全日本フィギュアスケートノービス選手権

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

全日本フィギュアスケートノービス選手権は、日本スケート連盟が主催するフィギュアスケートのノービスクラスの日本一を決定する選手権大会である。

概要[編集]

歴史[編集]

全日本ノービス選手権が創設される前は、各都道府県のスケート連盟および各地のスケート場などが主催するノービスクラス向けの大会はあったものの、全国大会に相当する選手権大会は存在しなかった。1997年1月、JOC杯のカテゴリにノービスクラスが創設され初めて全国規模の大会が実施され、1997-1998年シーズンより、全日本フィギュアスケートノービス選手権として独立し第1回大会が開催され現在に至る。

参加資格[編集]

東北・北海道ブロック、関東ブロック、東京ブロック、中部ブロック、近畿ブロック、中四国・九州ブロックの6つの地区で予選が行われ、各ブロックの上位選手と全国有望新人発掘合宿において優秀と認められた推薦選手が本戦となる全日本フィギュアスケートノービス選手権へ出場することができる。なお、ジュニアクラスおよびシニアクラスでは、地区予選を勝ち抜いた選手は最終予選として東日本選手権と西日本選手権に出場するが、全日本ノービス選手権には無い。

年齢制限[編集]

男女シングルのAクラスはスケート年齢[1]で11歳以上12歳以下[2]、男女シングルのBクラスはスケート年齢で9歳以上10歳以下[3]、ノービスダンス男子はスケート年齢で9歳以上16歳以下[4]、ノービスダンス女子はスケート年齢で9歳以上14歳以下である[5]

種目 スケート年齢
男子シングル Aクラス 11歳以上12歳以下 バッジテスト4級以上
Bクラス 9歳以上10歳以下 バッジテスト3級以上
女子シングル Aクラス 11歳以上12歳以下 バッジテスト6級以上
Bクラス 9歳以上10歳以下 バッジテスト5級以上
ノービスダンス[6] 男子 9歳以上16歳以下 プレブロンズ以上[7]
女子 9歳以上14歳以下 プレブロンズ以上[7]

飛び級[編集]

ノービスAクラスの1~3位選手は、1つ上のクラスである全日本ジュニア選手権への特別出場資格を与えられ[8]、年齢制限の対象外として飛び級で全日本ジュニア選手権へ推薦出場することができる。なお、全日本ジュニア選手権の1~6位選手[9]はシニアクラスの全日本選手権への特別出場資格を与えられるが、ノービスAクラスの選手が該当した場合は2つの飛び級となるため現在[10]は特別出場資格を与えられず[11]対象者を繰り下げる。

日程と開催地[編集]

日程 開催地 会場
第1回 1997年10月25-26日 長野県長野市 長野市真島総合スポーツアリーナ
第2回 1998年10月10-11日 東京都新宿区 明治神宮外苑アイススケート場
第3回 1999年11月13-14日 東京都新宿区 明治神宮外苑アイススケート場
第4回 2000年10月28-29日 千葉県松戸市 新松戸アイスアリーナ
第5回 2001年10月27-28日 兵庫県神戸市 神戸市立ポートアイランドスポーツセンター
第6回 2002年10月26-27日 埼玉県川越市 東武川越スケートセンター
第7回 2003年10月25-26日 山梨県甲府市 小瀬スポーツ公園アイスアリーナ
第8回 2004年10月23-24日 東京都新宿区 明治神宮外苑アイススケート場
第9回 2005年10月29-30日 埼玉県川越市 東武川越スケートセンター
第10回 2006年10月28-29日 岡山県倉敷市 ヘルスピア倉敷
第11回 2007年10月27-28日 青森県八戸市 新井田インドアリンク
第12回 2008年11月8-9日 青森県八戸市 新井田インドアリンク
第13回 2009年10月23-25日 青森県八戸市 新井田インドアリンク
第14回 2010年10月29-31日 千葉県千葉市 アクアリンクちば
第15回 2011年10月28-30日 東京都西東京市 ダイドードリンコアイスアリーナ
第16回 2012年10月26-28日 京都府京都市 京都アクアリーナ
第17回 2013年10月25-27日 茨城県ひたちなか市 笠松運動公園アイススケート場
第18回 2014年10月24-26日 大阪府高槻市 関西大学アイスアリーナ
第19回 2015年10月23-25日 東京都西東京市 ダイドードリンコアイスアリーナ
第20回 2016年10月21-23日 兵庫県尼崎市 尼崎スポーツの森
第21回 2017年10月20-22日 滋賀県大津市 滋賀県立アイスアリーナ

大会結果[編集]

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ スケートシーズン始まりの7月1日からシーズン終わりである6月30日までを基準とした数え方で、6月30日時点の満年齢が対象となる。
  2. ^ 日本の学齢では4月2日~6月30日生まれの小学5年から7月1日~4月1日生まれの中学1年。
  3. ^ 日本の学齢では4月2日~6月30日生まれの小学3年から7月1日~4月1日生まれの小学5年。
  4. ^ 日本の学齢では4月2日~6月30日生まれの小学3年から7月1日~4月1日生まれの高校2年。
  5. ^ 日本の学齢では4月2日~6月30日生まれの小学3年から7月1日~4月1日生まれの中学3年。
  6. ^ アイスダンス。第15回大会より設定された。
  7. ^ a b 男女どちらかが持っていればよい。
  8. ^ 原則1~3位選手だが、演技内容によっては4~6位にも与えられる。
  9. ^ 原則1~6位。演技内容によっては7位にも与えられる。
  10. ^ 過去には2つの飛び級が認められ1999年小塚崇彦(ノービスBからジュニア)、2001年浅田真央(ノービスBからジュニア)、2002・2003年浅田真央(ノービスAからシニア)が該当。
  11. ^ 2000年安藤美姫(ノービスAから全日本ジュニア3位)、2006年中村愛音(ノービスAから全日本ジュニア4位)および西野友毬(ノービスAから全日本ジュニア6位)、2007年羽生結弦(ノービスAから全日本ジュニア3位)、2009年宇野昌磨(ノービスAから全日本ジュニア3位)および宮原知子(ノービスAから全日本ジュニア4位)、2010年宇野昌磨(ノービスAから全日本ジュニア4位)および宮原知子(ノービスAから全日本ジュニア4位)、2012年山本草太(ノービスAから全日本ジュニア4位)、2013年本田真凜(ノービスAから全日本ジュニア5位)、2014年本田真凜(ノービスAから全日本ジュニア4位)および青木祐奈(ノービスAから全日本ジュニア5位)は2つの飛び級に該当するためシニアクラスの全日本選手権への推薦出場は認められなかった。