八幡浜・大洲圏

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

八幡浜・大洲圏(やわたはま・おおずけん)は、愛媛県が定めた愛媛県八幡浜市大洲市を中心とする中心圏域区分。その他に西予市喜多郡内子町西宇和郡伊方町を範囲とする。

都市圏[編集]

「10% 都市圏(通勤圏)」[編集]

金本良嗣・徳岡一幸によって提案された都市圏。細かい定義等は都市雇用圏に則する。一般的な都市圏の定義については都市圏を参照のこと。

都市雇用圏(10% 通勤圏、中心都市DID人口が1万人以上)の変遷
  • 10% 通勤圏に入っていない自治体は、各統計年の欄で灰色かつ「-」で示す。
自治体
('80)
1980年 1990年 1995年 2000年 2005年 2010年 自治体
(現在)
伊方町 - - - - 八幡浜 都市圏
53359人
八幡浜 都市圏
49252人
伊方町
瀬戸町 - - - -
三崎町 - - - -
八幡浜市 八幡浜 都市圏
55745人
八幡浜 都市圏
50267人
八幡浜 都市圏
56948人
八幡浜 都市圏
53247人
八幡浜市
保内町
三瓶町 - - - - 西予市
明浜町 - - - -
宇和町 - - - -
野村町 - - - -
城川町 - - - -
河辺村 - - - - - - 大洲市
大洲市 大洲 都市圏
38716人
大洲 都市圏
60196人
- -
長浜町 - - -
肱川町 - - -
五十崎町 - - - - - 内子町
内子町 - - - -
小田町 - - - -

関連項目[編集]