八戸市水産科学館

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Japanese Map symbol (Museum) w.svg 八戸市水産科学館
Marient.jpg
 八戸市水産科学館
八戸市水産科学館の位置(青森県内)
八戸市水産科学館
八戸市水産科学館の位置
施設情報
正式名称 八戸市水産科学館
愛称 マリエント
専門分野 水産
事業主体 八戸市
開館 1989年10月
所在地 031-0841
青森県八戸市大字鮫町字下松苗場14-33
位置 北緯40度32分23秒 東経141度33分46秒 / 北緯40.53972度 東経141.56278度 / 40.53972; 141.56278
外部リンク 八戸市水産科学館マリエント
プロジェクト:GLAM
テンプレートを表示

八戸市水産科学館マリエント(はちのへしすいさんかがくかんマリエント)は、青森県八戸市にある「水産」をテーマとする科学館

概要[編集]

八戸市の水産を紹介する通年の観光文化施設として、1989年10月に開館した。その後、八戸を代表するウミネコイカ、八戸近海の魚などの生態・習性などを体験しながら学べるようにするため3階展示コーナーを中心に大改装を行い、2003年4月にリニューアルオープンした。

八戸市は、三陸海岸の北側に存在するため、「三陸海岸起終点マリエント」というキャッチフレーズがある。

すぐ近くに、ウミネコ繁殖地として知られる蕪島がある。

北部駐車場のある1階と2階は一般開放されていない。1階正面入口から3階観覧エリアまでは「階段展示コーナー」というやや長い階段があり、エレベーターも設置されている。4階には展望レストラン「うみねこ亭」と南部駐車場、5階には最も眺めのよい展望室があり、無料で利用することができる(貸出時を除く)。

敷地内に、小規模の多目的広場、イベント会場がある。東日本大震災による津波では1階が浸水した。

沿革[編集]

  • 1989年(平成元年)10月、開館。
  • 2003年(平成15年)4月、3階施設等の体験学習型への対応が完了し、リニューアルオープン。
  • 2006年(平成18年)4月、指定管理者による運営となる。

建築概要[編集]

  • 構造- 鉄筋コンクリート一部鉄骨造5階建
  • 延床面積- 2,341.46m2

所在地[編集]

利用案内[編集]

開館時間
9:00 - 17:00(6月から8月は18:00まで)
休館日
年末年始、および臨時休業日
入館料
大人・大学生300 (150) 円、高校生200 (100) 円、小中学生100 (50) 円
( )内は20名以上の団体料金、小学生未満の幼児は無料。
駐車場
バス7台、乗用車80台

アクセス[編集]

関連項目[編集]