八木町 (八王子市)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
日本 > 東京都 > 八王子市 > 八木町
八木町
—  町丁  —
八木町の位置(多摩地域内)
八木町
八木町
八木町の位置
座標: 北緯35度39分42.08秒 東経139度19分19.13秒 / 北緯35.6616889度 東経139.3219806度 / 35.6616889; 139.3219806
日本の旗 日本
都道府県 Flag of Tokyo Prefecture.svg 東京都
市町村 Flag of Hachioji, Tokyo.svg 八王子市
地域 中央地域
面積[1]
 - 計 0.062km2 (0mi2)
人口 (2017年(平成29年)12月31日現在)[2]
 - 計 880人
等時帯 日本標準時 (UTC+9)
郵便番号 192-0055[3]
市外局番 042[4]
ナンバープレート 八王子
※座標は八王子市立第二小学校付近

八木町(やぎちょう)は、東京都八王子市の地名である。丁番を持たない単独町名であり、住居表示実施済区域[1]郵便番号は192-0055(八王子郵便局管区)[3]

地理[編集]

八王子市の東部、市街地の西寄りに位置する。町の中央部を東西に甲州街道が、東端を南北に秋川街道が走る。

東で八幡町、南で小門町、西で追分町、北で元本郷町一丁目、北東で本郷町と隣接する。

歴史[編集]

武田勝頼家臣、八木源左衛門が武田氏滅亡後に隠れ住んだ地であり、その姓からとって八木という地名がつけられたといわれる。 江戸時代には、八王子横山十五宿のうちの八木宿として栄えた。

  • 1882年(明治15年) - 八王子横山宿のうち、八木宿より八王子八木町が起立。
  • 1889年(明治22年)4月1日 - 町村制施行により、八王子八木町など20の町村が合併し、神奈川県南多摩郡八王子町が成立する。旧八王子八木町域は八王子町八木町となる。
  • 1893年(明治26年)4月1日 - 南多摩郡が東京府に移管される。
  • 1917年(大正6年)9月1日 - 八王子町が市制施行するのに伴い、八王子市八木町となる。
  • 1943年(昭和18年)7月1日 - 東京都制施行。
  • 1968年(昭和43年) - 住居表示を実施。(旧)3~78番地から(新)1~8番地と一部が追分町に編入された。[1]

世帯数と人口[編集]

2017年(平成29年)12月31日現在の世帯数と人口は以下の通りである[2]

町丁 世帯数 人口
八木町 492世帯 880人

小・中学校の学区[編集]

市立小・中学校に通う場合、学区は以下の通りとなる[5]

番地 小学校 中学校
全域 八王子市立第二小学校 八王子市立第四中学校

交通[編集]

バス[編集]

道路[編集]

施設[編集]

教育[編集]

  • 八王子市立第二小学校[6]
  • 光明第一保育園[7]

商業[編集]

参考文献[編集]

  • 八王子事典の会 『八王子事典』 かたくら書店

関連項目[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 八王子市の町名と面積一覧(住居表示実施状況)”. 八王子市 (2016年6月29日). 2018年1月15日閲覧。
  2. ^ a b 住民基本台帳 町丁別世帯数及び人口”. 八王子市 (2018年1月15日). 2018年1月15日閲覧。
  3. ^ a b 郵便番号”. 日本郵便. 2018年1月15日閲覧。
  4. ^ 市外局番の一覧”. 総務省. 2018年1月15日閲覧。
  5. ^ 通学区域一覧・通学区域図(町名別)”. 八王子市 (2016年6月29日). 2018年1月15日閲覧。
  6. ^ 八王子市立第二小学校
  7. ^ 光明第一保育園
  8. ^ LEXUS > 販売店検索 > レクサス販売店
  9. ^ ローソンストア100 八王子八木町 | 店舗検索 | ローソン
  10. ^ 八木町支店 | 多摩信用金庫 店舗・ATM検索