全日空整備

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
全日空整備株式会社
ANA AIRCRAFT MAINTENANCE CO.,LTD.
All Nippon Airways Logo.svg
種類 株式会社
本社所在地 日本の旗 日本
560-8548[1]
大阪府豊中市箕輪3-8-1
設立 1970年4月10日
事業内容 航空機の整備・修理および改造、航空機乗務員の訓練機器の保守・整備・開発
代表者 代表取締役社長 泉 弘毅
資本金 1億円
従業員数 422名(2011年4月1日時点)
外部リンク http://www.anam.co.jp/
テンプレートを表示

全日空整備株式会社(ぜんにっくうせいび、ANA AIRCRAFT MAINTENANCE CO.,LTD.)は、かつて存在した全日本空輸(ANA)の航空機整備部門に属するグループ会社。

1970年4月10日に会社設立。主な業務は全日空が所有する機体の定時整備、ペイント、修理、改修作業、整備時に使用する器具の整備事業、また乗員訓練用のフライトシミュレータの整備を行う。

2012年10月1日にANAテクノアビエーション株式会社・ANAエアフレームテクニクス株式会社と合併し、ANAベースメンテナンステクニクス株式会社となったが、新設合併のため、全日空整備の法人格は消滅した。

会社概要[編集]

所在地

沿革[編集]

  • 1970年4月10日 - 会社設立
  • 1971年6月 - 航空機修理事業認可取得
  • 1977年3月 - シミュレーター事業所を大阪に開設、同時にYS-11型フライトシミュレーター保守整備を開始
  • 1977年4月 - 整備機数1,000機達成
  • 1982年3月 - 整備機数2,000機達成
  • 1986年10月 - 関連会社に株式会社愛航を設立
  • 1987年10月 - 整備機数3,000機達成
  • 1991年5月 - 東京ヘリポート内に小型機事業部東京事業所を開設
  • 1991年5月 - 国際協力事業団国際緊急援助隊に参加
  • 1992年12月 - 小型機整備機数1,000機達成
  • 1995年1月 - 阪神淡路大震災における各消防防災ヘリコプターの運航支援実施
  • 1995年6月 - 全日空マリンジャンボジュニア(ボーイング767-300型機)ペイント実施
  • 1997年6月 - YS-11A型機の埼玉県所沢市航空記念公園への展示作業受託
  • 1999年2月 - 世界初のボーイング767型機STRUT MODを実施
  • 2000年10月 - 整備機数4,000機達成
  • 2000年11月 - ライン定例整備受託開始
  • 2002年4月 - 株式会社愛航がエーエヌエーテクノアビエーション株式会社に社名変更。
  • 2002年6月 - 全日空ロゴマークペイント第一号機(ボーイング777型機)へのペイント実施
  • 2004年6月 - ヘリコプター部が全日空第2格納庫内に移転
  • 2009年7月 - ヘリコプター部門を分社化、ユーロコプタージャパンT&Eとして業務開始
  • 2012年10月 - 全日空整備株式会社・ANAテクノアビエーション株式会社・ANAエアフレームテクニクス株式会社は新設合併し、ANAベースメンテナンステクニクス株式会社が発足。 

関連会社[編集]

  • エーエヌエーテクノアビエーション
  • ユーロコプタージャパンT&E

脚注[編集]

[ヘルプ]