八熊通

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Japanese Route Sign Number 2.svgJapanese Route Sign Number 9.svg
愛知県道29号標識
藤成通5交差点(名古屋市昭和区藤成通)

八熊通(やぐまどおり)は、愛知県名古屋市中川区富田町榎津にある榎光橋西交差点から名古屋市昭和区檀渓通四丁目にある檀渓通4交差点に至る、名古屋市内の通りの一つである。愛知県道29号弥富名古屋線のうち、名古屋市内の区間(新川以東)を指す。「八熊通」の名は、1984年(昭和59年)に名古屋市が市内の道路の愛称を公募し制定した[1]

名古屋市の主要な東西の通りの一つで、沿線には中川区役所、中川運河、名古屋の副都心である金山東邦ガス本社、名古屋市立大学病院などがある。

全線に渡って片側2車線で、中央分離帯がある。起点から終点までほぼまっすぐな道となっている。

中川区の八熊通沿いには八熊(1~3丁目)、および八熊通(4~6丁目)という地名があるが、ここはかつて八熊村という村であり、この村の名前は、地区内にある「劔神社」と「野神社」の頭文字を取ったものである。

区間[編集]

  • 起点:名古屋市中川区富田町榎津(榎光橋西交差点)
  • 終点:名古屋市昭和区檀溪通四丁目(檀渓通4交差点)

交差する道路[編集]

沿線[編集]

別名[編集]

  • 篠原橋通(名古屋市中川区)
  • 八熊通(名古屋市中川区、熱田区、昭和区)
  • 滝子通(名古屋市昭和区)
  • 藤成通(名古屋市昭和区)

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 『広報なごや』1985年(昭和60年)1月号 p11. 名古屋市鶴舞中央図書館

関連項目[編集]