全身崩壊

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動

全身崩壊(ぜんしんほうかい)は、即時かつ生存不可能な身体破壊である[1]

一般的には、現代文化において「膨張した」「バラバラになった」「またはピンク)になった」、または古い文化では「叩きつけられて粉々になった」などと表現され[2]、全身崩壊は強力な爆発の内部または近くにいることで起こる可能性がある。爆傷としては最も重いものである[3]。また、終端速度による落下や高速で衝突する物体の内部にいても起こる可能性がある。

(完全に破壊されていてもいなくても)酸素に満ちた血液を奪われ、他の臓器も同様に身体の機能に必要な自律神経系を奪われるために、全身崩壊は常に人間動物にとって致命的である[4]

不完全ながら、全身崩壊による身元不明の人間の遺体は、「分離された部分」として表現されることがある[5]

関連項目[編集]

注釈[編集]

  1. ^ Holcomb JB, McMullin NR, Pearse L, Caruso J, Wade CE, Oetjen-Gerdes L (2007). “Causes of death in U.S. Special Operations Forces in the global war on terrorism: 2001-2004.”. Ann Surg 245 (6): 986–91. doi:10.1097/01.sla.0000259433.03754.98. PMC: 1876965. PMID 17522526. https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC1876965/. 
  2. ^ Indianapolis Journal 13 May 1902”. Hoosier State Chronicles: Indiana's Digital Historic Newspaper Program (1902年5月13日). 2021年4月6日閲覧。
  3. ^ Kristi L. Koenig; Carl H. Schultz (18 April 2016). Koenig and Schultz's Disaster Medicine: Comprehensive Principles and Practices. Cambridge University Press. pp. 469–470. ISBN 978-1-316-47292-7. https://books.google.com/books?id=lmLiCwAAQBAJ&pg=PA469 
  4. ^ Champion HR, Holcomb JB, Young LA (2009). “Injuries from explosions: physics, biophysics, pathology, and required research focus.”. J Trauma 66 (5): 1468-77; discussion 1477. doi:10.1097/TA.0b013e3181a27e7f. PMID 19430256. 
  5. ^ American Society of Magazine Editors; Jones, Chris (November 2009). “The Things That Carried Him”. The Best American Magazine Writing 2009. Columbia University Press. p. 85. ISBN 978-0-231-14796-5. https://books.google.com/books?id=eMQIeR9m2WgC&pg=PA85