八嶌山平八郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索

八嶌山平八郎(やしまやまへいはちろう、1874年10月9日-1927年5月16日)は、時津風部屋井筒部屋に所属した元力士。4代浅香山。本名は平見熊太郎。現在の香川県高松市出身。166cm、83kg。最高位は東前頭2枚目。

来歴[編集]

1898年5月三段目格付出で初土俵、1907年1月十両昇進。1909年1月入幕を果たす。1910年6月の場所の8日目に大関だった太刀山峯右エ門と対戦。太刀山の張り手を恐れるあまり、一度も相手の体に触れぬまま土俵を割ってしまった。前頭の2枚目まで昇進し、1913年1月に引退、浅香山を襲名した。

成績[編集]

  • 幕内8場所24勝42敗11休3分預

改名[編集]

錦熊→平ノ山→八嶌山 [1] [2]

出典 [編集]

  1. ^ http://sumodb.sumogames.de/Rikishi.aspx?r=3597&l=j
  2. ^ 大相撲力士名鑑平成13年版、水野尚文、京須利敏、共同通信社、2000年、ISBN 978-4764104709