八木柊一郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

八木 柊一郎(やぎ しゅういちろう、1928年12月20日 - 2004年6月14日)は神奈川県出身の劇作家である。本名は八木伸一。旧制山形高等学校中退。

人物[編集]

旧制高等学校在学中に同人誌の作品を発表し、1955年文学座公演「三人の盗賊」で劇作家デビューとなった。それ以降、数々の新劇、商業演劇の脚本を発表した。舞台以外ではドラマの脚本や舞台の演出家として活躍した。

2004年、直腸癌のため75歳で死去。

代表作品[編集]

舞台[編集]

  • 「波止場乞食と六人の息子たち」
  • 「コンベアーは止まらない」
  • 「空巣」
  • 「国境のある家」

ほか

テレビドラマ[編集]

受賞[編集]