全日本大学対抗選手権自転車競技大会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動

文部科学大臣杯全日本大学対抗選手権自転車競技大会(ぜんにほんだいがくたいこうせんしゅけんじてんしゃきょうぎたいかい)は、日本学生自転車競技連盟主催、日本自転車競技連盟共催で行われる自転車競技大会である。他競技の同種大会と同様、「大学対抗(対校)」または「大学間」の英語 "intercollegiate" から「インカレ」と呼ばれる場合が多い。

歴史[編集]

創立記念大会は1936年10月24日に陸軍戸山学校大運動場で開催(第1回は1937年に芝公園で開催)。その後戦争による中止を経て毎年開催されている伝統ある大会である。

開催地は固定されておらず、公募を経て選定される。

大学対抗の選手権争奪戦であり、各個別種目の個人順位に与えられる点数を所属大学別に合計し、最も高得点の大学が選手権獲得校となる。男子選手権校には文部科学大臣杯と優勝旗、女子選手権校には優勝杯が授けられ、次回大会まで保持する権利が与えられる。各種目について個人賞もある。

2018年より10年間、特別賞としてロードレース優勝者(男女それぞれ)を擁する大学に高木秀彰賞が授与される[1]

種目(第75回大会以降)[編集]

  • 男子の部
    • 1kmタイムトライアル
    • スプリント
    • マディソン
    • ケイリン
    • 4kmインディビジュアルパシュート
    • タンデムスプリント
    • オムニアム[注 1]
    • チームスプリント
    • 4kmチームパシュート
    • 個人ロードレース
  • 女子の部
    • 500mタイムトライアル
    • スプリント
    • マディソン
    • 3kmインディビジュアルパシュート
    • オムニアム[注 1]
    • チームスプリント
    • 個人ロードレース

第73回大会まで実施されてきたポイントレースは同大会をもって廃止され、代わってマディソンとオムニアムが採用された[2][3][4]

歴代優勝校[編集]

年度 開催地 男子優勝 女子優勝[注 2]
創立記念 1936 東京 明治大学
1 1937 東京 明治大学
2 1937 東京 明治大学
3 1938 東京 慶應義塾大学
4 1939 埼玉 慶應義塾大学
5 1940 埼玉 早稲田大学
公開 1947 石川 法政大学
公開 1948 福岡 法政大学
公開 1949 東京 法政大学
6 1950 愛知 法政大学
7 1951 滋賀 法政大学
8 1952 埼玉 法政大学
9 1953 東京 法政大学
10 1954 神奈川 法政大学
11 1955 宮城 法政大学
12 1956 埼玉 法政大学
13 1957 愛知 日本大学
14 1958 宮城 中京大学
15 1959 東京 日本大学
16 1960 神奈川 日本大学
17 1961 滋賀 日本大学
18 1962 滋賀 日本大学
19 1963 宮城 日本大学
20 1964 愛知・福島 日本大学
21 1965 福島 日本大学
22 1966 徳島 日本大学
23 1967 福岡・静岡 日本大学
24 1968 神奈川・静岡 法政大学
25 1969 岩手 日本大学
26 1970 和歌山 日本大学
27 1971 福島 日本大学
28 1972 東京・静岡 日本大学
29 1973 新潟 日本大学
30 1974 静岡 法政大学
31 1975 青森 日本大学
32 1976 静岡 法政大学
33 1977 宮城 日本大学
33 1978 静岡 日本大学
35 1979 静岡 日本大学
36 1980 群馬 日本大学
37 1981 大分 法政大学
38 1982 静岡 なし[注 3]
39 1983 静岡 日本大学
40 1984 宮城 日本大学
41 1985 静岡 日本大学
42 1986 群馬 日本大学
43 1987 岩手 日本大学
44 1988 静岡 日本大学
45 1989 群馬 日本大学
46 1990 静岡 日本大学
47 1991 秋田 日本大学
48 1992 静岡 日本大学
49 1993 京都 日本大学
50 1994 群馬・栃木 日本大学
51 1995 青森 日本大学
52 1996 静岡 日本大学
53 1997 群馬 日本大学
54 1998 石川 日本大学
55 1999 静岡 日本大学 筑波大学
56 2000 青森 日本大学 筑波大学
57 2001 山形 日本大学 八戸大学
58 2002 静岡 日本大学 鹿屋体育大学
59 2003 長野 日本大学 順天堂大学
60 2004 滋賀 日本大学 鹿屋体育大学
61 2005 岩手 日本大学 鹿屋体育大学
62 2006 静岡 日本大学 鹿屋体育大学
63 2007 静岡 日本大学 鹿屋体育大学
64 2008 長野 日本大学 鹿屋体育大学
65 2009 静岡 日本大学 鹿屋体育大学
66 2010 青森 日本大学 鹿屋体育大学
67 2011 長野 日本大学 鹿屋体育大学
68 2012 鹿児島 日本大学 鹿屋体育大学
69 2013 青森 鹿屋体育大学 鹿屋体育大学
70 2014 静岡 鹿屋体育大学 日本体育大学
71 2015 長野 鹿屋体育大学 鹿屋体育大学
72 2016 静岡 鹿屋体育大学 鹿屋体育大学
73 2017 長野 日本大学 日本体育大学
74 2018 静岡・長野 日本大学 日本体育大学
75 2019 長野 中央大学 日本体育大学
2020[注 4] 長野・群馬
76 2021 長野・群馬 日本大学 鹿屋体育大学

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ a b 男女ともに、スクラッチ、テンポレース、エリミネイション、ポイントレースで行う。
  2. ^ 女子優勝は第55回大会より創設
  3. ^ 台風のため2レースで中止
  4. ^ 新型コロナウイルス感染症の影響により、第76回大会は名称を「2020全日本大学自転車競技大会」と改称し、選手権大会ではない形式で開催された[5]。なお、この大会に関しては開催回数に計上されず、文部科学大臣杯やチャンピオンジャージの授与、チーム成績の集計などは行われなかった[6]

出典[編集]

  1. ^ “高木秀彰賞の創設について”. 日本学生自転車競技連盟. (2018年8月25日). http://jicf.info/9614/ 2018年9月9日閲覧。 
  2. ^ “文部科学大臣杯 第 74 回 全日本大学対抗選手権自転車競技大会 大会要項” (プレスリリース), 日本学生自転車競技連盟, (2018年8月3日), https://jicf.info/hp/wp-content/uploads/2018/03/18ic_yoko_180803.pdf 2019年9月2日閲覧。 
  3. ^ “文部科学大臣杯 第 75 回 全日本大学対抗選手権自転車競技大会 大会要項” (プレスリリース), 日本学生自転車競技連盟, (2019年8月14日), https://jicf.info/hp/wp-content/uploads/2019/03/d1b173c41dd1ac9526d3722dee78be30.pdf 2019年9月2日閲覧。 
  4. ^ “インカレ開幕 トラック競技3種目で新記録誕生”. シクロワイアード. (2018年8月18日). https://www.cyclowired.jp/news/node/274171 2019年9月2日閲覧。 
  5. ^ 2020 全日本大学自転車競技大会”. 日本学生自転車競技連盟 (2020年8月23日). 2020年10月17日閲覧。
  6. ^ “当面の大会開催等について v11” (プレスリリース), 日本学生自転車競技連盟, (2020年8月23日), https://jicf.info/hp/wp-content/uploads/2020/09/taikaijoho20200823v11.pdf 2020年10月17日閲覧。 

参考文献[編集]

  1. ^http://www.remus.dti.ne.jp/~jicf/inc110901-4.pdf 2011年 文部科学大臣杯 第67回 全日本大学対抗選手権自転車競技大会 4頁 「8. 部旗等の持参について」、2012年9月取得
  2. ^http://jicf.sakura.ne.jp/sblo_files/jicfraceinfo/image/ic.rekidaiyushokoichiran_20120816.pdf 全日本大学対抗選手権自転車競技大会 歴代優勝者一覧、2012年9月取得

関連項目[編集]