全自動洗濯乾燥機 乾ダム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
全自動洗濯乾燥機 乾ダム
ジャンル 4コマ漫画
漫画
原作・原案など 矢立肇富野由悠季
作画 餅月あんこ
出版社 角川書店
掲載誌 ガンダムエース
発表期間 2004年4月号 - 2006年8月号
巻数 未単行本化
話数 全29話
テンプレート - ノート

全自動洗濯乾燥機 乾ダム』(ぜんじどうせんたくかんそうき カンダム)は、餅月あんこ作の4コマ漫画ガンダムエースにて2004年4月号から2006年8月号にかけて連載された。その前作にあたる『ネコジオン』、『ハロ・ミニシアター』についても本項で述べる。

概要[編集]

餅月あんこによる3作目のガンダム漫画。主人公、アムロの元にやってきた喋る洗濯機「乾ダム」が巻き起こす騒動を描く。

登場人物[編集]

乾ダム(カンダム)
ドラム式全自動洗濯乾燥機。本体の中央に顔が有り、なぜか言葉を喋る。洗濯の能力には自信が有るが、活発かつマイペースな性格により、周囲の人たちを困らせたりいらつかせたりする。ドラム式ゆえに巨体。
アムロ
乾ダムとめぐり会ってしまった青年。モビルスーツには乗らない。
八口(やぐち)
東京の地名に疎いアムロに矢口で拾われたネコ。

『乾ダム』以前の作品[編集]

ネコジオン[編集]

ネコジオン』は、餅月あんこ作の4コマ漫画。ガンダムエースにて2003年6月号から8月号にかけて連載された。ガンダム漫画だが、題名の通り登場人物がすべてに置き換えられている。カードゲームガンダムウォー」のカードになった事が有る。使用されると「ニャー」としか喋ってはいけなくなるというお遊びに近い内容だが、各種宣言が困難になりプレイに支障をきたすという効果も有る。

ハロ・ミニシアター[編集]

ハロ・ミニシアター』は、餅月あんこ作の4コマ漫画。ガンダムエースにて2003年9月号から2004年2月号にかけて連載された。