全米オープン (テニス)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
全米オープン
公式サイト
開催国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
ニューヨーククイーンズ区
開催会場 USTAビリー・ジーン・キング・ナショナル・テニス・センター
サーフェス 芝 / 屋外 (1881–1974)
クレー / 屋外 (1975–1977)
ハード / 屋外 (1978–現在)
男子ドロー 128S / 128Q / 64D
女子ドロー 128S / 128Q / 64D
混合ドロー 32
賞金総額 US$53,402,000 (2020)[1]
グランドスラム

全米オープン(英語:US Open)は、アメリカニューヨーク市郊外にあるフラッシング・メドウズUSTAビリー・ジーン・キング・ナショナル・テニス・センターを会場として、毎年8月の最終月曜日から2週間の日程で行われる4大国際大会の一つである。主催および運営は全米テニス協会(USTA)[2]

全米オープンのセンターコート (2018年)。「アーサー・アッシュ・スタジアム」の名前がある。

歴史[編集]

全米オープンの歴史は1881年に全米選手権の第1回がアマチュア大会として開催された事に始まる。出場資格はアメリカ・ナショナル・ローンテニス協会に加盟するテニスクラブ会員にのみ与えられ、男子シングルス部門と男子ダブルス部門が行われた。その後、全米女子選手権が1887年にフィラデルフィア・クリケット・クラブで開催され、1889年に女子ダブルス部門を、1892年には混合ダブルス部門を追加しながら開催地を転々とする。1942年第二次世界大戦の影響を受けて5部門の会場をニューヨーククイーンズ区のフォレストヒルズ(Forest Hills)にあるウェストサイド・テニスクラブにまとめられ、終戦後の1947年以降は各部門の会場が全米に散らばった。

1968年、全米選手権にプロ選手への開放を示すオープン化措置が実施され、全米オープンが誕生した。この大会から会場が再びウェストサイド・テニスクラブにまとめられ、以降5部門共催が続く。1975年、イレギュラーバウンドが不評であった天然芝コートが、Har-Tru グリーンクレー(緑土、アメリカンクレー)コートに変更された。

やがて、年々増加する観客の収容にウェストサイド・テニスクラブが対応しきれなくなり、全米テニス協会は会場の移転を決断。当時、協会会長を務めていたウィリアム・ヘスター(William Hester)の命を受けて、1977年ニューヨーククイーンズ区のフラッシング・メドウにUSTAナショナルテニスセンターを建設。サーフェスもクレーコートからハードコートに変更した上で翌1978年に会場を移転した。

1997年、USTAナショナル・テニス・センターに、新しく2万人以上を収容できる世界最大のテニス・スタジアムが建設され、全米オープン初代優勝者の名を取ってアーサー・アッシュ・スタジアムと命名された。1996年までセンター・コートとして用いられたコートにはルイ・アームストロング・スタジアム英語版と名付けられた。

ルイ・アームストロング・スタジアム (2018年)

2016年はアーサー・アッシュ・スタジアムに開閉式屋根が設置され、8,125人を収容するグランドスタンド英語版が新たに建設された[3]。また、ルイ・アームストロング・スタジアムと古いグランドスタンドが解体された[4]2018年には14,000席を擁するルイ・アームストロング・スタジアム英語版が完成した[5]

2020年COVID-19の影響により無観客で行われる[6]

過去10年のシングルス優勝者[編集]

男子 女子 備考
2010年 スペインの旗 ラファエル・ナダル ベルギーの旗 キム・クライシュテルス ナダルが、キャリア・グランドスラム達成(「24歳102日」は、オープン化以降では最年少の記録)[7]
2011年 セルビアの旗 ノバク・ジョコビッチ オーストラリアの旗 サマンサ・ストーサー
2012年 イギリスの旗 アンディ・マリー アメリカ合衆国の旗 セリーナ・ウィリアムズ
2013年 スペインの旗 ラファエル・ナダル アメリカ合衆国の旗 セリーナ・ウィリアムズ 大会日程が史上最長の15日間となった[要出典]
2014年 クロアチアの旗 マリン・チリッチ アメリカ合衆国の旗 セリーナ・ウィリアムズ 錦織圭が男子シングルスでアジア選手として初の決勝進出[8]
2015年 セルビアの旗 ノバク・ジョコビッチ イタリアの旗 フラビア・ペンネッタ
2016年 スイスの旗 スタン・ワウリンカ ドイツの旗 アンゲリク・ケルバー
2017年 スペインの旗 ラファエル・ナダル アメリカ合衆国の旗 スローン・スティーブンス
2018年 セルビアの旗 ノバク・ジョコビッチ 日本の旗 大坂なおみ 大坂が日本選手初となるシングルスでの4大大会優勝[9]
2019年 スペインの旗 ラファエル・ナダル カナダの旗 ビアンカ・アンドレースク

記録[編集]

優勝回数ランキング[編集]

選手 回数
アメリカ合衆国の旗 ビル・チルデン 7
アメリカ合衆国の旗 リチャード・シアーズ
アメリカ合衆国の旗 ウィリアム・ラーンド
アメリカ合衆国の旗 ジミー・コナーズ 5
アメリカ合衆国の旗 ピート・サンプラス
スイスの旗 ロジャー・フェデラー

テレビ放送[編集]

2019年現在、アメリカではESPNが、日本ではWOWOWが放送している[10]。2015年以降、ESPNがアメリカでの独占放映権を獲得。1968年よりシングルス決勝などを放送していたCBSは、2014年大会を最後に撤退した[11][12]

脚注[編集]

  1. ^ 2020 US Open Prize Money”. usopen.org. 2020年8月6日閲覧。
  2. ^ How the USTA works for you”. usta.com. 2020年6月15日閲覧。
  3. ^ 全米OP会場に開閉式の屋根完成、式典ではトラブルも”. afpbb.com (2016年8月3日). 2020年4月25日閲覧。
  4. ^ 全米OP会場に大掛かりな変革”. tennis365.net (2016年3月1日). 2020年4月25日閲覧。
  5. ^ New Louis Armstrong Stadium officially opened”. usopen.org (2018年8月22日). 2020年4月25日閲覧。
  6. ^ 全米OPが予定通りの開催を正式発表、前哨戦もNYで”. afpbb.com (2020年6月17日). 2020年8月6日閲覧。
  7. ^ ナダル全米初V 史上7人目生涯グランドスラム”. sponichi.co.jp (2010年9月15日). 2020年6月15日閲覧。
  8. ^ 錦織「落ち着いている」 日本男子初の決勝進出”. nikkei.com (2014年9月7日). 2020年6月15日閲覧。
  9. ^ 大坂が日本勢初の四大大会制覇 全米テニス”. nikkei.com (2018年9月9日). 2020年6月15日閲覧。
  10. ^ International TV Schedule”. usopen.org. 2020年4月25日閲覧。
  11. ^ ESPN Set to Take Over Full Coverage of U.S. Open Tennis”. nytimes.com (2013年5月16日). 2020年4月25日閲覧。
  12. ^ US Open tennis on ESPN exclusively starting in 2015”. espn.com (2013年5月17日). 2020年4月25日閲覧。

関連項目[編集]