八王子市こども科学館

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Japanese Map symbol (Museum) w.svg コニカミノルタ サイエンスドーム

Hachioji City Children's Museum of Science.JPG

施設情報
正式名称 八王子市こども科学館
愛称 サイエンスドーム八王子
専門分野 天文学
事業主体 八王子市
開館 1989年(平成元年)1月28日[1]
所在地 192-0062
日本の旗 日本 東京都八王子市大横町9番13号
位置 北緯35度39分53.5秒 東経139度19分40秒 / 北緯35.664861度 東経139.32778度 / 35.664861; 139.32778座標: 北緯35度39分53.5秒 東経139度19分40秒 / 北緯35.664861度 東経139.32778度 / 35.664861; 139.32778
アクセス #アクセス参照
外部リンク #外部リンク参照
プロジェクト:GLAM
テンプレートを表示

八王子市こども科学館(はちおうじしこどもかがくかん)は、東京都八王子市にある科学館である。

愛称は「サイエンスドーム八王子」だったが、コニカミノルタとのネーミングライツ締結に伴い、2013年8月から3年間「コニカミノルタ サイエンスドーム」という名称が使われている[2]

概要[編集]

  • 東京都八王子市にあるバリアフリー設備の整った科学館。1階ではプラネタリウムがあるほか、ボールコースターといったゲームで遊べる。2階では八王子市でみられる動物はく製が展示されているほか、会議室ではイベントが開かれる。また、休憩スペースも完備されている(それ以前は再入館を申請せざるを得なかった)。
  • 年に4回、鉄道模型のイベントが開催されるほか、毎年9月には芝学園によるライブスチームの運転会が開かれる。
  • 屋外には、八王子市地形断面図と、地下鉄丸ノ内線で使用されていた500形車両、通称「流星号」が保存されている(その車両は1997年までは京王堀之内駅前に保存されていた)。
652号車
(2010年04月10日 / 八王子市こども科学館)
  • 2016年から2017年にかけてリニューアル工事が行われ、その間にプラネタリウムの機械の更新や、展示物の刷新並びに追加が行われた。

営業時間[編集]

休館日について
毎週月曜日は休館日(月曜日が祝祭日の場合は、その翌日・翌々日が休館日となる)。
年末年始、その他プラネタリウム番組入れ替え期間など、休館となる場合がある。
開館時間
春休み・夏休み・冬休み期間 ⇒ 一般・団体ともに午前10時から午後5時
上記期間以外
火曜日から金曜日  一般⇒ 正午から午後5時 (※午前9時から正午は団体専用)
土曜・日曜・祝日・休日・10月1日(都民の日)⇒ 一般・団体ともに午前10時から午後5時

入館料およびプラネタリウム観覧料[編集]

  • 毎週土曜日と5月5日は、こども料金(入館料・プラネタリウム観覧料)が無料。
  • 3歳以下の幼児は無料で入館・観覧できる。
  • 障害者手帳愛の手帳等を所有する入館者は、本人と付添者1名までが無料。
  • 入館券は、発券当日に限り、再入館可能。
  • プラネタリウムの観覧には、入館料と観覧料がそれぞれ必要となる。投影1回限り有効となっており、途中入場は安全上の理由でできない。
個人利用での料金
  • 入館料は、こども(4歳から中学生) 100円、大人(高校生以上) 200円。
  • プラネタリウム観覧料(1回につき)は、こどもが150円で、大人が500円。
団体利用での料金(有料となる入館者が30名以上の場合に適用)
  • 入館料はこども(4歳から中学生)80円、大人(高校生以上)160円。
  • プラネタリウム観覧料(1回につき)は、こどもが120円で、大人が400円。
予約などの受付はこの人数以下であっても行っている。
年間利用券(1年間有効)
  • こども(4歳から中学生)が1,000円、大人(高校生以上)が2,000円。
  • 年間利用券ではプラネタリウムの観覧はできず、料金が別途必要となる。

アクセス[編集]

出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 八王子市こども科学館”. 東京都三多摩公立博物館協議会. 2016年6月11日閲覧。
  2. ^ ネーミングライツの協定書を締結しました!”. 八王子市. 2016年6月11日閲覧。