八杵命

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
八杵命

神祇 国津神
全名 八杵命
神格 開拓の神
陵所 伝承あり
建御名方神
八坂刀売神
久留須神、比良夫神、若那売神、八立神、倉稲主神
神社 諏訪大社、矢木神社 等
関連氏族 小出氏

八杵命(やきねのみこと、やぎのみこと)は、長野県諏訪地方の民間伝承(諏訪信仰)の

概要[編集]

史料としては『神氏系図』等に見える神で、建御名方神の子とされるが、御子神や子孫以外にこれといった記述はない。諏訪大社上社の五官祝(ごかんのほうり)の一つ、禰宜大夫(ねぎだゆう)を務めた小出氏の祖神と伝えられるが、詳細な系図は現存しておらず、その全貌は不明である。

下諏訪町矢木に鎮座する矢木神社では信濃国開拓の神とされ、神陵が付近にあると伝わるが、詳細な位置は不明。

考証[編集]

八杵命は他の史書には見えず、同神を祀る神社も長野県以外に存在するか不明であるが、阿波国式内社である八桙神社の祭神八桙神と同一視する説がある。『特撰神名牒』、『大日本史神祇志』では祭神八桙神は建御名方神の子または曾孫としており[1][2]、『諸系譜』第六冊の「長公系図」には、弟を意味する「イロト(色止・伊呂止)」を名にする伊侶止命の子に八上乃命(やかみのみこと)があげられており、これが八桙神にあたると考えられる[3]

父祖の関係であるが、鈴木真年はその著『史略名称訓義』において「大和国城上郡登美ノ人、長髄モ同所ノ邑名、飛鳥事代主神ノ子」と記し、これは本荘氏の系譜『本荘家譜』において汙麻斯麻尼足尼命(宇摩志麻遅命)の補註に「母飛鳥大神之女、登美夜毘売」と記されていることからとされる。また太田亮も「磯城彦は即ち三輪氏の他ならず」と指摘している[4]

宝賀寿男はその行動や世代関係などから、長髄彦を事代主神の子ではなくその弟と考え、建御名方神諏訪氏祖)、天八現津彦命、観松彦色止命(長国造都佐国造祖)と同一という説を唱えた。加えて顕著な龍蛇信仰、本殿を持たない神社、銅鐸の分布、長野県に分布する「三輪」の地名と三輪信仰、互いに「ミワ」姓を名乗ることから三輪氏、諏訪氏が同族の海神族であるとした。また長髄彦の子孫は二つの系統に別れたと考え、一方を伊豆速男命片倉辺命)に始まる諏訪氏、もう一方を八杵命(八桙神)に始まる長国造、都佐国造とした[5]

系譜[編集]

建御名方神八坂刀売神の子の一柱で、子に久留須神、比良夫神、若那売神、八立神(八玉神)、倉稲主神(倉稲魂神)がいる。

祀る神社[編集]

  • 諏訪大社上社前宮 摂社 若御子社(長野県茅野市宮川)
  • 諏訪大社下社春宮 摂社 若宮社(長野県諏訪郡下諏訪町
  • 諏訪大社下社秋宮 摂社 若宮社(長野県諏訪郡下諏訪町)
  • 矢木神社(長野県諏訪郡下諏訪町)

参考文献[編集]

  1. ^ 延川和彦「諏訪氏系図」『修補諏訪氏系図.正編』飯田好太郎、大正10年、18頁。
  2. ^ 宝賀寿男『長髄彦の後裔とその奉斎神社』2008年
  3. ^ 宝賀寿男『長髄彦の後裔とその奉斎神社』2008年
  4. ^ 宝賀寿男「長髄彦と磯城県主の系譜」『三輪氏 大物主神の祭祀者』青垣出版、2015年
  5. ^ 宝賀寿男「長髄彦と磯城県主の系譜」『三輪氏 大物主神の祭祀者』青垣出版、2015年

脚注[編集]

関連項目[編集]