅裕
  • 第45回 2012年 南條遼介
  • 第46回 2013年 池田惇多
  • 第47回 2014年 南條遼介
  • 第48回 2015年 馬場雅裕
  • 第49回 2016年 チャン・タン・トゥ (Trần Thanh Tú)
  • 第50回 2017年 野口恒治
  • 第51回 2018年 チャン・タン・トゥ (Trần Thanh Tú)
  • 第52回 2019年 青嶋未来

脚注[編集]

  1. ^ a b 渡井美代子 著 『図解 早わかりチェス』 日東書院、1995年7月10日、ISBN 4-528-00494-1

参考文献[編集]