兪応孚

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
兪応孚
各種表記
ハングル 유응부
漢字 兪應孚
発音: ユ・ウンブ
日本語読み: ゆ おうふ
ローマ字 Yu Eung-bu
テンプレートを表示

兪応孚(ゆ おうふ、ユ・ウンブ、유응부、? - 1456年)は、李氏朝鮮の武臣。字は信之、号は碧梁、諡号は忠穆、本貫は杞渓兪氏。

生涯[編集]

早くに武科に合格し、1448年に僉知中枢院事、1449年に慶源都護府使・慶源節制使を経て、1452年には義州牧使に任命された。翌年、1453年には平安左道都節制使に任命された。1455年4月に判江界都護府事を経て、6月に世祖が王位に就くと、同知中枢院事をとなった。

端宗が世祖によって、退位させられると端宗復位陰謀に連座し、処刑された。死六臣の一人となった。

弓の名手であり、学識も深く、世宗文宗に愛された。気骨壮大で孝行者であり、宰相級である正二品に至っても、食事を欠かすほどに清廉で潔白であった。武臣ながら学問に優れ、絶義派学者としても知られ、詩調3つが伝わる。 粛宗により、兵曹判書に追贈された。果川の愍節書院、洪州の魯雲書院などに祀られた。

ドラマ[編集]

関連項目[編集]

参考文献[編集]

この記述には、ダウムからGFDLまたはCC-SAで公開される百科事典『グローバル世界大百科事典』をもとに作成した内容が含まれています。