八条実俊

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
本来の表記は「八條實俊」です。この記事に付けられた題名は技術的な制限または記事名の制約により不正確なものとなっています。
 
八条実俊
時代 鎌倉時代前期
生誕 不明
死没 嘉禎3年12月18日1238年1月5日
官位 従三位非参議
主君 土御門天皇順徳天皇仲恭天皇後堀河天皇四条天皇
氏族 滋野井家庶流八条家
父母 父:藤原公清、母:源資賢
兄弟 藤原実嗣、実俊、河鰭実隆、実誉、
実秀、実秋、公方、実増
佐々木定綱娘・春華門院大進
公有、実清、藤原公世、公員、道源、
公秋、良寛、中山忠定室
テンプレートを表示

八条 実俊(はちじょう さねとし)は、鎌倉時代前期の公卿参議藤原公清の長男。母は権大納言源資賢の娘。官位従三位非参議

家系[編集]

実俊は閑院流滋野井家の分流である八条家の出身である。弟である実隆の年齢を考慮すると、40歳前後で死去したものと考えられる。弟・実隆の系統は参議を極官とする河鰭家[1]として続いたが、実俊の系統は非参議公卿の家格で室町時代まで存続した。なお、『徒然草』第45段に登場する藤原公世は実俊の子である。

経歴[編集]

以下、『公卿補任』と『尊卑分脈』の内容に従って記述する。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 鎌倉室町時代は一条とも称された。
  2. ^ 皇太后宮の前年の朔旦冬至の御給。
  3. ^ 八条院御給。

参考文献[編集]