八尾市立山本球場

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
八尾市立山本球場
Yao Yamamoto Baseball Stadium
山本球場
八尾市立山本球場の位置(大阪府内)
八尾市立山本球場
施設データ
所在地 大阪府八尾市山本町南7-9-11
座標 北緯34度37分15.7秒 東経135度37分17.2秒 / 北緯34.621028度 東経135.621444度 / 34.621028; 135.621444座標: 北緯34度37分15.7秒 東経135度37分17.2秒 / 北緯34.621028度 東経135.621444度 / 34.621028; 135.621444
開場 1938年
修繕 1991年
所有者 八尾市
管理・運用者 八尾体育振興会(指定管理者
グラウンド 内野:クレー舗装
外野:天然芝
照明 なし
使用チーム • 開催試合
近鉄パールスが練習場として使用(1950年 - 1955年頃)
収容能力
2,000人
グラウンドデータ
球場規模 グラウンド面積:9,865m2
両翼:90 m
中堅:100 m

八尾市立山本球場(やおしりつやまもときゅうじょう)は、大阪府八尾市にある野球場。施設は八尾市が所有し、八尾体育振興会が指定管理者として運営管理を行っている。

歴史[編集]

1938年昭和13年)、住友本社により「住友球場(すみともきゅうじょう)」として竣工。おもに住友財閥系企業従業員の親睦のために用いられた。1950年(昭和25年)に近畿日本鉄道が買収し、近鉄パールス(のちの大阪近鉄バファローズ)の練習グラウンドとして使用された後、1956年(昭和31年)に八尾市に移管された。

1980年代には老朽化が著しかった上、以前は外野に防球ネットがなく、稀に場外へ飛び出した打球が外野場外にある公務員宿舎(現・国立大学法人 大阪教育大学山本宿舎)の窓ガラスに直撃することがあった。1991年平成3年)にメインスタンドとスコアボードが改築され、現在の姿となった。

両翼90m、中堅100mと狭隘なフィールドで、軟式野球ソフトボール、少年硬式野球が主な用途である。また地元では山球(やまきゅう)という略称でも呼ばれる。

施設概要[編集]

  • グラウンド面積:9,865m2
  • 両翼:90m、中堅:100m
  • 内野:クレー舗装(黒土・川砂混合土)、外野:天然芝(ティフトン)
  • スコアボード:磁気反転式
  • 収容人員:2,000人(外野スタンドなし)
グラウンド

交通[編集]

関連項目[編集]

リダイレクトページ「住友球場」に関するカテゴリ