八木沢元樹

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
八木沢 元樹 Portal:陸上競技
選手情報
フルネーム 八木沢 元樹
愛称 げんちゃん
国籍 日本の旗 日本
種目 長距離走
所属 ヤクルト
大学 明治大学
生年月日 (1993-03-04) 1993年3月4日(25歳)
生誕地 日本の旗 栃木県
身長 170cm
体重 60kg
自己ベスト
1500m 3分46秒50
5000m 13分28秒79
10000m 29分33秒63
編集 テンプレートのヘルプを表示する

八木沢 元樹(やぎさわ げんき、1993年3月4日 - )は、日本陸上競技選手。栃木県出身。那須拓陽高校明治大学卒業。ヤクルト所属。5000m明治大学記録保持者[1]左利き

来歴・人物[編集]

那須拓陽高校時代はインターハイ国体駅伝で活躍。同級生には、のちにヤクルトでも同僚となる高久龍(東洋大学卒業)がいる。

高校卒業後は明治大学に進学。1年生時は、当時主将で当時10000m日本学生記録保持者の鎧坂哲哉を上回るポテンシャルを持つスーパールーキーとして期待された。しかしトラックシーズンは目立った結果は残せず9月の合宿後には左太ももの骨膜炎を発症。練習を積めない日々が1か月以上続き、出雲駅伝全日本大学駅伝は共に出走なし。しかし2012年1月に開催された第88回東京箱根間往復大学駅伝競走では、各校のスピードランナーが集う4区を走り、54分53秒と同学年の田口雅也(東洋大学)に8秒及ばなかったものの、5人抜きの快走を魅せチームの49年ぶりの総合トップ3(3位)に貢献した。

2年生時には同級生の有村優樹大六野秀畝と共にチームの主力の立場になった。しかし前年同様、出雲、全日本の2つの大学駅伝は欠場。

2013年1月に開催された第89回東京箱根間往復大学駅伝競走は前年同様4区を走り順位を2つ上げたが、58分21秒と区間7位と前年を上回る走りができず、チームは総合7位でフィニッシュした。

3年生時には5000mで、13分28秒79と明大新記録と早稲田大迫傑に次ぐ現役学生2位のタイムをマーク。2013年10月に開催された出雲駅伝では2区(5.8km)を走り、6人抜きの快走し16分32秒と区間賞を獲得。5000メートル現役学生2位のタイムの意地を魅せた。2013年11月に開催された全日本大学駅伝は各校のエースが集う2区を走ったが、順位を4つ下げてしまい39分47秒と区間11位となり、チームは3位でフィニッシュした。2014年1月に開催された第90回東京箱根間往復大学駅伝競走は、初の3区を走り、前を走る早稲田大学との差を30秒縮める快走を魅せ、1時間03分27秒と区間2位でチームは往路、復路ともに7位ながら総合6位でフィニッシュした。

4年生になるとチームを引っ張る立場になった。しかし故障の影響で、出雲・全日本・箱根と相次いで欠場し、入学以来初めて大学三大駅伝を走らず卒業した。

大学卒業後はヤクルトに入社。2016年1月に開催された全日本実業団駅伝は、6区を走ったが順位を6つ下げてしまい、40分03秒と区間36位で、チームは23位でフィニッシュした。

2019年3月をもって、競技を引退。[2]

戦績・記録[編集]

主な戦績[編集]

大会 種目(区間) 順位 記録 備考
2010 沖縄インターハイ 1500m 2位(日本人1位) 3分46秒50
千葉国体 5000m 2位(日本人1位) 13分57秒37 少年A
2011 全国都道府県対抗男子駅伝 1区(7.0㎞) 区間賞 20分07秒 ジュニアA優秀選手賞
千葉国際クロスカントリー 8km 優勝 23分59秒 ジュニア
世界クロスカントリー選手権大会 8km 37位 24分34秒 ジュニア
2012 日本ジュニア陸上競技選手権大会 5000m 2位 14分23秒33
2014 関東インカレ 1500m 2位(日本人1位) 3分52秒23
5000m 4位(日本人2位) 13分47秒39

大学駅伝戦績[編集]

学年 出雲駅伝 全日本大学駅伝 箱根駅伝
1年生
(2011年度)
第23回
不出場
第24回
不出場
第88回
4区-区間2位
54分23秒
2年生
(2012年度)
第24回
不出場
第44回
不出場
第89回
4区-区間7位
58分21秒
3年生
(2013年度)
第25回
2区-区間賞
16分32秒
第45回
2区-区間11位
39分47秒
第90回
3区-区間2位
1時間03分27秒
4年生
(2014年度)
第26回
不出場
第46回
不出場
第91回
不出場

実業団駅伝戦績[編集]

大会 区間 区間順位 タイム 備考
2016 全日本実業団駅伝 6区 区間37位 40分03秒

自己ベスト[編集]

出典[編集]

  1. ^ 競走部の紹介/明大記録 - 明治大学体育会競走部公式ウェブサイト
  2. ^ 八木沢元樹 (2019年2月23日). “[https://twitter.com/awasigay4030/status/1099557520287256576 また、3月をもって私は陸上競技を引退する事に致しました。今回のレースが競技選手として最後の試合でした。 ファンの皆様、ご指導頂いた方々をはじめ多くのご支援を頂きこれまで競技を続けることが出来ました。 本当に、本当にありがとうございました。]” (日本語). @awasigay4030. 2019年2月24日閲覧。
  3. ^ 八木沢 元樹 メンバープロフィール - Yakult 陸上競技部