八田四郎次

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索

八田 四郎次 (はった しろうじ、1895年1月2日 - 1973年3月21日) は日本の応用化学者石川県出身。

経歴[編集]

  • 1919年 東京帝国大学工学部応用化学科卒業。
  • 1926年 東北帝国大学助教授(化学機械学講座)。
  • 1929年 米国M.I.T.に留学。
  • 1938年 東北帝国大学教授。
  • 1939年 工業化学会有功章(液体によるガス吸収に関する研究)。
  • 1954年 東北大学工学部長。
  • 1955年 化学機械協会(現化学工学会)会長。
  • 1958年 山形大学教授。化学工学科創設。
  • 1970年 勲二等旭日重光章。

関連項目[編集]