全能神

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

全能神(=東方閃電実際神)とは、中華人民共和国にある中国のキリスト教系異端宗教集団。

概要[編集]

1970年代末に米国から中華人民共和国に入ってきた教団en:The Shoutersから派生し、1991年にキリスト教の一派として黒竜江省にて誕生したとされる。創始者は趙維山。

中国共産党を「巨大な赤い龍」と呼び、これを倒して新国家を樹立すると主張しているため、2000年より中国当局からは邪教と認定されている。法輪功よりも強い組織力を持ち、一度入信すると脱会することは難しい。信者になれば金銭が支払われるため、近年、中国で拡大している貧富の差を背景に信者を増やしている[1]

2012 (映画)が大ヒットした直後、2012年人類滅亡説を唱えだした、2012年終末思想の流布で当局により約千人が逮捕された[2]

なお、キリスト教系ではあるが、カルトであるとの意見が強く、中国共産党の指導に従う中国天主教愛国会などの団体はもとより、政府の指導を拒否して非合法となっている地下教会中国語版の信者も、全能神は異端と認識している[3]。一方、中国共産党の打倒を掲げていることから、共産党を嫌って海外に移住した華僑などからは、全能神を保護すべきとする意見もある[4]

中国政府の対応[編集]

政府は邪教と指定しているが、対応を誤れば社会的混乱をきたすだろうと、対応に苦慮している[1]

事件[編集]

関連項目[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]