全日本ラリー選手権

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

全日本ラリー選手権(ぜんにほんラリーせんしゅけん、Japanese Rally Championship)とはJAF登録クラブ・団体が主催する国内ラリーのシリーズ戦で、日本最高峰のモータースポーツ選手権の1つである。

概要[編集]

1979年の全日本ラリードライバー選手権を前身として1980年から全日本ラリー選手権となった。2000年以降の運営支援は同年に発足したJRCA (Japanese Rally Competition Association) により行われ、JAF公認規定の元で全国各地の主催者により、2012年以降は4月 - 10月の期間に年間9戦が開催されている。参戦するドライバー及びコ・ドライバーは、国内B級以上のライセンスが必要となる。

クラスは排気量を基準として6つに分けられ、2006年からは2005年までのクラス順位とは別に、全クラスを含めて真のNo.1を決める総合順位が設定された[注 1]。使用車両はグループN規定に近い国内規定に準じたもので改造範囲が狭く、室内は内張りが除かれロールケージが取り付けられているが、エンジンはリストリクターの装着を除けば市販車とほぼ同じである。競技区間は閉鎖されたコースのSSと、一般車両に混じり移動する区間のリエゾンに分かれ、それぞれの規則に則って走行する。

近年は、SUPER GTのGT300クラスと同様に、キャラクターやイラストなどがボディに描かれた痛車も増加している。これは注目を集める目的も有るが、SUPER GTを始めとするオンロードレースと異なり、プロモーター[注 2]が存在せず、各地の主催者が持ち回りで開催しているため、将来的な競技継続の観点からも国内ラリーの認知度を高めて新規の客層を開拓する必要性が高まったことによる[1]。2008年のメロンブックスシティ、2011年のCJRTサトリアネオ、2016/2017年のインギング86などクラスタイトルの実績も多い[2]

主なイベント[編集]

名称 ホストタウン[注 3] 開催時期 開催年 路面 総走行距離 SS総距離
ツールド・九州 in 唐津[注 4] 佐賀県唐津市[注 5] 4月 1997年 - ターマック 約300km 約70km
久万高原ラリー 愛媛県久万高原町 4月、5月[注 6]、6月、9月 2006年 - グラベル 約250km 約70km
KYOTO南丹ラリー 京都府南丹市 5月 2007年 - 2009年 ターマック 約250km 約80km
がんばろう! 福島 MSCCラリー[注 7] 福島県棚倉町 6月、11月[注 8] 2004年 - グラベル 約370km 約70km
ひえつきラリー[注 9] 宮崎県椎葉村 5月 1986年 - 2005年 グラベル 約280km 約50km
ひむかラリー in 美郷[注 10] 宮崎県美郷町 5月、6月 2007年 - 2011年 グラベル[注 11] 約330km 約100km
シンフォニーラリー 京都府南丹市 6月 2006年 ターマック 約210km 約45km
RALLY HOKKAIDO[注 12] 北海道帯広市 5月、7月、9月[注 13] 2006年 - グラベル 約1000km 約200km
ARKラリー洞爺[注 14] 北海道洞爺湖町 7月[注 13]、9月 2011年 - グラベル 約380km 約80km
ラリー・イン・シリベシ[注 15] 北海道倶知安町 7月 2010年 グラベル 約470km 約100km
とかち2006 北海道陸別町 7月 2006年 グラベル 約335km 約80km
Rally of Tsumagoi 群馬県嬬恋村 2月 2017年 - スノー/アイス 約410km 約90km
モントレー in 群馬[注 16] 群馬県嬬恋村 7月 1984年 - 2003年、2012年 - ターマック[注 17] 約500km 約70km
大阪電通大チャリティラリー 丹後半島ラリー 京都府京丹後市 8月 2012年 - ターマック 約320km 約100km
Rally in Akaigawa[注 18] 北海道赤井川村 7月、8月、9月 1998年 - 2008年 グラベル 約400km 約100km
FMSC吉野ヶ里マウンテンラリー[注 19] 佐賀県吉野ヶ里町 8月、9月 2007年 - 2009年 ターマック 約240km 約60km
M.C.S.C.ラリーハイランドマスターズ 岐阜県高山市 10月 1971年 - ターマック [注 20] 約420km 約80km
新城ラリー[注 21] 愛知県新城市 9月、10月 - 11月[注 13] 2007年 - ターマック 約280km 約80km

スケジュール[編集]

イベントにより1日間 - 3日間で行われ、それぞれの1日をDAY (デイ) と呼称する。DAYは、実質的なレース区間であるSS (Special Stage: スペシャルステージ) と計測地点のTC (Time Control: タイムコントロール)、SSとSSを結ぶ移動区間 (ロードセクション) となるリエゾンに分けられ、競技はアイテナリーと呼ばれるタイムスケジュール表に沿って進められる。スタート間隔はイベントに異なるが、通常は1分、上位のドライバーは2分となっている。

準備[編集]

競技前にレッキと呼ばれる下見走行を行い、ドライバーとコ・ドライバーはコース状況を把握してペースノート[注 22]の製作を行う。コースは実際に競技で使われるコースを走れるが、使用する車は競技車両ではなく一般車両となる。シェイクダウンと呼ばれる、実際に競技車両を使用して最終チェックを行った後[注 23]、違反の有無を確認する車検後に、競技車両は、ドライバーを含め全ての関係者は競技開始まで触れることが出来ないパルクフェルメと呼ばれる車両保管所に置かれる。

リエゾン[編集]

一般公道を移動する区間で、道路交通法に従い一般車両に混じって走行し、TCに入る時間は車両毎に指定されている[注 24]道路運送車両法に定められた保安基準を満たしていない場合は公道走行を止められる可能性があり、特にSSでのトラブルで車が破損した場合などに問題となる。リエゾンも競技の一部であり、主催者から示されるコマ図に従って走行するというラリー競技当初の姿が現在も残っている。

SS[編集]

一般公道を閉鎖して作られたタイムトライアル区間の[注 25]スペシャルステージ (Special Stage) で、SS (エスエス) と呼ばれる。スタート地点はTC内に設置され、ドライバーは全開でアタックする。各DAY最後のSS終了後はTCに移動してリエゾンを通り、サービスパーク[注 26]と呼ばれる本部に戻る。その後、車両は再びパルクフェルメに保管されて次のDAYの競技開始を待つ。

車両規定[編集]

安全基準や改造基準はFIAのグループNを基準としているが、室内の内張り、インドアパネル、3点式シートベルトの取り外しが禁止されているほか、タイヤ、ホイールのサイズが細かく制定されている。RF車両についてはコスト削減を考えRN、RJ車両よりもロールケージバー等、安全基準が緩和されている。なお、RF車両の参戦資格は2014年限りとなっている。

  • RN - FIA及びJAFホモロゲーション取得車両をベースとする。
  • RJ - JAF登録車両をベースとする。
  • RF - 車検の保安基準に適合した車両をベースとする[注 27]
  • RPN - 車検の保安基準に適合かつ諸元が完成時と同一であること[注 28]。タイヤの使用本数は全日程で6本となる。
  • AE - ハイブリッドカーEVが対象で、車検の保安基準に適合かつ諸元が完成時と同一であること[注 29]

クラス[編集]

分類はFIAのグループN規定をベースとして日本独自の規定を加えたものである。2008年からは「スーパー1500」がJN1.5クラスとして、2009年にJN2クラスとして導入。2014年には2013年までの4クラスが再編され全6クラスとなった。2016年からJN6クラスは4WDに限定されている[7]。ターボ車の排気量は1.7倍換算となる[注 30]

名称 排気量 駆動方式 車両規定 主な車種
JN1 - 1.4L 2WD RN・RJ・RF・AE スズキ・スイフトダイハツ・ストーリアX4、マツダ・RX-8ホンダ・CR-Z
JN2 1.4L - 1.6L 2WD RPN[注 31] スズキ・スイフト、トヨタ・ヴィッツ、プロトン・サトリアネオマツダ・デミオ
JN3 1.4L - 1.5L 2WD RN・RJ・RF トヨタ・ヴィッツRS、ホンダ・フィットRS、マツダ・デミオ
JN4 1.6L - 2.0L 2WD RPN[注 31] スバル・BRZ、トヨタ・86、ロータス・エキシージ
JN5 1.5L - 3.0L 2WD RN スバル・BRZ、ダイハツ・ブーンX4、トヨタ・86、プロトン・サトリアネオ、ホンダ・インテグラタイプRホンダ・シビックホンダ・S2000三菱・ミラージュ、ロータス・エキシージ、ミニ・クロスオーバー
4WD RJ
JN6 3.0L - 4WD RJ・RN スバル・インプレッサ、三菱・ランサーエボリューション

ポイント[編集]

1位 - 8位までに、それぞれ10-8-6-5-4-3-2-1ポイントが与えられ、ステージ距離や路面により係数が掛けられる。50km - 100kmのターマックを1.0として、グラベルが1.2。50km未満はターマック・グラベル共に0.8、50 - 100kmは、100 -150km未満は、ターマックが1.2、グラベルが1.5、150km以上はターマックが1.5、グラベルが2.0となる。

獲得ポイントはクラス順位と総合順位の両方に加算され、8戦以上に出場している場合は上位7戦分のポイントで計算される。2011年からは、クラス別に各DAYの1 - 3位に上位から1 - 3ポイントが与えられるデイポイント[注 32]が導入された。

沿革[編集]

CJRTプロトン・サトリアネオ(2011年)

1979年に全日本ラリードライバー選手権として始まり、翌1980年より現在の大会名となる。当初はエンジン排気量1.3L以下のAクラスと1.3L以上のBクラスの2クラスで争われた。1984年からは1L以下を加えて排気量の少ない順からA - Cの3クラスとなり、1987年 - 2002年はFIAが定めたクラスに基づき、1L以下、1.6L以下、1.6L以上とされた。1995年から第2部門として2WDのみによる選手権が始まり[注 33]、1998年 - 2005年までは2WD部門と4WD部門とで駆動方式別の選手権を開催していた。また、各部門内で排気量により分類を行い、全クラスで優勝者・選手権保持者が決定していた。2006年、アベレージラリー→SSラリー方式に変更された。

2000年代、日本でもWRCイベントを開催しようという機運が高まり、手始めとして2001年に第19回スパイク・インターナショナル 日本アルペンラリーが国内初のFIA規定による国際レースとして開催され、国内のラリー競技も日本独自の方式からFIAが定める国際基準に合わせる動きが起こる。2003年、エンジン排気量に掛ける過給器の係数とラリー競技車両の安全基準を国際基準に準拠させ、翌2004年からはWRCラリージャパンが開催されている。2006年、従来のレギュレーションを大幅に見直した新規定が導入された事に伴い、2WDと4WDという駆動方式別の部門が廃止されたことにより、全ての車両は駆動方式に関わらず同じ土俵で戦うこととなった(クラス分けは継続)。同時にアベレージ・ラリーを廃止し、SSのタイムを争うSSラリーに統一した[注 34]

総合優勝記録[編集]

2006年、WRCを始めとする国際ラリーに合わせて総合順位の制度が導入された。従来のチャンピオンは、クラスや駆動方式毎に6名に分けられていたが、新規定ではドライバーズポイントは各クラス+総合順位に与えられることになり、チャンピオンドライバーが統一された[8]

ドライバー コ・ドライバー 車種
2017年 勝田範彦 石田裕一 スバル・WRX STI
2016年 勝田範彦 石田裕一 スバル・WRX STI
2015年 新井敏弘 田中直哉 スバル・WRX STI
2014年 奴田原文雄 佐藤忠宜 三菱・ランサーエボリューションX
2013年 勝田範彦 足立さやか スバル・インプレッサ WRX STI
2012年 勝田範彦 足立さやか スバル・インプレッサ WRX STI
2011年 勝田範彦 足立さやか スバル・インプレッサ WRX STI
2010年 勝田範彦 足立さやか スバル・インプレッサ WRX STI
2009年 奴田原文雄 佐藤忠宜 三菱・ランサーエボリューションX
2008年 勝田範彦 澤田茂 スバル・インプレッサ WRX STI
2007年 勝田範彦 北田稔 スバル・インプレッサ WRX STI
2006年 奴田原文雄 小田切順之 三菱・ランサーエボリューションVII

部門別優勝記録[編集]

JN6 JN5 JN4 JN3 JN2 JN1
ドライバー 車種 ドライバー 車種 ドライバー 車種 ドライバー 車種 ドライバー 車種 ドライバー 車種
2017年 勝田範彦 スバル
WRX STI
小濱勇希 シトロエン
DS3 R3T
曽根崇仁 トヨタ
86
天野智之 トヨタ
ヴィッツRS
猪股寿洋 トヨタ
86
須藤浩志 スズキ
スイフトスポーツ
2016年 勝田範彦 スバル
WRX STI
柳澤宏至 プジョー
208 GTI R2
曽根崇仁 トヨタ
86
天野智之 トヨタ
ヴィッツRS
明治慎太郎 トヨタ
86
鈴木尚志 スズキ
スイフトスポーツ
2015年 新井敏弘 スバル
WRX STI
天野智之 トヨタ
ヴィッツGRMNターボ
石川昌平 スバル
BRZ
岡田孝一 マツダ
デミオ
高橋悟志 トヨタ
ヴィッツ RS
松田保夫 マツダ
RX-8
2014年 奴田原文雄 三菱
ランサーエボリューション
鎌田卓麻 スバル
BRZ
竹内源樹 スバル
BRZ
天野智之 トヨタ
ヴィッツRS
not held 中西昌人 ダイハツ
ストーリアX4
JN4 JN3 JN2 JN1.5 JN1
ドライバー 車種 ドライバー 車種 ドライバー 車種 ドライバー 車種 ドライバー 車種
2013年 勝田範彦 スバル
インプレッサ WRX STI
横尾芳則 トヨタ
86
川名賢 トヨタ
ヴィッツRS
not held 松岡竜也 ダイハツ
ストーリアX4
2012年 勝田範彦 スバル
インプレッサ WRX STI
眞貝 知志 ホンダ
インテグラ
天野智之 トヨタ
ヴィッツRS
山口貴利 ダイハツ
ストーリアX4
2011年 勝田範彦 スバル
インプレッサ WRX STI
牟田周平 プロトン
サトリアネオ
天野智之 トヨタ
ヴィッツRS
西山敏 日産
マーチ
2010年 勝田範彦 スバル
インプレッサ WRX STI
香川秀樹 ホンダ
インテグラ
天野智之 トヨタ
ヴィッツRS
中西真人 ダイハツ
ストーリアX4
2009年 奴田原文雄 三菱
ランサーエボリューション
村瀬太 ホンダ
シビックタイプR
田中伸幸 三菱
ミラージュ
大井こずゑ 三菱
コルト
西山敏 ホンダ
シティ
2008年 勝田範彦 スバル
インプレッサ WRX STI
森博喜 トヨタ
MR-S
山口清司 トヨタ
レビン
榊雅弘 三菱
コルト
廣瀬康宏 ホンダ
シティ
2007年 勝田範彦 スバル
インプレッサ WRX STI
榊雅弘 ホンダ
インテグラ
高橋悟志 トヨタ
レビン
not held 西山敏 ホンダ
シティ
Aクラス Bクラス Cクラス
駆動方式 ドライバー 車種 ドライバー 車種 ドライバー 車種
2005年 2WD 若槻幸治郎 日産・マーチ 横尾芳則 ホンダ・インテグラタイプR 大庭誠介 トヨタ・スターレット
4WD 小野寺清之 ダイハツ・ストーリアX4 原口真 スバル・インプレッサ 奴田原文雄 三菱・ランサーエボリューションVII
2004年 2WD 天野智之 ホンダ・シティ 飯泉忠男 ホンダ・インテグラタイプR 吉井崇博 トヨタ・スターレット
4WD 平塚忠博 ダイハツ・ストーリアX4 原口真 スバル・インプレッサ 奴田原文雄 三菱・ランサーエボリューションVII
2003年 2WD 天野智之 ホンダ・シティ 飯泉忠男 ホンダ・インテグラタイプR 長谷川哲 トヨタ・スターレット
4WD 小野寺清之 ダイハツ・ストーリアX4 大嶋治夫 スバル・インプレッサ 奴田原文雄 三菱・ランサーエボリューションVII
2002年 2WD 中西昌人 トヨタ・スターレット 飯泉忠男 ホンダ・シビック 高橋一志 トヨタ・セリカ
4WD 小野寺清之 ダイハツ・ストーリアX4 鎌田恭輔 三菱・ミラージュ スーパーR 奴田原文雄 三菱・ランサーエボリューションVII
2001年 2WD 高崎正博 日産・マーチ 丹波和彦 ホンダ・シビックタイプR 石田雅之 トヨタ・セリカ
4WD 平塚忠博 ダイハツ・ストーリアX4 鎌田豊 三菱・ミラージュ スーパーR 綾部美津雄 スバル・インプレッサ WRX
2000年 2WD 若槻幸治郎 日産・マーチ 高崎巧 日産・パルサー 長岩信二 トヨタ・スターレット
4WD 小野寺 清之 ダイハツ・ストーリアX4 鎌田豊 三菱・ミラージュ スーパーR 奴田原文雄 三菱・ランサーエボリューションV
1999年 2WD 高崎巧 日産・マーチ キットカー[9] 若槻幸治郎 日産・パルサー 高崎正博 日産・シルビア
4WD 粟津原豊 スズキ・アルトワークス 鎌田豊 三菱・ミラージュ スーパーR 奴田原文雄 三菱・ランサーエボリューションV
1998年 2WD 木村謙治 ダイハツ・ミラX2 高崎正博 日産・パルサー VZR-N1[9] 重田雅彦 トヨタ・スターレット
4WD 粟津原豊 スズキ・アルトワークス 鎌田豊 三菱・ミラージュ スーパーR 西尾雄次郎 スバル・インプレッサ WRX
1997年 2WD 若槻幸治郎 ダイハツ・ミラX2 木村謙治 三菱・ミラージュRS 重田雅彦 トヨタ・スターレット
4WD 粟津原豊 スズキ・アルトワークス 小林康弘 三菱・ミラージュRS 新井敏弘 スバル・インプレッサ WRX
1996年 2WD 高崎正博 日産・マーチ 宮部俊典 三菱・ミラージュRS 鷲見宏康 トヨタ・カローラレビン
4WD 榊雅広 スバル・ヴィヴィオ RX-RA 田口幸宏 三菱・ミラージュRS 桜井幸彦 スバル・インプレッサ WRX
1995年 2WD 高崎正博 日産・マーチ 金井雅志 三菱・ミラージュRS 木村謙治 三菱・ミラージュサイボーグRS
4WD 粟津原豊 スズキ・アルトワークスR 原口真 三菱・ミラージュ スーパーR 桜井幸彦 スバル・インプレッサ WRX
Aクラス Bクラス Cクラス
ドライバー 車種 ドライバー 車種 ドライバー 車種
1994年 粟津原豊 スズキ・アルトワークスR 鎌田豊 三菱・ミラージュ スーパーR 桜井幸彦 三菱・ランサーエボリューションII
1993年 粟津原豊 スズキ・アルトワークスR 奴田原文雄 三菱・ミラージュ 神岡政夫 スバル・インプレッサ WRX
1992年 堀田憲幸 ダイハツ・ミラ TR-XX 新井敏弘 いすゞ・ジェミニ イルムシャーR 西尾雄次郎 三菱・ギャラン VR-4
1991年 粟津原豊 スズキ・アルトワークス 坂昭彦 いすゞ・ジェミニ 山内伸弥 三菱・ギャラン VR-4
1990年 粟津原豊 スズキ・アルトワークス 坂昭彦 いすゞ・ジェミニ 綾部美津雄 カルソニックブルーバード SSS-R
1989年 粟津原豊 スズキ・アルトワークス 島田親吾 日産・マーチR 桜井幸彦 三菱・ギャラン VR-4
1988年 坂昭彦 スズキ・アルトワークス 田口盛一郎 三菱・ミラージュ 綾部美津雄 日産・ブルーバード SSS-R
1987年 島田親吾 日産・マーチ 西尾雄次郎 ホンダ・シビック Si 桜井幸彦 マツダ・ファミリア 4WD
1986年 吉武正博 日産・マーチ 田口盛一郎 トヨタ・スターレット 綾部美津雄 スバル・レオーネ 4WD
1985年 岡本忠雄 ダイハツ・シャレード 大桃千明 トヨタ・スターレット 神岡政夫 日産・フェアレディZ 300ZXターボ
1984年 日下部保雄 ダイハツ・シャレード 吉沢恒雄 トヨタ・スターレット 山内伸弥 三菱・ランサー
Aクラス Bクラス
ドライバー 車種 ドライバー 車種
1983年 辺見忠 トヨタ・スターレット 山内伸弥 三菱・ランサー GSRターボ
1982年 井上潔 トヨタ・スターレット 神岡政夫 三菱・ランサーターボ
1981年 田口盛一郎 トヨタ・スターレット 山内伸弥 いすゞ・ジェミニ
1980年 久野鋭治 トヨタ・スターレット 金子繁夫 いすゞ・ジェミニ

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ シリーズチャンピオンについても同様。
  2. ^ 興行のための統括団体
  3. ^ 拠点となる町の意味で、本部などが置かれる。
  4. ^ 1999年 - 2005年までツールド・九州 in 七山として開催されていたが、2006年に七山村が唐津市に編入合併されたため名称が変更された[3]
  5. ^ 1997年は佐賀県多久市、1998年は佐賀県富士町、1999 - 2005年は佐賀県七山村[3]
  6. ^ 2013年以降
  7. ^ 2011年、従来の“MSCC東京ラリー”から改名すると同時に開催時期を11月→6月に変更。JAF東日本ラリー選手権併催
  8. ^ 2011年以降
  9. ^ 2005年に九州南部を襲った台風により、使用していた林道などのコースが大きな被害を受けたため、隣町の美郷町に開催地を移し、2007年に“ひむかラリー in 美郷”として再スタートした[4]
  10. ^ 1986年から2005年まで椎葉村をホストタウンとして“ひえつきラリー”が開催されてきたが、2005年に九州南部を襲った台風により、使用していた林道などのコースが大きな被害を受けたため、隣町の美郷町に開催地を移した[4]
  11. ^ 一部ターマック
  12. ^ 2011年からは、FIA Asia-Pacific Rally Championshipが併催されている。
  13. ^ a b c 2012年以降
  14. ^ ラリー・イン・シリベシから移行。
  15. ^ Rally in Akaigawaの主催者が舞台を移して開催した[5]。2011年にARKラリー洞爺へ移行。
  16. ^ 2013年まではモントレー in 渋川として開催され、渋川市がホストタウンとなっていた[6]
  17. ^ 一部グラベル
  18. ^ 1998年 - 2006年の名称は、KIRORO Traverse Kamuiminndara
  19. ^ 2007年は、FMSC久留米 - 吉野ヶ里マウンテンラリーとして開催された。ホストタウンは福岡県久留米市
  20. ^ 2007年まではグラベル
  21. ^ JAF中部・近畿ラリー選手権併催
  22. ^ 名前の通り走行ペースのほか、コーナーの曲がり具合や進入速度、注意事項などが記載されている。
  23. ^ この際はシェイクダウン専用のコースを使用する。
  24. ^ 交通渋滞などで遅くなったもしくは早く着いてしまったなど、リエゾンで生じた誤差を正すのが目的。
  25. ^ 一定間隔で1台毎にスタートして区間タイムを競う。
  26. ^ 整備やセッティングなどの各種作業が許されるが制限時間がある。
  27. ^ JN1、JN2クラス用の独自規定。JAF登録も不要。
  28. ^ 2014年から導入された新規定で、2006年1月1日以降のJAF登録車両が対象。ほぼノーマル状態の車両となる。
  29. ^ 2013年から導入された新規定で、ほぼノーマル状態の車両となる。
  30. ^ 例として、スバル・インプレッサWRX STI(2007年)は本来の排気量は1997.8ccだが、排気量換算は3396.3ccとなる。
  31. ^ a b 2006年以降のJAF登録車両
  32. ^ ポイント数はWRCのパワーステージと同じだが、パワーステージは各DAYではなく、最終日の最終SSが対象。
  33. ^ 2WD車は従来の選手権にも参加可
  34. ^ WRCを始めとする国際ラリーは基本的にSSラリーの為、それに特化したドライバーが生まれていくが、アベレージ・ラリーはCP (チェックポイントと呼ばれるタイム計測地点) 通過時の正確性が最重要項目であり、速さ以外の要素で勝敗が決まることも多く、SSの速さを競うラリーとは似て非なるものとなってしまったことから、駆動方式の統合と共に全てSSラリーに変更され、国際ラリーとほぼ同じ競技にする事となった。

出典[編集]

関連項目[編集]