全英女子オープン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
Golf pictogram.svgAIG女子オープン
AIG Women's Open
Nuvola apps kolf.svg トーナメント情報
創設 1976年
開催地 イギリスの旗 イギリス
開催コース 持ち回り
基準打数 持ち回り
ヤーデージ 持ち回り
主催 R&A
ツアー LPGAツアー (1984, 1994-)
LET
競技方法 ストロークプレー
賞金総額 US$4,500,000 (2020年)
開催月 8月
Nuvola apps kolf.svg 最高記録
最少打数 269 カリー・ウェブ (1997)
269 カレン・スタップルズ (2004)
通算スコア –19 カリー・ウェブ (1997)
–19 カレン・スタップルズ (2004)
Nuvola apps kolf.svg 最新優勝者
ドイツの旗 ソフィア・ポポフ
テンプレートを表示

AIG女子オープン英語: AIG Women's Open)は、イギリスで開催される女子ゴルフメジャー選手権の一つ。

概要[編集]

主催はR&Aであり、運営はIMGが行っている。2016年まではレディース・ゴルフ・ユニオン(LGU)が主催していた。男子の全英オープンに相当する。毎年開催コースが持ち回りで変わるが、男子の全英オープンと違いシーサイドリンクス(海岸に立地するコース)に開催を限るということはない。

1976年創設、1984年1994年以降LPGAツアーに組み込まれ、2001年からメジャー選手権となった大会である。

開催は例年8月であるが、2012年ロンドンオリンピック開催の関係から9月13日から16日に開催された。

大会名[編集]

1987年から2006年まではシリアルメーカーであるウィータビックスがスポンサーで「ウィータビックス全英女子オープン」という名称だったが、2007年5月2日に当選手権の日本広報事務局から情報機器メーカーであるリコー冠スポンサーになることが発表され、選手権名も「全英リコー女子オープン」(RICOH Women's British Open)に改称して開催されることになり、2018年大会までこの名称で行われた。なお、2019年以降はアメリカン・インターナショナル・グループがタイトルスポンサーとなり「AIG全英女子オープン」として開催。さらに2020年、AIGは2025年までタイトルスポンサー契約延長と同時に大会名の「全英」を外した[1]

本選出場資格[編集]

アマチュアでの出場資格は開催初日時点でアマチュアであること。

歴代優勝者[編集]

LPGA認定以前[編集]

優勝者 国籍 スコア 開催地
1976 (a)ジェニー・リー・スミス イングランドの旗 イングランド 299 フルフォードゴルフクラブ
1977 ビビアン・サンダース イングランドの旗 イングランド 306 リンドリックゴルフクラブ
1978 (a)ジャネット・メルビル イングランドの旗 イングランド 310 フォックスヒルズゴルフ&カントリークラブ
1979 アリソン・シェアード  南アフリカ共和国 301 サウスポート&アインズデールゴルフクラブ
1980 デビー・マッシー アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 294 ウェントワースクラブ
1981 デビー・マッシー アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 295 ノーサンバーランドゴルフクラブ
1982 (a)マルタ・フィゲラスドッティ スペインの旗 スペイン 296 ロイヤルバークデールゴルフクラブ
1983 開催なし
1984 岡本綾子 日本の旗 日本 289 ウォーバンゴルフ&カントリークラブ
1985 ベッツィ・キング アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 300 ムーアパークゴルフクラブ
1986 ローラ・デービース イングランドの旗 イングランド 283 ロイヤルバークデールゴルフクラブ
1987 アリソン・ニコラス イングランドの旗 イングランド 296 セントメリオンゴルフ&カントリークラブ
1988 コリン・デブナー オーストラリアの旗 オーストラリア 295 リンドリックゴルフクラブ
1989 ジェーン・ゲディス アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 274 ファーンダウンゴルフクラブ
1990 ヘレン・アルフレッドソン  スウェーデン 288 ウォーバンゴルフ&カントリークラブ
1991 ペニー・グライスウィッタカー イングランドの旗 イングランド 284
1992 パティ・シーハン アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 207
1993 カレン・ルン オーストラリアの旗 オーストラリア 275

LPGA認定以降[編集]

優勝者 国籍 スコア 合計パー 開催地
1994 リサロッテ・ノイマン  スウェーデン 280 -8 ウォーバンゴルフ&カントリークラブ
1995 カリー・ウェブ オーストラリアの旗 オーストラリア 278 -10
1996 エイミー・クライン アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 277 -11
1997 カリー・ウェブ オーストラリアの旗 オーストラリア 269 -19 サニングデールゴルフクラブ
1998 シェリー・スタインハウアー アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 292 +4 ロイヤルリザム&セントアンズ
1999 シェリー・スタインハウアー アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 283 -5 ウォーバンゴルフ&カントリークラブ
2000 ソフィー・グスタフソン  スウェーデン 282 -6 ロイヤルバークデールゴルフクラブ

メジャー昇格後[編集]

優勝者 国籍 スコア 合計パー 開催地 2位との差 2位(タイ) 賞金総額 (US$) 優勝賞金 (US$)
2001 朴セリ 大韓民国の旗 韓国 277 -11 サニングデールゴルフクラブ 2打差 大韓民国の旗 金美賢 英語版 1,500,000 221,650
2002 カリー・ウェブ オーストラリアの旗 オーストラリア 273 -15 ターンベリー 2打差 オーストラリアの旗 ミッシェル エリス
スペインの旗 ポーラ・マルティ英語版
1,500,000 236,383
2003 アニカ・ソレンスタム  スウェーデン 278 -10 ロイヤルリザム&セントアンズゴルフクラブ 1打差 大韓民国の旗 朴セリ 1,600,000 254,880
2004 カレン・スタップルズ英語版 イングランドの旗 イングランド 269 -19 サニングデールゴルフクラブ 5打差 オーストラリアの旗 レイチェル・ヘザリントン英語版 1,600,000 290,880
2005 張晶英語版 大韓民国の旗 韓国 272 -16 ロイヤルバークデールゴルフクラブ 4打差 スウェーデンの旗 ソフィー・グスタフソン英語版 1,800,000 280,208
2006 シェリー・スタインハウアー英語版 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 281 -7 ロイヤルリザム&セントアンズゴルフクラブ 3打差 スウェーデンの旗 ソフィー・グスタフソン
アメリカ合衆国の旗 クリスティ・カー
1,800,000 305,440
2007 ロレーナ・オチョア メキシコの旗 メキシコ 287 -5 セント・アンドルーズリンクス オールドコース 4打差 スウェーデンの旗 マリア・ヨルト英語版
大韓民国の旗 李知映英語版
2,000,000 320,512
2008 申智愛 大韓民国の旗 韓国 270 -18 サニングデールゴルフクラブ 3打差 台湾の旗 ヤニ・ツェン 2,100,000 314,464
2009 カトリーナ・マシュー英語版 スコットランドの旗 スコットランド 285 -3 ロイヤルリザム&セントアンズゴルフクラブ 3打差 オーストラリアの旗 カリー・ウェブ 2,200,000 335,000
2010 ヤニ・ツェン  台湾 277 -11 ロイヤルバークデールゴルフクラブ 1打差 オーストラリアの旗 キャサリン・ハル英語版 2,500,000 408,714
2011 ヤニ・ツェン  台湾 272 -16 カーヌスティ・ゴルフリンクス 4打差 アメリカ合衆国の旗 ブリタニー・ラング英語版 2,500,000 392,133
2012 申智愛 大韓民国の旗 韓国 279 -9 ロイヤルリバプールゴルフクラブ 9打差 大韓民国の旗 朴仁妃 2,750,000 428,650
2013 ステイシー・ルイス アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 280 -8 セント・アンドルーズリンクス オールドコース 2打差 大韓民国の旗 崔羅蓮英語版
大韓民国の旗 朴熙栄英語版
2,750,000 402,583
2014 モー・マーティン英語版 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 287 -1 ロイヤルバークデールゴルフクラブ 1打差 中華人民共和国の旗 馮珊珊
ノルウェーの旗 スーザン・ペターセン英語版
3,000,000 474,575
2015 朴仁妃[3] 大韓民国の旗 韓国 276 -12 トランプ・ターンベリー 3打差 大韓民国の旗 コ・ジンヨン 3,000,000 464,817
2016 アリヤ・ジュタヌガーン タイ王国の旗 タイ 272 −16 ウォーバンゴルフ&カントリークラブ 3打差 大韓民国の旗 イ・ミリム英語版
アメリカ合衆国の旗 モー・マーティン
3,000,000 412,047
2017 キム・インキョン英語版 大韓民国の旗 韓国 270 −18 キングスバーンズゴルフリンクス 2打差 イングランドの旗 ジョディ・エワート・シャドフ英語版 3,250,000 504,821
2018 ジョージア・ホール イングランドの旗 イングランド 271 −17 ロイヤルリザム&セントアンズゴルフクラブ 2打差 タイ王国の旗 ポルナノン・ファトラム英語版 3,250,000 504,821
2019 渋野日向子[4] 日本の旗 日本 270 −18 ウォーバンゴルフ&カントリークラブ英語版 1打差 アメリカ合衆国の旗 リゼット・サラス英語版 4,500,000 675,000
2020 ソフィア・ポポフ英語版 ドイツの旗 ドイツ 277 −7 ロイヤルトルーンゴルフクラブ、オールドコース 2打差 タイ王国の旗 シダパ・スワンナプラ英語版 4,500,000 675,000

a)はアマチュア

今後の開催予定[編集]

Year 回数 Course Location Dates 開催実績
2021 45th カーヌスティGL スコットランド TBD
2022 46th ミュアフィールド スコットランド TBD
2023 47th ウォルトンヒースGC イングランド TBD
2024 48th セント・アンドリュース オールドコース スコットランド TBD
2025 49th ロイヤルポースコールGC ウェールズ TBD

スミス・サルバー受賞者[編集]

本大会においては72ホールを完了し、かつアマチュアの最上位者(いわゆる「ローウェスト・アマチュア」「ベストアマチュア」と呼ばれる賞)に銀皿が授与される。アマチュアが全員予選落ち、もしくは決勝ラウンド進出後72ホール完了していない者は該当者なしとなる。メダルの命名者であるモリヤ・スミスはLGU元会長であった[5]

  • 1979 – Sue Hedges
  • 1980 – Marta Figueras-Dotti & Belle Robertson
  • 1981 – Belle Robertson
  • 1982 – Marta Figueras-Dotti
  • 1984 – Mary McKenna
  • 1985 – Jill Thornhill
  • 1986 – Vicki Thomas
  • 1987 – Joanne Furby
  • 1988 – Kathryn Imrie
  • 1989 – Joanne Morley
  • 1990 – Sarah Bennett
  • 1991 – 福嶋晃子
  • 1993 – Patricia Meunier & Joanne Morley
  • 1994 – Tina Fischer
  • 1995 – Lisa Dermott
  • 1996 – Barbara Hackett
  • 1997 – Silvia Cavalleri
  • 1999 – Giulia Sergas
  • 2001 – Rebecca Hudson
  • 2003 – Elisa Serramia
  • 2004 – Louise Stahle
  • 2005 – ミシェル・ウィー
  • 2006 – Amy Yang
  • 2007 – Melissa Reid
  • 2008 – Anna Nordqvist
  • 2010 – Caroline Hedwall
  • 2011 – ダニエル・カン
  • 2012 – リディア・コ
  • 2013 – ジョージア・ホール & リディア・コ
  • 2014 – Emma Talley
  • 2015 – Luna Sobrón
  • 2016 – Leona Maguire
  • 2017 – Sophie Lamb
  • 2018 – Atthaya Thitikul
  • 2019 – Atthaya Thitikul

放送[編集]

日本での放送
  • 日本での放送はテレビ朝日系列が放送しており、2006年に放送枠を拡大し予選2日間は金・土曜日0:10 - 4:00(木・金曜日深夜)、決勝2日間土・日曜日23:00 - 翌2:00(「熱闘甲子園」編成時間変更・競技終了まで放送)に変更され、一旦ANNニュースを挟みながらすべてネットワークセールスに編成された。
  • なお、7月下旬は平年、朝日放送テレビ制作「速報!甲子園への道」が0時台以後に放送されているが、当大会開催日は一律でこの大会終了後に放送される。また世界水泳選手権が行われる西暦奇数年度に以上の大会が重複して開催された場合、朝日放送テレビが朝日放送だった時代には、当時同局では23時台に放送していた「甲子園への道」が4時台・5時台に繰り下げられたこともあった。
  • 協賛は原則として全英オープンと同じである。しかし2007年から2018年まで特別協賛したリコーは2007年放送回のテレ朝での中継では筆頭協賛(1分以上)でなく、30秒以下の「ご覧のスポンサー」扱いであった。
  • 2008年~2018年はリコーをメイン提供とし、「全英オープン」と同じスポンサーなど加えた形になった。
  • 2019年はFJネクストをメイン提供。
  • 提供クレジットはアナウンサー読み上げがなく、番組冒頭に4日間の大会を通してコマーシャルを提供するメイン協賛企業を明朝体で表示。その後、提供切り替えのところでは、大会トロフィーを模したCGにそのメイン協賛企業のカラーフォントによるクレジットを絡ませたもの+それ以外の協賛社については通常の字幕フォント(「提供」の文字入り)を表示する。
  • 2016年度は決勝ラウンドの最終日が東京都知事選挙の投開票日と被りなおかつ手前の日曜エンターテインメントが拡大版となり、「ビートたけしのいかがなもの会」を放送していた関係で23:25~翌2:30と遅い放送だった[6]。また、予選と決勝では実況アナが異なった[7][8]
  • CSではゴルフネットワークが放送を行っていたが、2017年大会からWOWOWで放送[9]

脚注[編集]

  1. ^ Women's Open drops 'British' from title in sponsorship rebrand”. BBC Sport (2020年7月22日). 2020年7月22日閲覧。
  2. ^ エビアン選手権は2013年からのメジャー大会が対象
  3. ^ 朴仁妃が逆転でメジャー4大会を制覇 宮里美香は7位 - ゴルフダイジェスト・オンライン、2015年8月3日閲覧
  4. ^ 渋野初V!日本勢42年ぶり快挙/全英女子OP詳細 - ゴルフ”. nikkansports.com. 2019年8月4日閲覧。
  5. ^ https://issuu.com/lgucl/docs/lguyearbook2016 LGU 2016 Yearbook
  6. ^ 本来、途中に編成されるべき「ANNニュース」(8月1日の「GET SPORTS」代替)はなく放送されていた。
  7. ^ 予選を実況したあるアナウンサーがリオデジャネイロオリンピックジャパンコンソーシアムの実況アナウンサーとして現地に派遣されたため、決勝ラウンドの実況は野上慎平アナが担当した。
  8. ^ そのため、野上は自身がレギュラー出演している「モーニングショー」の8月1日放送分を欠席した。
  9. ^ 「メジャー第4戦!全英リコー女子オープン」WOWOWで初放送決定!WOWOWでは6月~9月まで毎月メジャー大会を生中継!!”. WOWOW (2017年5月30日). 2017年6月5日閲覧。