八王子いちょう祭り

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

八王子いちょう祭り(はちおうじ いちょうまつり)とは東京都八王子市にて、毎年秋季土・日曜日の2日間に実施されているである。「いちょう祭り」の愛称で知られている。1979年から始まった。

2006年の第27回は「昭和の日」の制定を記念して実施された(これは、八王子に昭和天皇の御陵があるからである)。

概要[編集]

八王子市内の甲州街道

八王子市内を走る甲州街道国道20号)には、770本のいちょう並木が続いている。このいちょうは1929年多摩御陵が完成した記念として宮内庁が植樹したものであり1964年に天然記念物に指定されている。 御陵近くの陵南公園をメインに東は追分から西は小仏まで、御陵付近では甲州街道北側に並行して流れる南浅川沿いも会場となっている。

出店は地元の住民が中心でフリーマーケットのような手作りの品や古着、子供のおもちゃなどが多い。運営も住民や学生のボランティアが中心の手作り感の強い祭りである。

毎年、約50万人の人出で賑わう。

またクラシックカーパレードが併せて実施されており、甲州街道を日本各地から集まったクラシックカーが走る。ここのクラシックカーパレードは全国の草分けといわれている。和太鼓お祭り広場・イッチョYOSAKOI踊りゃんせ等、日本の伝統芸能も楽しめる。

甲州街道沿いの町内会ごとに追分から駒木野の小仏関所跡まで関所が設けられる。関所では町内会などの出店のほか、オリエンテーリングとして木製の通行手形に焼印を押してもらえる。関所の焼印を集めると記念品がもらえる。

開催日・観客動員数[編集]

回数 開催日 観客動員数
第1回 1979年11月1011日 165,000人
第2回 1981年11月2122日 196,000人
第3回 1982年11月20・21日 218,000人
第4回 1983年11月19・20日 245,000人
第5回 1984年11月1718日 264,000人
第6回 1985年11月2324日 235,000人
第7回 1986年11月23・24日 294,000人
第8回 1987年11月22・23日 330,000人
第9回 昭和天皇容態悪化のため、開催自粛(中止)
第10回 1989年11月18・19日 227,000人
第11回 1990年11月17・18日 275,000人
第12回 1991年11月23・24日 280,000人
第13回 1992年11月22・23日 290,000人
第14回 1993年11月20・21日 175,000人
第15回 1994年11月19・20日 232,000人
第16回 1995年11月18・19日 278,000人
第17回 1996年11月23・24日 343,500人
第18回 1997年11月23・24日 316,000人
第19回 1998年11月22・24日 283,000人
第20回 1999年11月20・21日 288,000人
第21回 2000年11月2526日 317,000人
第22回 2001年11月24・25日 301,000人
第23回 2002年11月23・24日 187,000人
第24回 2003年11月22・23日 310,000人
第25回 2004年11月20・21日
第26回 2005年11月19・20日
第27回 2006年11月18・19日 253,000人
第28回 2007年11月17・18日 326,000人
第29回 2008年11月22・23日 323,000人
第30回 2009年11月21・22日 302,000人
第31回 2010年11月20・21日 338,000人
第32回 2011年11月19・20日 281,000人
第33回 2012年11月17・18日 322,000人
第34回 2013年11月16・17日
第35回 2014年11月15・16日
第36回 2015年11月21・22日 522,000人
第37回 2016年11月19・20日 493,000人

主催[編集]

  • 八王子いちょう祭り祭典委員会