全日本社会人ハンドボール選手権大会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
全日本社会人ハンドボール選手権大会
開始年 1960年
主催 日本ハンドボール協会
全日本社会人ハンドボール連盟
前回優勝 男子:大崎電気
女子:北國銀行
備考 2010年までは全日本実業団ハンドボール選手権大会
テンプレートを表示

高松宮記念杯全日本社会人ハンドボール選手権大会(たかまつのみやきねんはい ぜんにほんしゃかいじんハンドボールせんしゅけんたいかい)は、日本ハンドボール協会・全日本社会人ハンドボール連盟主催で5月頃(年度によって変動あり)に開催されるハンドボール大会である。開催地は持ち回り。

社会人トップチームが集まり、予選トーナメント戦と勝ち上がったチームによる決勝リーグ戦を行い、夏のハンドボール王座を決定する。参加チームは日本ハンドボールリーグ所属チームに全日本社会人ハンドボールチャレンジ上位を加える。

歴史[編集]

実業団選手権[編集]

1960年12月に初の実業団大会として「高松宮賜杯 第1回全日本実業団ハンドボール選手権大会」が広島県広島市で開催された[1]。男子は6チームで開催されたものの、女子は愛知紡績しか出場を申し込んでおらず、開催は見送られた(1963年に愛知紡績が第1回優勝チームに認定された[2])。1962年2月の第2回大会から女子が参加[3]

1970年3月の第10回大会では、男子は前回大会のベスト8による高松宮杯リーグと32チームによる日本協会杯トーナメントが行われた[4]

1971年7月の第12回大会女子は韓国の白花醸造が特別参加し[5]1972年7月の第13回大会女子でも2年連続で参加した[6]

1970年代前半は開催地を転々とするサーキット方式の「日本実業団リーグ」として開催されていたが、1976年から日本リーグへ移行された[7]。同年の第17回は予選リーグと決勝リーグの方式に変更[8]。第18回からノックアウト方式に変更された。

1989年6月の第30回大会は予選リーグ・決勝リーグの方式が採用された[9]が、翌年の第31回大会ではノックアウト方式に再び変更。

1994年の第35回大会は中止となり、代替大会としてJBHプレジデントカップが開催された[10]

2001年の第42回大会は予選トーナメント・決勝リーグの方式を採用[11]。翌年の第43回大会では、男子は前回大会と同じ方式を採用したが、女子は予選リーグ・決勝トーナメントの方式を採用した[12]

2003年の第44回大会は男女ともに予選トーナメント・決勝リーグの方式が採用された[13]が、翌年の第45回大会から再び男子が予選トーナメント・決勝リーグの方式、女子は予選リーグ・決勝トーナメントの方式に変更された[14]

2006年の第47回大会では女子が5チームのみの参加となり、1回総当たりリーグ戦となった[15]

2010年の第51回大会では女子が予選リーグ・決勝トーナメントの方式に変更された[16]。同年度から全日本実業団ハンドボール連盟が全日本社会人ハンドボール連盟(2010年発足)の下部組織となり、同大会限りで「全日本実業団ハンドボール選手権大会」の終了と、次年度からは「全日本社会人ハンドボール選手権大会」へ改称されることが決定。また同大会の男子では一般クラブチームのHC山口が初参加した[17]

社会人選手権[編集]

2011年7月に「高松宮記念杯 第1回全日本社会人ハンドボール選手権大会」が北海道函館市で行われ、男子は予選トーナメント・決勝リーグの方式、女子は1回総当たりリーグ戦が採用された[18]

2012年の第2回大会から女子が予選リーグ・決勝トーナメントの方式に変更[19]

2014年の第4回大会で女子が予選トーナメント・決勝リーグの方式に変更された[20]が、翌年の第5回大会では再び予選リーグ・決勝トーナメントの方式となった[21]

2016年の第6回大会で女子が再び予選トーナメント・決勝リーグの方式へ変更[22]

歴代優勝[編集]

全日本実業団ハンドボール選手権大会[編集]

年度 男子 女子
開催地 優勝 決勝 準優勝 開催地 優勝 決勝 準優勝
1 1960年 広島市 大崎電気 (注釈1) 三菱レイヨン - 愛知紡績 (注釈2)
2 1961年 東京 大崎電気 32-11 住友化学菊本 東京 愛知紡績 (注釈1) 大崎電気
3 1962年 豊橋市 大崎電気 24-10 住友化学菊本 豊橋市 愛知紡績 13-8 大崎電気
4 1963年 大阪市 大崎電気 27-10 宗形製作所 大阪市 レナウン東京 11-10 大崎電気
5 1964年 大阪市 大崎電気 27-12 宗形製作所 大阪市 大崎電気 (注釈1) 大洋デパート
6 1965年 大阪市 大崎電気 23-14 千代田印刷機製造 大阪市 大洋デパート (注釈1) 田村紡績
7 1966年 名古屋市 大崎電気 26-12 住友化学菊本 名古屋市 田村紡績 (注釈1) 大崎電気
8 1967年 熊本市 大崎電気 21-15 住友化学菊本 熊本市 田村紡績 (注釈1) 大洋デパート
9 1968年 横浜市 大崎電気 24-17 三景 横浜市 大洋デパート (注釈1) 田村紡績
10 1969年 名古屋市 大崎電気 (注釈1) 三景 名古屋市 大洋デパート (注釈1) 大崎電気
11 1970年 横浜市 湧永薬品 15-11 大同製鋼 横浜市 大洋デパート (注釈1) 東京重機
12 1971年 名古屋市 大崎電気 (注釈1) 大同製鋼 熊本市 大洋デパート (注釈1) 東京重機
13 1972年 名古屋市 大同製鋼 (注釈1) 大崎電気 室蘭市 大洋デパート (注釈1) 東京重機
14 1973年 熊本市 大同製鋼 (注釈1) 本田技研 岐阜市 大洋デパート (注釈1) 東京重機
15 1974年 7都市 大同製鋼 (注釈1) 湧永薬品 盛岡市 東京重機 (注釈1) 日本ビクター
16 1975年 9都市 大同製鋼 (注釈1) 湧永薬品 7都市 田村紡績 (注釈1) 立石電機
17 1976年 東京 大同製鋼 (注釈1) 湧永薬品 名古屋市 立石電機 (注釈1) 日本ビクター
18 1977年 名古屋市 大同特殊鋼 20-14 湧永薬品 名古屋市 日本ビクター 9-8 日立栃木
19 1978年 大阪市 湧永薬品 13-8 大同特殊鋼 京都市 日本ビクター 10-7 北國銀行
20 1979年 名古屋市 大同特殊鋼 16-11 湧永薬品 甲府市 日本ビクター 13-11 ブラザー工業
21 1980年 大阪市 大同特殊鋼 19-13 湧永薬品 名古屋市 日本ビクター 19-18 ジャスコ
22 1981年 名古屋市 湧永薬品 17-16 大同特殊鋼 大阪市 立石電機 17-16 ジャスコ
23 1982年 大阪市 湧永薬品 20-9 大同特殊鋼 名古屋市 立石電機 22-13 ジャスコ
24 1983年 名古屋市 湧永製薬 20-17 大同特殊鋼 名古屋市 立石電機 20-17 ブラザー工業
25 1984年 大阪市 大同特殊鋼 20-16 本田技研鈴鹿 名古屋市 大崎電気 25-17 立石電機
26 1985年 名古屋市 大同特殊鋼 23-13 本田技研鈴鹿 大阪市 大崎電気 24-19 立石電機山鹿
27 1986年 大阪市 湧永製薬 23-16 大崎電気 名古屋市 日立栃木 23-21 立石電機山鹿
28 1987年 名古屋市 大崎電気 28-23 湧永製薬 大阪市 大崎電気 25-18 シャトレーゼ
29 1988年 大阪市 湧永製薬 23-19 大崎電気 半田市 大崎電気 37-27 大和銀行
30 1989年 4都市 湧永製薬 (注釈1) 本田技研鈴鹿 4都市 大崎電気 (注釈1) 日立栃木
31 1990年 名古屋市 湧永製薬 34-15 本田技研鈴鹿 大阪市 大崎電気 29-25 シャトレーゼ
32 1991年 大阪市 本田技研鈴鹿 25-12 大同特殊鋼 名古屋市 ジャスコ 23-22 ブラザー工業
33 1992年 名古屋市 本田技研 26-23 大崎電気 大阪市 ジャスコ 31-22 オムロン
34 1993年 大阪市 湧永製薬 26-13 本田技研 名古屋市 北國銀行 34-24 日立栃木
35 1994年 名古屋市 中村荷役 28-22 大崎電気 大阪市 大崎電気 31-21 オムロン
36 1995年 大阪市 湧永製薬 28-24 日新製鋼 名古屋市 大崎電気 30-29 日立栃木
37 1996年 熊本市 中村荷役 32-17 湧永製薬 熊本市 大崎電気 30-25 日立栃木
38 1997年 名古屋市 中村荷役 22-19 湧永製薬 大阪市 日立栃木 26-21 北國銀行
39 1998年 大阪市 湧永製薬 26-20 本田技研 名古屋市 イズミ 30-26 大崎電気
40 1999年 大阪市 湧永製薬 21-19 大同特殊鋼 大阪市 イズミ 28-27 大崎電気オーソル
41 2000年 名古屋市 湧永製薬 20-18 本田技研 名古屋市 オムロン 23-15 立山アルミ
42 2001年 山鹿市 湧永製薬 (注釈1) 本田技研 山鹿市 広島メイプルレッズ (注釈1) 北國銀行
43 2002年 福井市 大同特殊鋼 (注釈1) ホンダ 福井市 広島メイプルレッズ 25-17 シャトレーゼ
44 2003年 柏崎市 大同特殊鋼 (注釈1) ホンダ 柏崎市 広島メイプルレッズ (注釈1) シャトレーゼ
45 2004年 高知市 大崎電気 (注釈1) 湧永製薬 高知市 広島メイプルレッズ 26-21 オムロン
46 2005年 富山市 大同特殊鋼 (注釈1) 大崎電気 富山市 広島メイプルレッズ 35-22 オムロン
47 2006年 佐賀市 大同特殊鋼 (注釈1) 大崎電気 佐賀市 オムロン (注釈1) ソニーセミコンダクタ九州
48 2007年 花巻市 湧永製薬 (注釈1) 大崎電気 花巻市 オムロン (注釈1) 北國銀行
49 2008年 那覇市 大崎電気 (注釈1) 湧永製薬 那覇市 北國銀行 (注釈1) オムロン
50 2009年 名古屋市 大同特殊鋼 (注釈1) 大崎電気 名古屋市 オムロン (注釈1) 北國銀行
51 2010年 徳島市 大崎電気 (注釈1) 大同特殊鋼 徳島市 ソニーセミコンダクタ九州 27-26
(延長)
北國銀行
  • Note 1: リーグ戦で順位決定。
  • Note 2: 出場チームが愛知紡績のみだったため開催されず。1963年に愛知紡績が優勝チームに認定された。

全日本社会人ハンドボール選手権大会[編集]

年度 男子 女子
開催地 優勝 決勝 準優勝 開催地 優勝 決勝 準優勝
1 2011年 函館市 大同特殊鋼 (注釈3) トヨタ車体 函館市 北國銀行 (注釈3) オムロン
2 2012年 利府町 大崎電気 (注釈3) トヨタ車体 利府町 広島メイプルレッズ 31-28
(延長)
(7mTC)
オムロン
3 2013年 周南市 大同特殊鋼 (注釈3) 大崎電気 周南市 オムロン 23-17 北國銀行
4 2014年 名古屋市 トヨタ車体 (注釈3) 大崎電気 名古屋市 北國銀行 (注釈3) オムロン
5 2015年 富山市 大崎電気 (注釈3) トヨタ車体 富山市 北國銀行 25-18 オムロン
6 2016年 東根市 トヨタ車体 (注釈3) 大同特殊鋼 東根市 北國銀行 (注釈3) 広島メイプルレッズ
7 2017年 福井市 大同特殊鋼 (注釈3) トヨタ車体 福井市 北國銀行 (注釈3) ソニーセミコンダクタマニュファクチャリング
8 2018年 福井市 大崎電気 (注釈3) トヨタ車体 福井市 北國銀行 (注釈3) オムロン
9 2019年 福井市
永平寺町
大崎電気 (注釈3) トヨタ車体 福井市
永平寺町
北國銀行 (注釈3) ソニーセミコンダクタマニュファクチャリング
  • Note 3: リーグ戦で順位決定。

個人賞[編集]

MVP・新人賞・優秀監督[編集]

年度 男子 女子
MVP 新人賞 優秀監督賞 MVP 新人賞 優秀監督賞
全日本実業団ハンドボール選手権大会
44 2003年 日原一幸
(大同特殊鋼)
中谷哲也
(ホンダ)
冨本栄次
(大同特殊鋼)
呉成玉
(広島)
上町史織
(北國銀行)
林五卿
(広島)
45 2004年 中川善雄
(大崎電気)
宮﨑大輔
(大崎電気)
首藤信一
(大崎電気)
呉成玉
(広島)
東濱裕子
(オムロン)
林五卿
(広島)
46 2005年 末松誠
(大同特殊鋼)
中畠嘉之
(トヨタ紡織九州)
姜在源
(大同特殊鋼)
浅井友可里
(広島)
千葉歩
(ソニー)
林五卿
(広島)
47 2006年 白元喆
(大同特殊鋼)
富田恭介
(大同特殊鋼)
姜在源
(大同特殊鋼)
洪廷昊
(オムロン)
野路良子
(北國銀行)
黄慶泳
(オムロン)
48 2007年 下川真良
(湧永製薬)
新建二
(湧永製薬)
中山剛
(湧永製薬)
勝田祥子
(オムロン)
毛利久美
(三重)
黄慶泳
(オムロン)
49 2008年 宮﨑大輔
(大崎電気)
名嘉伸明
(湧永製薬)
- 田代ひろみ
(北國銀行)
藤井優
香川銀行
-
50 2009年 白元喆
(大同特殊鋼)
谷村遼太
(湧永製薬)
清水博之
(大同特殊鋼)
藤井紫緒
(オムロン)
村山絵理奈
(広島)
洪廷昊
(オムロン)
51 2010年 豊田賢治
(大崎電気)
樋口睦
(湧永製薬)
岩本真典
(大崎電気)
張素姫
(ソニー)
田口舞
(広島)
郭惠靜
(ソニー)
全日本社会人ハンドボール選手権大会
1 2011年 末松誠
(大同特殊鋼)
久保侑生
(大同特殊鋼)
清水博之
(大同特殊鋼)
横嶋かおる
(北國銀行)
山野由美子
(ソニー)
荷川取義浩
(北國銀行)
2 2012年 浦和克行
(大崎電気)
信太弘樹
(大崎電気)
岩本真典
(大崎電気)
堂面妙子
(広島)
田邉夕貴
(北國銀行)
呉成玉
(広島)
3 2013年 野村喜亮
(大同特殊鋼)
高景洙
(大同特殊鋼)
末松誠
(大同特殊鋼)
藤井紫緒
(オムロン)
原希美
(三重)
黄慶泳
(オムロン)
4 2014年 甲斐昭人
(トヨタ車体)
元木博紀
(大崎電気)
酒巻清治
(トヨタ車体)
河田知美
(北國銀行)
松村杏里
(広島)
荷川取義浩
(北國銀行)
5 2015年 木村昌丈
(大崎電気)
加藤芳規
(トヨタ車体)
岩本真典
(大崎電気)
横嶋彩
(北國銀行)
河嶋英里
(三重)
荷川取義浩
(北國銀行)
6 2016年 甲斐昭人
(トヨタ車体)
東江雄斗
(大同特殊鋼)
酒巻清治
(トヨタ車体)
横嶋彩
(北國銀行)
石井優花
(オムロン)
荷川取義浩
(北國銀行)
7 2017年 東江雄斗
(大同特殊鋼)
吉野樹
(トヨタ車体)
岸川英誉
(大同特殊鋼)
寺田三友紀
(北國銀行)
佐々木春乃
(北國銀行)
荷川取義浩
(北國銀行)
8 2018年 元木博紀
(大崎電気)
玉川裕康
(大崎電気)
岩本真典
(大崎電気)
横嶋彩
(北國銀行)
木村有沙
(広島)
荷川取義浩
(北國銀行)
9 2019年 東長濱秀希
(大崎電気)
田中圭
(湧永製薬)
岩永生
(大崎電気)
佐々木春乃
(北國銀行)
村松沙耶
(イズミ)
荷川取義浩
(北國銀行)

ベストセブン[編集]

年度 男女 受賞者
全日本実業団ハンドボール選手権大会
44 2003年 男子 吉井丈晴
(ホンダ)
南川裕隆
(大同特殊鋼)
金性憲
(大同特殊鋼)
斎藤康貴
(ホンダ)
鶴見拓
(ホンダ)
古家雅之
(湧永製薬)
豊田賢治
(大崎電気)
女子 細谷若菜
(シャトレーゼ)
青戸あかね
(広島)
杉本絵美
(広島)
林五卿
(広島)
藤浦美絵
(シャトレーゼ)
早船愛子
(シャトレーゼ)
金城晶子
(オムロン)
45 2004年 男子 濱口靖
(大崎電気)
宮﨑大輔
(大崎電気)
岩本真典
(大崎電気)
下川真良
(湧永製薬)
山口修
(湧永製薬)
金性憲
(大同特殊鋼)
呉相民
(アラコ九州)
女子 浅井友可里
(広島)
青戸あかね
(広島)
大前典子
(広島)
金鎭順
(広島)
坂元智子
(オムロン)
洪廷昊
(オムロン)
中村尚美
(北國銀行)
46 2005年 男子 白元喆
(大同特殊鋼)
李才佑
(大同特殊鋼)
高木尚
(大同特殊鋼)
太田芳文
(大崎電気)
宮﨑大輔
(大崎電気)
小薮憲次
(湧永製薬)
呉相民
(トヨタ紡織九州)
女子 杉本絵美
(広島)
青戸あかね
(広島)
金鎭順
(広島)
佐久川ひとみ
(オムロン)
洪廷昊
(オムロン)
田中美音子
(ソニー)
中村尚美
(北國銀行)
47 2006年 男子 高木尚
(大同特殊鋼)
山本琢央
(大同特殊鋼)
宮﨑大輔
(大崎電気)
猪妻正活
(大崎電気)
武藤剛
(湧永製薬)
東慶一
(湧永製薬)
呉相民
(トヨタ紡織九州)
女子 勝田祥子
(オムロン)
佐久川ひとみ
(オムロン)
田中美音子
(ソニー)
郭惠靜
(ソニー)
宮前薫
(北國銀行)
菅野喜恵
(広島)
山村美沙
(香川銀行)
48 2007年 男子 志水孝行
(湧永製薬)
古家雅之
(湧永製薬)
豊田賢治
(大崎電気)
宮﨑大輔
(大崎電気)
岸川英誉
(大同特殊鋼)
末松誠
(大同特殊鋼)
白元喆
(大同特殊鋼)
女子 佐久川ひとみ
(オムロン)
水野恵子
(オムロン)
洪廷昊
(オムロン)
小野澤香理
(北國銀行)
上町史織
(北國銀行)
田代ひろみ
(北國銀行)
長野かづさ
(ソニー)
49 2008年 男子 浦和克行
(大崎電気)
宮﨑大輔
(大崎電気)
東長濱秀作
(湧永製薬)
古家雅之
(湧永製薬)
猪妻正活
(大崎電気)
鶴見拓
(Honda)
富田恭介
(大同特殊鋼)
女子 田代ひろみ
(北國銀行)
東濱裕子
(オムロン)
上町史織
(北國銀行)
長野かづさ
(ソニー)
若松里佳
(北國銀行)
佐久川ひとみ
(オムロン)
高栖由香
(ソニー)
50 2009年 男子 東直明
(大同特殊鋼)
末松誠
(大同特殊鋼)
武田享
(大同特殊鋼)
浦和克行
(大崎電気)
猪妻正活
(大崎電気)
豊田賢治
(大崎電気)
東長濱秀作
(湧永製薬)
女子 藤井紫緒
(オムロン)
洪廷昊
(オムロン)
坂元智子
(オムロン)
田代ひろみ
(北國銀行)
上町史織
(北國銀行)
宮前薫
(北國銀行)
橋本寛子
(三重)
51 2010年 男子 浦和克行
(大崎電気)
宮﨑大輔
(大崎電気)
豊田賢治
(大崎電気)
末松誠
(大同特殊鋼)
岸川英誉
(大同特殊鋼)
渡久川兼太
(大同特殊鋼)
門山哲也
(トヨタ車体)
女子 中島亜樹
(ソニー)
高栖由香
(ソニー)
高橋恵
(ソニー)
上町史織
(北國銀行)
若松里佳
(北國銀行)
藤井紫緒
(オムロン)
塩田沙代
(香川銀行)
全日本社会人ハンドボール選手権大会
1 2011年 男子 野村喜亮
(大同特殊鋼)
東直明
(大同特殊鋼)
地引貴志
(大同特殊鋼)
東長濱秀希
(大崎電気)
小澤広太
(大崎電気)
門山哲也
(トヨタ車体)
高智海吏
(トヨタ車体)
女子 田代ひろみ
(北國銀行)
樋口真央
(北國銀行)
八十島智美
(北國銀行)
藤井紫緒
(オムロン)
高田裕梨
(オムロン)
宋海林
(広島)
錦織新
(ソニー)
2 2012年 男子 志水孝行
(湧永製薬)
千々波英明
(大同特殊鋼)
宮﨑大輔
(大崎電気)
樋口睦
(湧永製薬)
崎前博章
(トヨタ車体)
豊田賢治
(大崎電気)
富田恭介
(トヨタ車体)
女子 藤間かおり
(オムロン)
上町史織
(北國銀行)
宋海林
(広島)
藤井紫緒
(オムロン)
田邉夕貴
(北國銀行)
早川志歩
(広島)
高山智恵
(広島)
3 2013年 男子 久保侑生
(大同特殊鋼)
東長濱秀希
(大崎電気)
信太弘樹
(大崎電気)
今村彰伸
(豊田合成)
小澤広太
(大崎電気)
山城貴志
(大同特殊鋼)
加藤嵩士
(大同特殊鋼)
女子 藤間かおり
(オムロン)
宋海林
(広島)
石立真悠子
(オムロン)
横嶋彩
(北國銀行)
澤田智美
(オムロン)
鰍場雅予
(北國銀行)
横嶋かおる
(北國銀行)
4 2014年 男子 木村昌丈
(大崎電気)
岩永生
(大崎電気)
木切倉真一
(トヨタ車体)
棚原良
(琉球コラソン)
渡部仁
(トヨタ車体)
小澤広太
(大崎電気)
富田恭介
(トヨタ車体)
女子 寺田三友紀
(北國銀行)
藤井紫緒
(オムロン)
東濱裕子
(オムロン)
宋海林
(広島)
松村杏里
(広島)
鰍場雅予
(北國銀行)
横嶋かおる
(北國銀行)
5 2015年 男子 久保侑生
(大同特殊鋼)
信太弘樹
(大崎電気)
藤江恭輔
(大同特殊鋼)
石戸貴章
(トヨタ車体)
渡部仁
(トヨタ車体)
豊田賢治
(大崎電気)
加藤嵩士
(大同特殊鋼)
女子 藤間かおり
(オムロン)
吉田起子
(オムロン)
東濱裕子
(オムロン)
荒木美沙子
(香川銀行)
鰍場雅予
(北國銀行)
八十島智美
(北國銀行)
横嶋かおる
(北國銀行)
6 2016年 男子 久保侑生
(大同特殊鋼)
玉井宏章
(トヨタ自動車東日本)
津屋大将
(トヨタ車体)
信太弘樹
(大崎電気)
渡部仁
(トヨタ車体)
藤本純季
(トヨタ車体)
朴重奎
(大同特殊鋼)
女子 寺田三友紀
(北國銀行)
笠木美希
(広島)
塩田沙代
(北國銀行)
多田仁美
(三重)
池原綾香
(三重)
河田知美
(北國銀行)
角屋里帆
(広島)
7 2017年 男子 田中雄大
(大同特殊鋼)
朴重奎
(大同特殊鋼)
津屋大将
(トヨタ車体)
藤江恭輔
(大同特殊鋼)
ウーゴ・ロペス
(豊田合成)
元木博紀
(大崎電気)
杉岡尚樹
(トヨタ車体)
女子 飛田季実子
(ソニー)
山野由美子
(ソニー)
多田仁美
(三重)
横嶋彩
(北國銀行)
高山智恵
(広島)
池原綾香
(三重)
河田知美
(北國銀行)
8 2018年 男子 柴山裕貴博
(大崎電気)
植垣健人
(大崎電気)
甲斐昭人
(トヨタ車体)
吉野樹
(トヨタ車体)
東江雄斗
(大同特殊鋼)
池辺大貴
(大同特殊鋼)
朴永吉
(トヨタ紡織九州)
女子 寺田三友紀
(北國銀行)
秋山なつみ
(北國銀行)
角南唯
(北國銀行)
河田知美
(北國銀行)
吉田起子
(オムロン)
永田しおり
(オムロン)
鈴木理紗
(ソニー)
9 2019年 男子 木村昌丈
(大崎電気)
信太弘樹
(大崎電気)
元木博紀
(大崎電気)
吉野樹
(トヨタ車体)
杉岡尚樹
(トヨタ車体)
藤江恭輔
(大同特殊鋼)
橋本明雄
(豊田合成)
女子 寺田三友紀
(北國銀行)
秋山なつみ
(北國銀行)
永田美香
(北國銀行)
河田知美
(北國銀行)
金茶榮
(ソニー)
谷華花
(ソニー)
吉田起子
(オムロン)

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 機関紙 - No.005 1961年2月号 日本ハンドボール協会
  2. ^ 機関紙 - No.013 1963年3月号 日本ハンドボール協会
  3. ^ 機関紙 - No.009 1962年2月号 日本ハンドボール協会
  4. ^ 機関紙 - No.073 1970年3月号 日本ハンドボール協会
  5. ^ 機関紙 - No.088 1971年7月号 日本ハンドボール協会
  6. ^ 機関紙 - No.100 1972年8月号 日本ハンドボール協会
  7. ^ 機関紙 - No.132 1975年7月号 日本ハンドボール協会
  8. ^ 機関紙 - No.141 1976年5月号 日本ハンドボール協会
  9. ^ 機関紙 - No.286 1989年6月号 日本ハンドボール協会
  10. ^ 機関紙 - No.341 1994年5月号 日本ハンドボール協会
  11. ^ 機関紙 - No.422 2001年9月号 日本ハンドボール協会
  12. ^ 高松宮杯第43回全日本実業団ハンドボール選手権大会 日本ハンドボール協会
  13. ^ 高松宮記念杯第44回全日本実業団ハンドボール選手権大会 日本ハンドボール協会
  14. ^ 高松宮記念杯第45回全日本実業団ハンドボール選手権大会 日本ハンドボール協会
  15. ^ 高松宮記念杯第47回全日本実業団ハンドボール選手権大会 日本ハンドボール協会
  16. ^ 高松宮記念杯第51回全日本実業団ハンドボール選手権大会 日本ハンドボール協会
  17. ^ 機関紙 - No.512 2010年9月号 日本ハンドボール協会
  18. ^ 高松宮記念杯 第1回全日本社会人ハンドボール選手権大会 日本ハンドボール協会
  19. ^ 高松宮記念杯 第2回全日本社会人ハンドボール選手権大会 日本ハンドボール協会
  20. ^ 高松宮記念杯 第4回全日本社会人ハンドボール選手権大会 日本ハンドボール協会
  21. ^ 高松宮記念杯 第5回全日本社会人ハンドボール選手権大会 日本ハンドボール協会
  22. ^ 高松宮記念杯 第6回全日本社会人ハンドボール選手権大会 日本ハンドボール協会

関連項目[編集]