八橋駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
八橋駅*
Yabase stn.jpg
駅舎
やばせ
Yabase
浦安 (1.8 km)
(3.7 km) 赤碕
所在地 鳥取県東伯郡琴浦町大字八橋字下勝見988
所属事業者 西日本旅客鉄道(JR西日本)
所属路線 A 山陰本線
キロ程 287.6 km(京都起点)
電報略号 ヤハ
駅構造 地上駅
ホーム 1面1線
乗降人員
-統計年度-
142人/日
-2018年-
開業年月日 1928年昭和3年)7月4日*
備考 無人駅(自動券売機 有)
* 1938年に八橋浜仮停車場から改称。
テンプレートを表示

八橋駅(やばせえき)は、鳥取県東伯郡琴浦町大字八橋字下勝見にある西日本旅客鉄道(JR西日本)山陰本線である。

歴史[編集]

  • 1928年昭和3年)7月4日 - 国有鉄道山陰本線の八橋駅(初代、現・浦安駅) - 赤碕駅間に八橋浜仮停車場として開業。季節営業の臨時駅で、旅客営業のみを行っていた。
    • 当時の所在地表示は鳥取県東伯郡八橋町大字八橋字下勝見であった。
  • 1938年(昭和13年)8月20日 - 通年営業の駅に格上げ、八橋駅に改称。
  • 1954年(昭和29年)2月1日 - 東伯町成立に伴い、所在地表示が鳥取県東伯郡東伯町大字八橋字下勝見になる。
  • 1987年(昭和62年)4月1日 - 国鉄分割民営化により、西日本旅客鉄道(JR西日本)の駅となる。
  • 2004年平成16年)9月1日 - 琴浦町成立に伴い、所在地表示が鳥取県東伯郡琴浦町大字八橋字下勝見になる。

駅構造[編集]

米子方面に向かって右側に単式1面1線のホームを持つ地上駅停留所)。棒線駅のため、ホームは米子方面行きと鳥取方面行きの共用。駅舎には八橋ふれあいセンターが併設されており、そこからホームへは階段かスロープで上がる。鳥取鉄道部管理の無人駅となっているが、ホーム上の待合室の中に自動券売機が設置されている。

利用状況[編集]

1日乗降人員推移 [1][2] 年度 1日平均人数
2011年 152
2012年 150
2013年 170
2014年 194
2015年 170
2016年 166
2017年 146
2018年 142

駅周辺[編集]

隣の駅[編集]

※快速「とっとりライナー」については、平日上りに米子駅から倉吉駅まで各駅に停車する1本のみが停車する。停車駅については列車記事を参照のこと。

西日本旅客鉄道
A 山陰本線
浦安駅 - 八橋駅 - 赤碕駅

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 国土数値情報(駅別乗降客数データ) 、2019年7月4日閲覧
  2. ^ 国土数値情報 駅別乗降客数データ - 国土交通省、2020年9月3日閲覧

関連項目[編集]

座標: 北緯35度30分11.82秒 東経133度40分25.16秒 / 北緯35.5032833度 東経133.6736556度 / 35.5032833; 133.6736556