八木山ベニーランド

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
八木山ベニーランド
Benyland
Yagiyama beni-rando.JPG
八木山ベニーランドの入口
八木山ベニーランドの位置(仙台市中心部内)
八木山ベニーランド
所在地 宮城県仙台市
座標 北緯38度14分48秒 東経140度50分55秒 / 北緯38.24667度 東経140.84861度 / 38.24667; 140.84861
住所 太白区長町字越路19番地1
公式サイト benyland.com
所有者 株式会社エイトリー
総支配人 八木充幸
開業 1968年昭和43年)4月14日
旧称 八木山遊園地
開園期間 3月初旬〜翌年の成人の日
面積 7.9ha
アトラクション 25(2010年現在)
ジェットコースター 3(2019年現在)

八木山ベニーランド(やぎやまベニーランド)は、宮城県仙台市太白区にある遊園地である。市民からは「ベニーランド」と呼ばれる。運営会社は株式会社エイトリーである。

概要[編集]

仙台市都心部の西に隣接する青葉山丘陵の八木山に位置する。道路を挟んで向かい側に仙台市八木山動物公園があり、仙台城がある青葉山とは竜の口渓谷広瀬川支流)を挟んで向かい合っている。

開園期間は例年3月初旬から翌年の成人の日までで、約1月半の冬季閉園期間がある。また12月度の平日および年末も休園。八木山動物公園の入園券の半券を提示することでベニーランドの入園料が割り引かれるサービスが行われている。また、山形県上山市にあるリナワールドと共に「南東北遊園地協議会」を結成[1] し、共通イベントや割引などを行っている。

ベニーランドのマークは「ベニーマーク」と呼ばれ、ベニーランドの「ベ」を円で囲んで図案化したものである。濁点を眼、「へ」を口に見立て、子供の笑顔をイメージしている。

沿革[編集]

1968年昭和43年)4月14日に東北地方で初めての総合遊園地として開園した。八木山動物公園の開園から3年後のことである。開園当時のアトラクションの数は15で、ジェットコースターゴーカートティーカップ、回転ブランコ、宇宙ロケットなどがあった。ジェットコースターやゴーカート、ティーカップは移転やリニューアルを経て今でも現役であるが、回転ブランコや宇宙ロケットなど後年に廃止されたアトラクションもいくつかあった。開園後、観覧車の新設などアトラクションの充実が図られ、1980年には2回転宙返りのコークスクリューが設置された。これは、アトラクションマシンの大型化、外国製マシンの導入という点で画期的だったという。アトラクションの拡充はその後も続けられ、現在は30近いアトラクションが利用者を楽しませている。

年表[編集]

  • 1930年(昭和5年)、「八木山遊園地」開園。
  • 1968年(昭和43年)
  • 1971年(昭和46年)、観覧車が初めて設置された[2]
  • 1992年平成4年)、観覧車が建て替えられた(2代目)[2]
  • 2007年(平成19年)6月3日、「第1回仙台コスプレフェスティバル」が開催され、約400名が参加した[3]。同年10月28日には第2回が「ハロウィンフェスタ」として開催され、東北各県だけでなく関東地方からも含め、700名を超える参加者が集まった。
  • 2011年(平成23年)
  • 2017年(平成29年)2月20日、翌年に当園が開園50周年を迎えるのに合わせ、「あおがく」(仙台市)が(2代目)観覧車の命名権を取得し、同社が経営する学習塾名に因んで「観覧車~Presented by仙台あおば学舎」と名付けられ、当シーズンの開園日である3月11日より2年間使用されることが発表された[2]
  • 2020年(令和2年)、2019新型コロナウイルス感染拡大のため4月11日から5月22日まで42日間にわたり休業。5月23日営業再開[4]
  • 2021年(令和3年)、1980年以来運行されてきたコークスクリューの車両が、としまえんから譲渡される車両に交換予定。旧車両は、北海道の遊園地に譲渡される予定。

テーマソング[編集]

1968年昭和43年)4月14日の開園を記念してベニーランドのテーマソングが作られた。真崎冬彦が作詞、越部信義が作曲、天地総子が歌を担当した。その後、東北地方各県でベニーランドのコマーシャルが流され、宮城県のみならず、東北各県でなじみの歌となった。そのメロディ替え歌にされて地元の高校野球の応援に用いられてきたが、近年はプロ野球東北楽天ゴールデンイーグルスチャンステーマとしても使用されている。2002年4月に第一興商の「メロDAM」にて、携帯電話着信メロディ配信サービスが行われた際には、ダウンロード数は2万件を越えた(現在は終了)。

作曲者、作詞者、歌手は長い間不明とされてきたが、2006年7月にテーマソングが初めてCD化され園内で発売された際に、作詞者と歌手が判明した。さらに2007年4月25日に発売された『宮城なつかCM大全集[5]』では企画段階からラインナップの目玉とされ、担当者が奔走して作曲者を越部信義と突き止めた。

この他、2007年9月22日に発売されたCD『天地総子大全〜フーコのコマソン・パラダイス』や、同年11月23日に発売された『懐かしのせんだいCM大百科』にテーマソングが収められた。

歌詞は5番まで存在するが、録音されたメロディーは3番までしかない。

楽天のチャンステーマで他地域にも知られるようになったが、他地域ではガリガリ君のCMソングと間違える人もいる。

園内施設[編集]

スカイジェットから見たベニーランド園内
※現行の第2代観覧車はミゼッティ工業製で、イタリア製の1万個のイルミネーションで飾られている。6人乗りゴンドラ24基が外周に設置されており、約7で1周する。仙台空港[7] および霞目駐屯地[8]制限表面区域外にある(参照)が、当初指定1934年昭和9年)12月3日、最終決定1970年昭和45年)6月9日の八木山風致地区(93.9ha[9][10][11] の指定区域内にあるため、その規制により最高部の高さは35m直径32.4m)に留められている[12][13]。しかし、最高部の標高は180mに達し、東に仙台市都心部仙台湾牡鹿半島、北に泉ヶ岳七ツ森、南西に蔵王連峰などを望むことが出来る[12]。なお、同風致地区内には東北放送(TBC)のテレビ塔もあるが、こちらの高さは120mとなっている(参照)。

所在地・アクセス[編集]

所在地

周囲の住所は八木山本町だが、ベニーランドや動物公園後背地があるこの地区は住居表示が実施されていないため、飛地状態で「長町」の地名となっている(動物公園自体は、八木山本町一丁目43番1号となっており、住居表示実施済)。

アクセス

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ かつては同じ仙台市にある仙台ハイランド(2015年8月に閉園)も参加していた。
  2. ^ a b c <ベニーランド>観覧車命名権 あおがく取得(河北新報 2017年2月21日)
  3. ^ 仙台の遊園地「八木山ベニーランド」でコスプレイベント(仙台経済新聞 2007年6月6日)
  4. ^ 43日ぶり再開 仙台の遊園地ベニーランド”. FNN (2020年5月23日). 2020年5月24日閲覧。
  5. ^ 宮城なつかCM大全集studioM77
  6. ^ としまえんから移設
  7. ^ 仙台空港の制限表面図 (PDF)国土交通省東京航空局)
  8. ^ 霞目駐屯地から「高さ制限」のお知らせ (PDF)霞目駐屯地 2009年3月24日)
  9. ^ 風致地区(仙台市「百年の杜」)
  10. ^ 風致地区(宮城県)
  11. ^ 風致地区(国土交通省)
  12. ^ a b 観覧車対決ふたたび?(八木山ベニーランド「べにーらんどのブログ」 2009年5月23日)
  13. ^ 「ニッポンの観覧車」にベニーが掲載(八木山ベニーランド「べにーらんどのブログ」 2009年8月9日)

関連項目[編集]