全日本9人制バレーボール実業団選手権

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
全日本9人制バレーボール実業団選手権大会
開始年 1948
主催 日本バレーボール協会
日本実業団バレーボール連盟
参加チーム数 男子:
女子:
加盟国 日本の旗 日本
前回優勝 男子:住友電工(7回目)
女子:富士通テン(5回目)
最多優勝 男子:富士通(9回)
女子:群馬銀行(11回)
サイト http://www.jva.or.jp/in_japan/
テンプレートを表示

全日本9人制バレーボール実業団選手権(ぜんにほん 9にんせいバレーボールじつぎょうだんせんしゅけん)は、1948年から開催されている実業団チームによる9人制バレーボールの日本選手権大会である。正式名称は、男子が全日本9人制バレーボール実業団男子選手権、女子が全日本9人制バレーボール実業団女子選手権。

概要[編集]

2013年現在も開催されている実業団チームによる9人制バレーボールのメジャー大会である。

戦後の混乱から立ち直りつつあった1948年に、全日本大学男子選手権全日本高校選手権などとともに、全日本実業団男女東西対抗戦が開催された。東部実業団および西部実業団の代表チームが、同年7月4日に西宮市で対戦している。

翌1949年、これまで東西で開催された実業団選手権を統合し、実質的に第1回目となる大会が「全日本バレーボール実業団選手権」として富山市で開催された。

1961年に「全日本6人制バレーボール実業団選手権」開催されたことに伴い、大会名称を「全日本9人制バレーボール実業団選手権」に改称した。なお全日本6人制バレーボール実業団選手権はのちに全日本都市対抗バレーボール優勝大会と併催となっている。

参加チーム[編集]

2013年度大会における参加資格は、オープン大会ではなく下記の選抜された男子64チーム[1]、女子25チーム[2]

  1. 前年度優勝チーム
  2. 主催団体による推薦チーム
  3. 都道府県代表チーム(複数代表の都道府県あり)
  4. 4とは別に開催地のチーム

試合方式[編集]

2013年度の男子大会の試合方式は下記の通り。

  1. 1グループ4チーム×16グループにてグループ戦を行う。
  2. グループ戦を勝ち抜いた48チームによりノックアウト方式のトーナメント戦を行う。三位決定戦は行わない。

歴史[編集]

  • 1948年 全日本実業団男女東西対抗戦が開催される。
  • 1949年 東部実業団選手権と西部実業団選手権を統合し、実質的な第1回大会が開催される。
  • 1961年 全日本6人制バレーボール実業団選手権の開催に伴い、大会名を全日本9人制バレーボール実業団選手権に改称。

歴代優勝/準優勝チーム[編集]

年度 男子 女子
優勝 準優勝 優勝 準優勝
1948 1 麻生鉱業 昭和電工富山 プレ 日紡尼崎 鐘紡大井
1949 2 麻生鉱業 東洋レーヨン 1 鐘紡大井 鐘紡淀川
1950 3 八幡製鐡 麻生鉱業 2 倉紡万寿 日紡足利
1951 4 八幡製鐡 小倉製鋼 3 日紡足利 倉紡万寿
1952 5 小倉製鋼 八幡製鐡 4 日紡足利 鐘紡四日市
1953 6 小倉製鋼 東レ九鱗会 5 日紡足利 倉紡万寿
1954 7 住友小倉 日本鋼管 6 鐘紡四日市 倉紡津
1955 8 住友小倉 三井田川 7 日紡貝塚 倉紡津
1956 9 帝人三原 東レ九鱗会 8 倉紡倉敷 日紡貝塚
1957 10 松下電器 八幡製鐡 9 鐘紡四日市 倉紡津
1958 11 八幡製鐡 東レ九鱗会 10 日紡貝塚 倉紡倉敷
1959 12 八幡製鐡 松下電器 11 倉紡倉敷 日紡貝塚
1960 13 日本鋼管 松下電器 12 倉紡倉敷 日紡貝塚
1961 14 日本鋼管 松下電器 13 倉紡倉敷 日紡貝塚
1962 15 八幡製鐡 帝人三原 14 倉紡倉敷 ヤシカ諏訪
1963 16 住友金属 東レ愛媛 15 日本鋼管 林兼産業
1964 17 住友金属小倉 富士フイルム 16 東邦レース 林兼産業
1965 18 シチズン時計 東洋工業 17 電々神戸 東邦レース
1966 19 日本ビクター 日立国分 18 電々神戸 電々神戸
1967 20 住金和歌山 日本カーバイト 19 明治生命 八幡製鐵堺
1968 21 富士フイルム 住金和歌山 20 日清紡本社 自衛隊大宮
1969 22 富士鉄名古屋 九州電力福岡 21 三菱重工京都 宇部興産
1970 23 日本精工 九州電力福岡 22 三菱電機伊丹 三菱重工京都
1971 24 新日本製鐡名古屋 日産ディーゼル 23 日清紡能登川 市川毛織
1972 25 住友金属紫泉会 森永製菓鶴見 24 電々岡山 日清紡針崎
1973 26 岩崎通信機 東亜合成名古屋 25 日清紡能登川 日清紡富山
1974 27 日本光学 九州電力福岡 26 海南鋼管 日清紡美合
1975 28 東芝鶴見 日本光学 27 富士電機川崎 住友海南鋼管
1976 29 日本光学 岩崎通信機 28 久光製薬 日新電機京都
1977 30 専売東京 日本光学工業 29 富士電機川崎 中勢病院鹿和会
1978 31 専売東京 専売九州 30 石川島播磨重工 宮崎マツダ
1979 32 専売九州 東武信用金庫 31 石川島播磨重工 富士電機川崎
1980 33 専売九州 東武信用金庫 32 富士通小山 フコク生命
1981 34 専売東京 専売九州 33 日清紡能登川 石川島播磨重工
1982 35 専売九州 専売東京 34 群馬銀行 西日本相互銀行
1983 36 専売九州 電々岡山 35 群馬銀行 西日本相互銀行
1984 37 三菱電機 東京電力埼玉 36 群馬銀行 三菱電機紅菱会
1985 38 三菱電機 住友電工 37 群馬銀行 山梨中央銀行
1986 39 三菱電機 日本精工 38 山梨中央銀行 セイコー京葉
1987 40 三菱電機 富士通 39 山梨中央銀行 琉球銀行
1988 41 三菱電機 日本たばこ山形 40 群馬銀行 琉球銀行
1989 42 住友電工 JT福岡 41 群馬銀行 琉球銀行
1990 43 富士通 JT福岡 42 群馬銀行 山梨中央銀行
1991 44 ヤマハ 横河電機 43 神奈川中央交通 富士電機
1992 45 富士通 JT東京 44 神奈川中央交通 西日本銀行
1993 46 富士通 ヤマハ 45 百十四銀行 群馬銀行
1994 47 富士通 住友電工 46 富士電機 西日本銀行
1995 48 富士通 JT東京 47 富士電機 群馬銀行
1996 49 富士通 JT東京 48 神奈川中央交通 石川島播磨重工
1997 50 住友電工 JT東京 49 群馬銀行 神奈川中央交通
1998 51 住友電工 富士通 50 群馬銀行 神奈川中央交通
1999 52 住友電工 富士通 51 神奈川中央交通 群馬銀行
2000 53 富士通 住友電工 52 群馬銀行 山梨中央銀行
2001 54 JT東京 住友電工 53 群馬銀行 松下電池工業
2002 55 東北リコー 沖縄銀行 54 石川島播磨重工 群馬銀行
2003 56 中部徳洲会病院 北陸電力 55 石川島播磨重工 セイコーエプソン
2004 57 住友電工 中部徳洲会病院 56 パイオニア所沢 マツダ
2005 58 中部徳洲会病院 富士通 57 パイオニア所沢 松下電池工業
2006 59 中部徳洲会病院 住友電工 58 パイオニア所沢 群馬銀行
2007 60 富士通 中部徳洲会病院 59 富士通テン 山梨中央銀行
2008 61 富士通 日本精工 60 富士通テン 山梨中央銀行
2009 62 日本精工 住友電工 61 パナソニックエナジー 群馬銀行
2010 63 住友電工 横河電機 62 パイオニア パナソニックエナジー
2011 64 中部徳洲会病院 住友電工 63 パナソニックエナジー 富士通テン
2012 65 中部徳洲会病院 住友電工 64 パナソニックエナジー 富士通テン
2013 66[3] 中部徳洲会病院 JR九州 65[4] 富士通テン 群馬銀行
2014 67[5] 中部徳洲会病院 住友電工 66[6] 富士通テン イビデン
2015 68[7] 中部徳洲会病院 住友電工 67[8] パナソニックESブルーベルズ イビデン
2016 69[9] 住友電工 富士通 68[10] 富士通テン パナソニックESブルーベルズ
2017 70 中部徳洲会病院 サンデン・ホールディングス 69 パナソニックESブルーベルズ 富士通テン

脚注[編集]

参考文献[編集]

関連項目[編集]