全日本大学男子バレーボール東西選抜優勝大会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索

全日本大学男子バレーボール東西選抜優勝大会(ぜんにほんだいがくだんしバレーボールとうざいせんばつゆうしょうたいかい)は、2002年から始まった、夏の大学バレーボール男子王者決定戦である。

現在は、東西2大学ずつ出場して実施されている。2010年までは東西インカレバレーボール男子王座決定戦と呼ばれていたが、2011年より現在の呼称になった。

2013年3月5日、全日本大学バレーボール連盟は本大会の中止を公式サイトで公表した[1]

歴代優勝校[編集]

年度 優勝校
2002年 1 東海大学
2003年 2 筑波大学
2004年 3 筑波大学
2005年 4 筑波大学
2006年 5 東海大学
2007年 6 中央大学
2008年 7 東海大学
2009年 8 東海大学
2010年 9 東海大学
2011年 10 筑波大学
2012年 11 東海大学

脚注[編集]

  1. ^ 全日本大学バレーボール連盟. “全日本学連主催試合・共催試合の開催地について”. 2013年3月6日閲覧。