八方ヶ原

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
八方ヶ原 
Happogahara Highland view from Kami-Isano Yaita.JPG
上伊佐野から臨む八方ヶ原
標高 1,000m ~ 1,200 m
所在地 栃木県矢板市
位置 北緯36度53分56.7秒
東経139度46分12.61秒
種類 高原
Project.svg プロジェクト 山
テンプレートを表示

八方ヶ原(はっぽうがはら)とは、栃木県北部にある標高1,000mから1,200mの台地状の高原である。高原山の南東から北東にかけて広がる。

概要[編集]

八方ヶ原は、栃木県の北部、矢板市北部から那須塩原市南部にかけて広がる高原である。5月、6月頃の20万株のレンゲツツジの群生が見事で有名である。ハイキングの適地として整備され、ハイキングコース、キャンプ場、アクセス道路、駐車場、展望台、売店などが整備され気軽に訪れることが出来る。また、アクセス道路は塩原温泉郷にも通じている。

階段状の台地には下から順に学校平(がっこうだいら)、小間々(こまま)、大間々(おおまま)と名前がつけられている。学校平には牛の放牧地(夏期)、売店レストランを備えた山の駅たかはらがある。大間々には駐車場、展望台が整備され、高原山縦走の登山道の入り口があり、一帯は自然休養林に指定されている。

アクセス道路は昭和30年代から40年代にかけて自衛隊の出動により建設された。

周辺の観光ポイント[編集]

那須塩原市折戸から臨む八方ヶ原

交通[編集]

八方ヶ原を舞台とした作品[編集]

漫画、頭文字Dのアニメ「Fourth Stage」・ゲームARCADE STAGE・Special Stageにおいて、峠のひとつとして起用されている。

座標: 北緯36度53分56.7秒 東経139度46分12.61秒 / 北緯36.899083度 東経139.7701694度 / 36.899083; 139.7701694