八木氏

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
八木氏
家紋
本姓 八木造
家祖 布留多摩乃命
種別 神別
出身地 河内国?
主な根拠地 山城国右京
凡例 / Category:日本の氏族

八木氏(やぎし / やぎ の うじ)は、古代日本神別氏族姓(かばね)八木造(やぎのみやつこ)で造(みやつこ)姓。「やぎ」は陽疑陽枳矢木にも作る[1]


出自[編集]

新撰姓氏録』によれば、和多罪豊玉彦命わたつみとよたまひこのみこと)の児神、布留多摩乃命ふるたまのみことの後裔とされる[2]

「八木」の氏名うじな河内国和泉郡(後に和泉国和泉郡)八木郷(現大阪府岸和田市八木地区)の地名に基づくとされるが[3]、現奈良県橿原市八木町に八木寺(廃寺)があり[注釈 1]、その創建は奈良時代に遡るものと見られるので、これを八木氏の氏寺と見て同地一帯に一族が蟠踞した可能性を説く説もある[4]。また、一族で東大寺の写経生であった八木宮主が氏神の祭りを理由に休暇を請うた記録が『正倉院文書』に残されており[5]、この氏神を鴨大神(現高鴨神社)と見て、その鎮座地である大和国葛上郡(現奈良県御所市)及びその南隣の同国宇智郡(現同県五條市)に住した一族がいた可能性も指摘されている[6]

九州南部の八木氏[編集]

薩摩隼人の末裔ともされ真幸院の郡司を務めた日向国日下部氏の庶流の中に、土持氏岩切氏・海江田氏と共に八木姓が見える。上代にはあまり見られないが、文明年間に肝付氏島津氏庶流の新納氏に属して伊東氏伊作島津氏の合戦に参加した者が見える。他には島津氏16代島津義久祐筆となった八木正信があり、江戸時代は鹿児島衆の中に名が見える。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 八木町2丁目に寺跡がある。
  1. ^ 続日本紀宝亀6年(775年)正月辛酉(27日)条に「陽疑造豊成女」、宝亀元年12月19日(771年)付「奉写一切経料墨紙筆用帳」(『大日本古文書』第6巻31頁)に「陽枳宮主」、宝亀2年(771年)3月29日付「奉写一切経所解」(同第18巻258頁)に「矢木宮主」とあり、いずれも一族と思われる(佐伯、『新撰姓氏録の研究』)。なお、後2者は同一人物で宝亀2年正月29日付「奉写一切経料墨紙筆用帳」(同第6巻32頁)等に「八木宮主」とあり、姓の記載はないものの恐らく造姓を有したであろうと推測される(佐伯、前掲書)。
  2. ^ 右京神別地祇部「八木造」条。
  3. ^ 佐伯、『新撰姓氏録の研究』。
  4. ^ 近江、「楊貴氏墓誌の研究」。
  5. ^ 宝亀2年4月10日付「八木宮主解 申請暇日事」(『大日本古文書』第6巻169頁)。なお、八木宮主の名は前掲注のように、当時の文書に散見する。
  6. ^ 岸、「楊貴氏の墓誌」(『日本古代政治史研究』及び『五條市史』)。

参考文献[編集]

  • 神別氏族の八木氏
    • 近江昌司「楊貴氏墓誌の研究」(日本歴史学会編『日本歴史』第211号、吉川弘文館1965年昭和40年)所収)
    • 岸俊男「楊貴氏の墓誌」(『日本古代政治史研究』、塙書房、1966年昭和41年)所収)
    • 同「楊貴氏の墓誌」(『五條市史 新修』所収(通史編第4章第6節)、五條市役所、1987年昭和62年))
    • 佐伯有清『新撰姓氏録の研究』考証篇第3巻、吉川弘文館、1982年昭和57年) ISBN 4-642-02113-2
  • 九州南部の八木氏
    • 稲葉行雄 『「さつま」歴史人名集』(高城書房出版)ISBN 4-924752-28-2

関連項目[編集]