八王子市陵南会館爆破事件

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
八王子市陵南会館爆破事件
Ruins of Higashi-Asakawa Station.JPG
事件現場(2018年(平成30年)10月28日撮影)
場所 日本の旗 東京都八王子市
日付 1990年(平成2年)10月9日 (UTC+9)
兵器 消火器爆弾と時限式発火装置
死亡者 0
負傷者 0
犯人 革労協解放派
謝罪 なし
賠償 なし
テンプレートを表示

八王子市陵南会館爆破事件(はちおうじしりょうなんかいかんばくはじけん)とは、1990年(平成2年)10月9日に東京都八王子市で発生した爆弾テロ事件。

日本の新左翼革労協解放派が起こした事件である。

標的の来歴[編集]

往年の旧東浅川駅

標的となった「陵南会館」は地元の八王子市の公民館で、元々は国鉄中央本線東浅川駅であった。

東浅川駅は大正天皇の大喪列車用の臨時駅として開設された皇室専用の駅で、社殿造駅舎であった。

皇室の御陵参拝に自動車を利用することが多くなったため、1960年(昭和35年)に廃止されたが、1962年(昭和37年)に国鉄から八王子市に払い下げられ、「陵南会館」という公民館となった。

事件の概要[編集]

平成改元後の1990年(平成2年)11月12日、第125代天皇上皇明仁即位の礼が挙行されることになった。新左翼各派は即位に反対すべく日本各地でテロ事件を続発させていた。

1990年10月9日、陵南会館の西側勝手口付近で突如爆発音とともに火の手が上がった。火は約1時間後に消し止められたが、陵南会館の大半を焼失し、付近の民家の窓ガラスが割れるなどの被害が出た。幸いにも死傷者はなかった。

その後の現場検証で、消火器爆弾と時限式発火装置の残骸が発見されたため、警視庁公安部は、新左翼による爆弾テロ事件と断定した。

10月13日、革労協解放派の「革命軍」の名で犯行声明が各報道機関に郵送された。

事件が与えた影響[編集]

従来、新左翼の皇室テロの対象は、皇室関連施設(国有財産法上の「皇室用財産」など)か天皇皇族祭神とする神社など、現在も何らかの形で皇室に関わりのある施設が主であった。

ところが、本事件のように過去の皇室関連施設も標的となったことで、警備対象は一気に拡大[1]公安警察警備体制の抜本的再検討が迫られることとなった。

注釈[編集]

  1. ^ 「恩賜公園」の名を持つ上野公園浜離宮、「恩賜財団」済生会など、過去に皇室にかかわりのある施設は膨大にある。

参考文献[編集]

  • 警察庁編『平成3年 警察白書』警察庁、1991年
  • 『朝日新聞』1990年10月9日夕刊、10月11日朝刊、10月9日夕刊
  • 『読売新聞』1990年10月9日夕刊

座標: 北緯35度38分48.6秒 東経139度17分36.8秒 / 北緯35.646833度 東経139.293556度 / 35.646833; 139.293556