八綱田

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

八綱田(やつなた[1])は、『日本書紀』等に伝わる古代日本皇族(王族)。

豊城入彦命崇神天皇皇子)の子で、上毛野君の遠祖。『日本書紀』では「八綱田」「倭日向武日向彦八綱田(やまとひむかたけひむかひこやつなた)」、他文献では「八綱多命」等とも表記される。

記録[編集]

日本書紀』には「上毛野君遠祖」とあるのみで系譜の記載はないが、『新撰姓氏録』によると豊城入彦命崇神天皇皇子)の子であるという。また彦狭島王の父とされる。

『日本書紀』垂仁天皇5年10月条によると、八綱田は狭穂彦王の反乱の際に将軍に任じられ、狭穂彦王の築いた稲城の攻撃を命じられた。八綱田は稲城に火をかけて焼き払い、狭穂彦王を自殺に追い込んだ。この功により「倭日向武日向彦八綱田」の号が授けられたという。

後裔氏族[編集]

新撰姓氏録』では、次の氏族が後裔として記載されている。

  • 皇別
    • 和泉国 登美首 - 豊城入彦命男の倭日向建日向八綱田命の後。
    • 和泉国 軽部 - 倭日向建日向八綱田命の後。雄略天皇御世、加里の郷を献上し軽部君の姓を賜った。
  • 未定雑姓
    • 摂津国 我孫 - 豊城入彦命男の八綱多命の後。
    • 和泉国 我孫公 - 豊城入彦命男の倭日向建日向八綱田命の後。

考証[編集]

『日本書紀』崇神天皇段には、豊城入彦命が上毛野君・下毛野君の祖であり、三輪山に登って東に向かい槍や刀を振り回す夢を見たと記されている。三輪山の位置する大和国城上郡には式内大社として神坐日向神社が記載されていることから、「倭日向建日向」の名はヤマト王権の東国経営に従った上毛野氏の任務を象徴するものと解されている[1]彦狭島王の父とされるが、御諸別王の活同年代を考えると実際には八綱田命と彦狭島王が同一人物であったと見られる[2]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b 八綱田(古代氏族) & 2010年.
  2. ^ 毛野氏族概覧」『古樹紀之房間』、2005年。

参考文献[編集]

  • 「八綱田」『日本古代氏族人名辞典 普及版』吉川弘文館、2010年。ISBN 978-4642014588。

関連項目[編集]