全米映画俳優組合賞 助演男優賞

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動: 案内, 検索

全米映画俳優組合賞助演男優賞Screen Actors Guild Award for Outstanding Performance by a Male Actor in a Supporting Role)は、映画俳優組合が映画男優に贈る賞である。

目次

統計

最高記録 主演男優 助演男優 総計
最多受賞者 ダニエル・デイ=ルイス 2 1 ダニエル・デイ=ルイス 2
最多候補者 ラッセル・クロウショーン・ペン 4 クリス・クーパー 3 ラッセル・クロウショーン・ペン 4
受賞経験無しの最多候補者 ジョージ・クルーニーレオナルド・ディカプリオロバート・デュヴァルモーガン・フリーマンライアン・ゴズリングデンゼル・ワシントン 2 クリス・クーパー 3 ドン・チードルクリス・クーパー 3
複数の候補者を持つ作品 ショーシャンクの空に 2 バードケージ』、『ザ・コンテンダー』、『クラッシュ』、
ノーカントリー
2 複数の作品* 2
最年長受賞者 ジャック・ニコルソン
(『恋愛小説家』、1998年)
60 ロバート・デュヴァル
(『シビル・アクション』、1999年)
68 ロバート・デュヴァル
(『シビル・アクション』、1999年)
68
最年長候補者 ロバート・デュヴァル
Get Low、2011年)
79 クリストファー・プラマー
(『終着駅 トルストイ最後の旅』、2010年)
82 クリストファー・プラマー
(『終着駅 トルストイ最後の旅』、2010年)
82
最年少受賞者 ニコラス・ケイジ
(『リービング・ラスベガス』、1996年)
32 ヒース・レジャー
(『ダークナイト』、2009年)
28 ヒース・レジャー
(『ダークナイト』、2009年)
28
最年少候補者 ジェイミー・ベル
(『リトル・ダンサー』、2001年)
14 ハーレイ・ジョエル・オスメント
(『シックス・センス』、2000年)
11 ハーレイ・ジョエル・オスメント
(『シックス・センス』、2000年)
11
* 『恋愛小説家』、『バードケージ』、『ザ・コンテンダー』、『クラッシュ』、『フォレスト・ガンプ/一期一会』、『グッド・ウィル・ハンティング/旅立ち』、『ザ・エージェント』、『英国王のスピーチ』、『ノーカントリー』、『パルプ・フィクション』、『ショーシャンクの空に

受賞及び候補者一覧

備考:

1990年代

受賞及び候補者 作品名 役名
1994[1] マーティン・ランドー エド・ウッド ベラ・ルゴシ
サミュエル・L・ジャクソン パルプ・フィクション ジュールス・ウィンフィールド ‡
チャズ・パルミンテリ ブロードウェイと銃弾 チーチ ‡
ゲイリー・シニーズ フォレスト・ガンプ/一期一会 ダン・テイラー ‡
ジョン・タトゥーロ クイズ・ショウ ハービー・ステンペル
1995[2] エド・ハリス アポロ13 ジーン・クランツ英語
ケヴィン・ベーコン 告発 ヘンリー・ヤング
ケネス・ブラナー オセロ イアーゴ
ドン・チードル 『青いドレスの女』 マウス・アレクサンダー
ケヴィン・スペイシー ユージュアル・サスペクツ ロジャー・"ヴァーバル"・キント †
1996[3] キューバ・グッディング・ジュニア ザ・エージェント ロッド・ティドウェル †
ハンク・アザリア バードケージ アガドール
ネイサン・レイン バードケージ アルバート・ゴールドマン
ウィリアム・H・メイシー ファーゴ ジェリー・ランディガード ‡
ノア・テイラー シャイン デイヴィッド・ヘルフゴット(若年期)
1997[4] ロビン・ウィリアムズ グッド・ウィル・ハンティング/旅立ち ショーン・マグワイア †
ビリー・コノリー Queen Victoria 至上の恋 ジョン・ブラウン
アンソニー・ホプキンス アミスタッド ジョン・クィンシー・アダムズ
グレッグ・キニア 恋愛小説家 サイモン・ビショップ ‡
バート・レイノルズ ブギーナイツ ジャック・ホーナー ‡
1998[5] ロバート・デュヴァル 『シビル・アクション』 ジェローム・フェイチャー ‡
ジェームズ・コバーン 『白い刻印』 グレン・ホワイトハウス †
デイビッド・ケリー ウェイクアップ!ネッド マイケル
ジェフリー・ラッシュ 恋におちたシェイクスピア フィリップ・ヘンズロー英語
ビリー・ボブ・ソーントン シンプル・プラン ジェイコブ・ミッチェル ‡
1999[6] マイケル・ケイン サイダーハウス・ルール ウィルバー・ラーチ †
クリス・クーパー アメリカン・ビューティー フランク・フィッツ
トム・クルーズ マグノリア フランク・T・J・マッキー ‡
マイケル・クラーク・ダンカン グリーンマイル ジョン・コーフィ ‡
ハーレイ・ジョエル・オスメント シックス・センス コール・シアー ‡

2000年代

受賞及び候補者 作品名 役名
2000[7] アルバート・フィニー エリン・ブロコビッチ エドワード・L・マスリー英語
ジェフ・ブリッジス 『ザ・コンテンダー』 ジャクソン・エヴァンス ‡
ウィレム・デフォー シャドウ・オブ・ヴァンパイア マックス・シュレック英語
ゲイリー・オールドマン 『ザ・コンテンダー』 シェリー・ラニアン
ホアキン・フェニックス グラディエーター コンモドゥス
2001[8] イアン・マッケラン ロード・オブ・ザ・リング ガンダルフ
ジム・ブロードベント アイリス ジョン・ベイリー英語
ヘイデン・クリステンセン 海辺の家 サム・モンロー
イーサン・ホーク トレーニングデイ ジェイク・ホイト ‡
ベン・キングズレー 『セクシー・ビースト』 ドン・ローガン ‡
2002[9] クリストファー・ウォーケン キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン フランク・アバグネイル・シニア ‡
クリス・クーパー アダプテーション ジョン・ラロシュ英語
エド・ハリス めぐりあう時間たち リチャード・ブラウン ‡
アルフレッド・モリーナ フリーダ ディエゴ・リベラ
デニス・クエイド エデンより彼方に フランク・ウィテカー
2003[10] ティム・ロビンス ミスティック・リバー デイヴ・ボイル †
アレック・ボールドウィン The Cooler シェリー・キャプロウ ‡
クリス・クーパー シービスケット トム・スミス英語
ベニチオ・デル・トロ 21グラム ジャック・ジョーダン ‡
渡辺謙 ラストサムライ 勝元盛次 ‡
2004[11] モーガン・フリーマン ミリオンダラー・ベイビー エディ・"スクラップ・アイアン"・デュプリス †
ジェイミー・フォックス コラテラル マックス・ドローチャー ‡
ジェームズ・ガーナー きみに読む物語 ノア・カルフーン(老年期)
トーマス・ヘイデン・チャーチ サイドウェイ ジャック・コール ‡
フレディ・ハイモア ネバーランド ピーター・ルウェイン・デイヴィス英語
2005[12] ポール・ジアマッティ シンデレラマン ジョー・グールド英語
ドン・チードル クラッシュ グラハム・ウォーターズ
ジョージ・クルーニー シリアナ ボブ・バーンズ †
マット・ディロン クラッシュ ジョン・ライアン ‡
ジェイク・ジレンホール ブロークバック・マウンテン ジャック・ツイスト英語
2006[13] エディ・マーフィ ドリームガールズ ジェームス・"サンダー"・アーリー ‡
アラン・アーキン リトル・ミス・サンシャイン エドウィン・フーヴァー †
レオナルド・ディカプリオ ディパーテッド ビリー・コスティガン
ジャッキー・アール・ヘイリー リトル・チルドレン ロニー・マゴーヴィー ‡
ジャイモン・フンスー ブラッド・ダイヤモンド ソロモン・バンディー ‡
2007[14] ハビエル・バルデム ノーカントリー アントン・シガー †
ケイシー・アフレック ジェシー・ジェームズの暗殺 ロバート・フォード英語
ハル・ホルブルック イントゥ・ザ・ワイルド ロン・フランツ ‡
トミー・リー・ジョーンズ ノーカントリー エド・トム・ベル
トム・ウィルキンソン フィクサー アーサー・イーデンス ‡
2008[15] ヒース・レジャー (故人) ダークナイト ジョーカー
ジョシュ・ブローリン ミルク ダン・ホワイト英語
ロバート・ダウニー・Jr トロピック・サンダー/史上最低の作戦 カーク・ラザラス ‡
フィリップ・シーモア・ホフマン ダウト〜あるカトリック学校で〜 フリン神父 ‡
デーヴ・パテール スラムドッグ$ミリオネア ジャマール・マリク
2009[16] クリストフ・ヴァルツ イングロリアス・バスターズ ハンス・ランダ
マット・デイモン インビクタス/負けざる者たち フランソワ・ピナール英語
ウディ・ハレルソン The Messenger トニー・ストーン ‡
クリストファー・プラマー 終着駅 トルストイ最後の旅 レフ・トルストイ
スタンリー・トゥッチ ラブリーボーン ジョージ・ハーヴイ ‡

2010年代

受賞及び候補者 作品名 役名
2010[17] クリスチャン・ベール ザ・ファイター ディッキー・エクランド英語
ジョン・ホークス ウィンターズ・ボーン ティアドロップ ‡
ジェレミー・レナー ザ・タウン ジェームズ・コグリン ‡
マーク・ラファロ キッズ・オールライト ポール ‡
ジェフリー・ラッシュ 英国王のスピーチ ライオネル・ローグ

トリビア

これまでに全米映画俳優組合賞助演男優賞を受賞しているにもかかわらず、同年のアカデミー助演男優賞を受賞できなかった男優が以下7名存在する。

  • 1995年: エド・ハリス(『アポロ13』) - ケヴィン・スペイシー(『ユージュアル・サスペクツ』)に敗北
  • 1998年: ロバート・デュヴァル(『シビル・アクション』) - ジェームズ・コバーン(『白い刻印』)に敗北
  • 2000年: アルバート・フィニー(『エリン・ブロコビッチ』) - ベニチオ・デル・トロ(『トラフィック』)に敗北。デル・トロは全米映画俳優組合賞では主演男優賞を受賞していた。
  • 2001年: イアン・マッケラン(『ロード・オブ・ザ・リング』) - ジム・ブロードベント(『アイリス』)に敗北
  • 2002年: クリストファー・ウォーケン(『キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン』) - クリス・クーパー(『アダプテーション』)に敗北
  • 2005年: ポール・ジアマッティ(『シンデレラマン』) - ジョージ・クルーニー(『シリアナ』)に敗北
  • 2006年: エディ・マーフィ(『ドリームガールズ』) - アラン・アーキン(『リトル・ミス・サンシャイン』)に敗北

複数回候補者

2回
3回
  • クリス・クーパー(『アメリカン・ビューティー』、『アダプテーション』、『シービスケット』)

参考文献

  1. ^ The 1st Annual Screen Actors Guild Awards”. 全米映画俳優組合. 2011年10月4日閲覧。
  2. ^ The 2nd Annual Screen Actors Guild Awards”. 全米映画俳優組合. 2011年10月4日閲覧。
  3. ^ The 3th Annual Screen Actors Guild Awards”. 全米映画俳優組合. 2011年10月4日閲覧。
  4. ^ The 4th Annual Screen Actors Guild Awards”. 全米映画俳優組合. 2011年10月4日閲覧。
  5. ^ The 5th Annual Screen Actors Guild Awards”. 全米映画俳優組合. 2011年10月4日閲覧。
  6. ^ The 6th Annual Screen Actors Guild Awards”. 全米映画俳優組合. 2011年10月4日閲覧。
  7. ^ The 7th Annual Screen Actors Guild Awards”. 全米映画俳優組合. 2011年10月4日閲覧。
  8. ^ The 8th Annual Screen Actors Guild Awards”. 全米映画俳優組合. 2011年10月4日閲覧。
  9. ^ The 9th Annual Screen Actors Guild Awards”. 全米映画俳優組合. 2011年10月4日閲覧。
  10. ^ The 10th Annual Screen Actors Guild Awards”. 全米映画俳優組合. 2011年10月4日閲覧。
  11. ^ The 11th Annual Screen Actors Guild Awards”. 全米映画俳優組合. 2011年10月4日閲覧。
  12. ^ The 12th Annual Screen Actors Guild Awards”. 全米映画俳優組合. 2011年10月4日閲覧。
  13. ^ The 13th Annual Screen Actors Guild Awards”. 全米映画俳優組合. 2011年10月4日閲覧。
  14. ^ The 14th Annual Screen Actors Guild Awards”. 全米映画俳優組合. 2011年10月4日閲覧。
  15. ^ The 15th Annual Screen Actors Guild Awards”. 全米映画俳優組合. 2011年10月4日閲覧。
  16. ^ The 16th Annual Screen Actors Guild Awards”. 全米映画俳優組合. 2011年10月4日閲覧。
  17. ^ The 17th Annual Screen Actors Guild Awards”. 全米映画俳優組合. 2011年10月4日閲覧。

今日は何の日(4月7日

もっと見る

「全米映画俳優組合賞_助演男優賞」のQ&A