全研本社

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
全研本社株式会社
ZENKEN CORPORATION
Zenkenplaza.jpg
種類 株式会社
略称 ZENKEN
本社所在地 日本の旗 日本
160-8361
東京都新宿区西新宿1-4-11[1]
設立 1975年5月2日[1]
業種 情報・通信業
法人番号 4011101011096
事業内容 インターネットソリューション事業
語学支援事業
婚活支援事業
採用支援事業
代表者 林順之亮(代表取締役社長)
資本金 56,050,000円[1]
売上高 5,500,000,000円
純利益 6億3900万円(2018年06月30日時点)[2]
純資産 75億2500万円(2018年06月30日時点)[2]
総資産 129億7200万円(2018年06月30日時点)[2]
従業員数 1,380人[1]
外部リンク https://www.zenken.co.jp
テンプレートを表示

全研本社株式会社(ぜんけんほんしゃ、英: ZENKEN CORPORATION)は、ITソリューション事業と語学事業を主な事業領域としている東京都新宿区に本社を置く日本の企業。

概要[編集]

1975年に創業され、1970年代より子ども向け英会話教室「ワールド学院」「ミネルヴァ学院」「ジュニアジャンプ学院」を日本全国に展開[3]。1978年に高校生向け「大学受験チャレンジコース」、1981年に高校入試教材「進学ゼミ」を発売[3]。1996年に就職活動を学生に教える「就職の学校」事業を始めた。 同年リンガフォン・ジャパン(㈱)の筆頭株主となり、社会人向け英会話事業を開始する。1991年ダイヤモンド社と業務提携しFP(ファイナンシャルプランナー)事業を開始し、社会人向け資格取得プログラムの開発、普及をはじめ、幼児から社会人までの生涯教育事業を幅広く展開する。

語学事業においては、2001年創業より全国展開していた子ども英会話事業を会社分割しゼンケンオール株式会社を設立し2005年6月にヘラクレス株式上場。1998年「リンガフォンアカデミー」を開校。・2005年「L-One」を開校。2014年には、日本国内がグローバル化する兆しを捉え、より実践的な語学レッスンを提供する「英会話リンゲージ」を開校し社会人向け英会話スクール事業を展開している。2004年米国大学スカラーシップ協会の総代理店に指名され留学斡旋事業を開始する。2006年企業向け語学研修事業に進出する。2017年10月グローバルインバウンドの加速を見据え、「リンゲージ日本語学校」を開校する。

ITソリューション事業においては、2000年をインターネット元年と位置付け、インターネット事業に本格進出。小中学生を対象とした専任講師とインターネットの融合型学習塾創才学院(現在のZ-NET SCHOOL)を開設。2006年健康美容事業をスタート。健康・美容業界の商取引サイトの運営、求人サイトを展開。また、WEBサイトの作成・運用等、総合的なIT戦略を構築し全研の主力事業として全国展開している。 2013年英会話Skypeレッスン「リンゲージ スピーク」事業開始。2018年グローバルインバウンドを掲げ、外国人人材の紹介事業ダイバーシティ事業部を設立。

沿革[編集]

https://www.zenken.co.jp/company/history.html

本社・支社・事業部・グループ企業[編集]

区分 支社/事業部/グループ企業
本社 東京都新宿区西新宿
支店 リンゲージ事業本部 コーポレート名古屋(愛知県 名古屋市)
リンゲージ事業本部 コーポレート大阪(大阪府 大阪市) 
eマーケティング事業本部沖縄オフィス(沖縄県 那覇市)
英会話スクール 新宿本校(東京都 新宿区)
渋谷校(東京都 渋谷区)
丸の内校(東京都 千代田区)
有楽町校(東京都 中央区)
池袋校(東京都 豊島区)
横浜校(神奈川県 横浜市)
株式会社サイシード 東京都新宿区西新宿

脚注[編集]

  1. ^ a b c d 全研本社 会社概要
  2. ^ a b c 全研本社株式会社 第42期決算公告
  3. ^ a b 全研本社 沿革