八木光生

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
やぎ こうせい
八木 光生
プロフィール
本名 八木 光生[1]
性別 男性
出生地 日本の旗 日本兵庫県[2]
生年月日 (1930-02-13) 1930年2月13日(90歳)
血液型 O型[2]
身長 167 cm[2]
職業 声優俳優ナレーター
事務所 81プロデュース[3]
活動
活動期間 1951年 -
デビュー作 ラジオ:『ヤン坊ニン坊トン坊』[2]
テレビ:『ブーフーウー』[2]
声優:テンプレート | プロジェクト | カテゴリ

八木 光生(やぎ こうせい、1930年2月13日[4] - )は、日本声優俳優ナレーター。所属事務所81プロデュース[3]兵庫県出身[2]。朗読会「光朗会・光生読み語りの会」主宰。

主な出演作に『BSどーもくんワールド』(うさじぃ)[5]、『るろうに剣心 -明治剣客浪漫譚-』(勝海舟)、『3年B組金八先生スペシャルIV』(香取主事)、『おしゃれキャット』(ラフィエット)などがある[6]

来歴[編集]

かつては東京放送劇団[7]、守田事務所[8]に所属していた。

父が国語教師であり、幼少期に言葉に関しては厳しく教育を受け、小学校時代の授業参観で教師よりも滑らかに教科書を読むことができたため「その経験が役者の原点です」と回想している[9]

東京教育大学(現:筑波大学)卒業[10]

東京放送劇団の5期生である(同期は黒柳徹子横山道代里見京子新道乃里子幸田弘子木下秀雄桜井英一関根信昭三田松五郎など)。

人物[編集]

西日本出身だけに関西弁が得意[6]で、趣味特技水泳[5]狂言大蔵流[6]

出演作品[編集]

テレビドラマ[編集]

舞台[編集]

  • アップル・ツリー(1980年、劇団NLT) - 演出
  • インディアン(1980年、文芸座ル・ピリエ)
  • レティスとラベッジ(1989年)
  • リリーとリリー(1991年) - 貴族ヴラディ 役
  • 中世歌物語「オーカッサンとニコレット」(2008年) - 語り

テレビアニメ[編集]

1966年

1974年

1978年

1979年

1988年

1989年

1991年

1992年

1996年

1997年

1998年

1999年

2000年

2001年

2002年

2007年

2008年

2011年

OVA[編集]

1989年

1992年

1993年

1996年

  • アルプスの少女ハイジ アルムの山編 
  • アルプスの少女ハイジ ハイジとクララ編

1998年

2000年

2001年

劇場アニメ[編集]

1963年

1979年

1997年

2000年

2001年

Webアニメ[編集]

2006年

ゲーム[編集]

1996年

1999年

2001年

2003年

  • SPIDER-MAN(ヴァルチャー〈エイドリアン・トゥームズ〉)

2004年

2007年

  • Syphon filter(ジョナサン・ファーガン)

2010年

吹き替え[編集]

洋画[編集]

海外ドラマ[編集]

海外アニメ[編集]

人形劇[編集]

特撮[編集]

CD[編集]

  • 武田泰淳著CD「ひかりごけ」(朗読)
  • プリンプリン物語 ソング・ブック
    • 世界お金持ちクラブの歌
    • 名付けうた

ドラマCD[編集]

ラジオドラマ[編集]

  • アメリカの夢、大都会の魅惑
  • 失われた感情
  • 海底二万リーグ(助手コンセイユ)
  • サウンド夢工房「愛と青春のサンバイマン」(城場)
  • 青春アドベンチャーロード
    • カムイの剣」(グラバー)
    • 「渇きの海」(マッケンジー博士)
    • 「脱獄山脈」
    • 「ウォー・ゲーム」(1986年)
    • 「A-10奪還チーム出動せよ」(チャイトフ将軍)
    • 「女王陛下のアルバイト探偵」「第4話・調毒師を探せの巻」(1989年)
    • 「暗殺のソロ」(1989年) 
    • サラマンダー殲滅」(1991年)(秋山題吾)
    • 「北壁の死闘」(クラスナー少将)
    • 「エドモンたちの島」
  • 狙撃兵の花嫁
  • 中学校の時間「名作をたずねて」(啄木)
  • 寺山修司 ラジオドラマ「コメット・イケヤ」(警官)
  • もうひとつのステレオ ダミーヘッドできく音の世界(案内役)
  • ヤン坊ニン坊トン坊
  • ラジオドラマ・アーカイブス「ある自転車泥棒の話」(刑事)

ナレーション[編集]

ボイスオーバー[編集]

その他[編集]

関連書籍[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 『声優事典 第二版』キネマ旬報社、1996年、299頁。ISBN 4-87376-160-3。
  2. ^ a b c d e f 八木 光生”. 日本タレント名鑑. 2020年1月13日閲覧。
  3. ^ a b 八木光生 - 81プロデュースの公式サイト
  4. ^ 『声優名鑑』成美堂出版、1999年、661頁。ISBN 978-4415008783。
  5. ^ a b 八木光生(出典:日本タレント名鑑)”. Yahoo!検索(人物). Yahoo Japan. 2016年8月4日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年8月4日閲覧。
  6. ^ a b c タレントデータバンクによる代表作品より 2016年8月4日閲覧
  7. ^ 『声優名鑑 アニメーションから洋画まで…』近代映画社、1985年、162頁。
  8. ^ 『日本タレント名鑑(1991年版)』VIPタイムズ社、1991年、286頁。
  9. ^ 特集 素敵に歳を重ねる 活き生きの原動力”. 生活創造のM. 長谷工シニアホールディングス (2018年8月9日). 2020年3月3日閲覧。
  10. ^ 『日本タレント名鑑(2019年版)』VIPタイムズ社、2019年1月26日、377頁。ISBN 978-4-904674-10-9。
  11. ^ レインボー戦隊ロビン”. 東映アニメーション. 2016年6月16日閲覧。
  12. ^ 星の子チョビン”. メディア芸術データベース. 2016年9月18日閲覧。
  13. ^ サラリーマン金太郎”. メディア芸術データベース. 2016年9月18日閲覧。
  14. ^ ぷちぷり* ユーシィ”. メディア芸術データベース. 2016年9月18日閲覧。
  15. ^ 劇場版 フランダースの犬”. バンダイビジュアル. 2016年9月18日閲覧。
  16. ^ も~っと! おジャ魔女どれみ カエル石のひみつ”. メディア芸術データベース. 2016年9月18日閲覧。
  17. ^ コメットさん”. メディア芸術データベース. 2016年11月26日閲覧。