全日本剣道連盟杖道

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動: 案内検索

全日本剣道連盟杖道(ぜんにほんけんどうれんめいじょうどう)は、全日本剣道連盟1968年昭和43年)に制定した杖道

目次

概要[編集]

1956年(昭和31年)に神道夢想流杖術が全日本剣道連盟に加盟。神道夢想流杖術をもとに制定された。単独で行う「基本」と二人(打太刀仕杖)で行う「形」がある。共通形の制定により演武試合が可能となり、1974年(昭和49年)から全日本杖道大会が開催されている。段級位審査においても演武する。

全日本剣道連盟杖道 基本[編集]

  1. 本手打(ほんてうち)[右・左]
  2. 逆手打(ぎゃくてうち)[右・左]
  3. 引落打(ひきおとしうち)[右・左]
  4. 返し突(かえしづき)[右・左]
  5. 逆手突(ぎゃくてづき)
  6. 巻落(まきおとし)
  7. 繰付(くりつけ)
  8. 繰放(くりはなし)
  9. 体当(たいあたり)
  10. 突外打(つきはずしうち)
  11. 胴払打(どうばらいうち)
  12. 体外打(たいはずしうち)[右・左]

全日本剣道連盟杖道 形[編集]

  1. 着杖(つきづえ):正面を切り下げてくる太刀をかわし、小手を打つ。
  2. 水月(すいげつ):頭部を切ってくる太刀をかわして「みぞおち」を突き、太刀を打ち落とす。
  3. 引提(ひっさげ):斬りつけてくる太刀を制圧し、その後の攻撃を不能にする。
  4. 斜面(しゃめん):斬りつけてくる太刀をかわしてこめかみを打ち、さらに突く。
  5. 左貫(さかん):突いてくる太刀を杖で受け流して太刀を打つ。
  6. 物見(ものみ):斬りつけてくる太刀をかわして小手を打ち、さらに突く。
  7. 霞(かすみ):斬りつけてくる太刀をかわして体当たりし、さらにかわして繰り付けて突いて打つ。
  8. 太刀落(たちおとし):太刀をかわして頭を打ち、繰り付けて退いたところを突いて打つ。
  9. 雷打(らいうち):斬りつけてくる太刀を突き、かわして腹を突く。
  10. 正眼(せいがん):太刀の機先を制して打ち、退く太刀を突いて打つ。
  11. 乱留(みだれどめ):太刀を打ち、巻き落として体当たりして打つ。
  12. 乱合(らんあい):多くの技の総合して連携させた形。

全日本剣道連盟杖道称号・段位審査[編集]

(1)実技本数は下記のとおりとする。

受審段位 実施本数 技の指定
初段ないし三段 全剣連杖道5本 全剣連杖道の技をあらかじめ指定
四段および五段 全剣連杖道5本 全剣連杖道の技をあらかじめ指定
六段および七段 全剣連杖道6本 審査当日全剣連杖道の技を指定
八段 第一次:全剣連杖道6本/第二次:全剣連杖道6本 審査当日全剣連杖道の技を指定

(2)すべての段位審査において、全剣連杖道は交替して行わせる。

参考文献[編集]

関連項目[編集]